電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のAP研究会 / 次のAP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★アンテナ・伝播研究会(A・P)
専門委員長 広川 二郎 (東工大)  副委員長 山口 良 (ソフトバンク)
幹事 今井 哲朗 (NTTドコモ), 木村 雄一 (埼玉大)
幹事補佐 竹村 暢康 (日本工大), 山口 聡 (三菱電機)

★無線通信システム研究会(RCS)
専門委員長 村田 英一 (京大)
副委員長 眞田 幸俊 (慶大), 福田 英輔 (富士通研), 須山 聡 (NTTドコモ)
幹事 旦代 智哉 (東芝), 西村 寿彦 (北大)
幹事補佐 山本 哲矢 (パナソニック), 石原 浩一 (NTT), 村岡 一志 (NEC), 衣斐 信介 (阪大), 西本 浩 (三菱電機)

日時 2017年11月 8日(水) 09:00~17:35
   2017年11月 9日(木) 09:00~18:15
   2017年11月10日(金) 09:00~17:15

会場 福岡大学 文系センター棟 15階(〒814-0180 福岡市城南区七隈八丁目19-1.最寄り駅:福岡市地下鉄 福大前駅(1番出口)または西鉄バス福大正門前・福大薬学部前.http://www.fukuoka-u.ac.jp/help/map/index.html.福岡大学 工学部 電子情報工学科 太郎丸真.092-871-6631)

議題 アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般

11月8日(水) 午前 RCS研 (会場:第5会議室) (09:00~10:15)

(1)/RCS 09:00 - 09:25
ヘテロジーニアスネットワークにおけるシステムスループット観測値に基づく周波数ブロック毎適応送信ON/OFF制御法
○氏家 彪・樋口健一(東京理科大)

(2)/RCS 09:25 - 09:50
システムスループット観測値に基づく周波数ブロック毎適応送信ON/OFF制御法のユーザ移動を考慮した特性評価
○高橋浩亮・樋口健一(東京理科大)

(3)/RCS 09:50 - 10:15
ヘテロジーニアスネットワークにおけるシステムスループット観測値に基づく確率的適応送信電力制御法のユーザ移動を考慮した特性評価
○斉藤隆太・樋口健一(東京理科大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

11月8日(水) 午前 RCS研 (会場:第5会議室) (10:25~11:40)

(4)/RCS 10:25 - 10:50
OFDM伝送におけるチャネルおよび干渉電力の結合最大事後確率推定
柿崎祐人・○大槻知明(慶大)・Pooi-Yuen Kam(シンガポール国立大)・須崎皓平・笹木裕文・宗 秀哉(NTT)

(5)/RCS 10:50 - 11:15
OFDM伝送のためのチャネル及び干渉電力結合最大事後確率推定におけるチャネル共分散推定誤差の影響
○工藤雅大・大槻知明(慶大)

(6)/RCS 11:15 - 11:40
OFDM信号のPAPR低減のためのクリッピングに基づく低演算なトレリスシェイピングの検討
○渡邉順也・落合秀樹(横浜国大)

11月8日(水) 午前 A・P研 (会場:第6会議室) (09:00~10:15)

(7)/A・P 09:00 - 09:25
長さの異なる非共振クロススロットペアを放射素子に持つラジアルラインスロットアレーアンテナ
○杉田幸一・樋熊康裕・常光康弘(拓殖大)

(8)/A・P 09:25 - 09:50
放射スロットペアをハの字型またはTの字型に配列した場合における回転モードRLSAの特性
○常光康弘・杉田幸一・樋熊康裕・マーブンサガー ペンティップ(拓殖大)

(9)/A・P 09:50 - 10:15
多層基板内フィンラインを用いたミリ波マルチビームアンテナ給電回路用4x4バトラーマトリックスの設計
○水野悠太・榊原久二男・菊間信良(名工大)・岩佐光次郎(日本ピラー)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

11月8日(水) 午前 A・P研 (会場:第6会議室) (10:25~11:40)

(10)/A・P 10:25 - 10:50
MACKEY A型に関する検討
○平野 賢・牧野 滋・野口啓介・伊東健治・廣田哲夫(金沢工大)

(11)/A・P 10:50 - 11:15
2周波共用円偏波用プリント基板型逆Fアンテナ
○清水啓悟・藤本孝文(長崎大)

(12)/A・P 11:15 - 11:40
偏波切替え機能を有するガン発振器一体型4素子パッチアクティブアレーアンテナの試作検討
○後田寛紀・西山英輔・豊田一彦(佐賀大)

−−− 昼食 ( 80分 ) −−−

11月8日(水) 午後 RCS研/A・P研 最新のMIMO技術オーガナイズドセッション (会場:第5会議室) (13:00~14:20)

委員長挨拶

(13)/共通 13:05 - 13:30
[依頼講演]GaN増幅器と1-bitトランシーバを用いた5G・28GHz帯ロングレンジ用デジタルアクティブアンテナの試作
○金子友哉・桑原俊英・田和憲明・谷尾真明・田邊浩介・國弘和明(NEC)

(14)/共通 13:30 - 13:55
[依頼講演]Massive MIMO System towards Practical Use
-- Activities by Ericsson --
○Hideshi Murai・Shoji Itoh(Ericsson Japan)・Arne Simonsson・Okvist Peter(Ericsson Research)

(15)/共通 13:55 - 14:20
[依頼講演]5G Massive MIMO
-- A key feature for 5G New Radio --
○Amitava Ghosh(Nokia)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

11月8日(水) 午後 A・P研/RCS研 最新のMIMO技術オーガナイズドセッション (会場:第5会議室) (14:30~15:45)

(16)/共通 14:30 - 14:55
[依頼講演]Massive MIMOと中継局ドローンを用いた伝搬環境制御法
○西森健太郎・松村尚輝・谷口諒太郎・満井 勉(新潟大)・平栗健史(日本工大)

(17)/共通 14:55 - 15:20
[依頼講演]LOS伝搬パラメータの推定値を用いたARモデルによるLOS環境チャネル推定
○瀬戸口直人・中林寛暁・長 敬三(千葉工大)

(18)/共通 15:20 - 15:45
[依頼講演]遮蔽物体を考慮したストリートセルモデルにおけるMIMO基地局アンテナの最適指向性
○松田 司・堀 俊和・藤元美俊(福井大)・北尾光司郎・今井哲朗(NTTドコモ)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

11月8日(水) 午後 RCS研 (会場:第5会議室) (15:55~17:35)

(19)/RCS 15:55 - 16:20
Accuracy enhancement method for AoA based 3D positioning with two base stations
○Xiao Peng・Naoto Ishii(NEC)

(20)/RCS 16:20 - 16:45
LTE V2Xの端末間直接通信における自律無線リソース選択に関する検討
○丸小倫己・工藤理一・安川真平・永田 聡・岩村幹生・中村武宏(NTTドコモ)

(21)/RCS 16:45 - 17:10
5Gスモールセル基地局向け無線エントランスの超低遅延ARQの提案
○太田 厚・黒崎 聰・後藤和人・今泉 豊・北 直樹(NTT)

(22)/RCS 17:10 - 17:35
リレー通信における3Dビームフォーミングのバックホールリンクへの適用効果
○中尾亮太(工学院大)・増野 淳・須山 聡(NTTドコモ)・大塚裕幸(工学院大)

11月8日(水) 午後 RCS研 (会場:第6会議室) (15:55~17:35)

(23)/RCS 15:55 - 16:20
MIMOシステムにおけるMatched Filterに基づく信号検出法への干渉除去の適用に関する一検討
○濱 優人・落合秀樹(横浜国大)

(24)/RCS 16:20 - 16:45
Massive MIMOにおけるチャネル予測を用いた多次元尺度構成法によるチャネル圧縮手法
○長嶋 嶺・大槻知明(慶大)・姜 聞杰・鷹取泰司(NTT)

(25)/RCS 16:45 - 17:10
カオス符号化を用いた大規模MIMOにおけるBelief Propagation法による復号化の特性評価
○迫田和之・秦 浩起・秦 重史(鹿児島大)

(26)/RCS 17:10 - 17:35
無線LANに適した分散スマートアンテナシステムの提案
○村上友規・石原浩一・アベセカラ ヒランタ・秋元 守・鷹取泰司(NTT)

11月9日(木) 午前 RCS研 (会場:第5会議室) (09:00~10:15)

(27)/RCS 09:00 - 09:25
アンテナ毎送信電力制限下における複数周波数ブロックに対するホタルアルゴリズムを用いたMassive MIMOビームフォーミング制御
○山中貴司・樋口健一(東京理科大)

(28)/RCS 09:25 - 09:50
簡易ビーム形成によるマルチユーザ大規模MIMOシステムの潜在性能評価
○井上航一・西村寿彦・大鐘武雄・小川恭孝(北大)

(29)/RCS 09:50 - 10:15
ヌル空間拡張法により形成されるマルチユーザMIMO基地局のビームパターンに関する一検討 ~ 過去の干渉波チャネルへの直交化によるチャネル変動耐性向上原理に関する考察 ~
○太郎丸 真・塙 弘矩・太田真衣・茂木大輔(福岡大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

11月9日(木) 午前 RCS研/A・P研 最新のMIMO技術オーガナイズドセッション (会場:第5会議室) (10:25~11:40)

(30)/共通 10:25 - 10:50
[依頼講演]スーパーハイビジョン映像素材の移動伝送に向けた適応送信制御4×4TDD-SVD-MIMOシステムの開発
○光山和彦・鵜澤史貴・伊藤史人・居相直彦(NHK)

(31)/共通 10:50 - 11:15
[依頼講演]大容量光ファイバ通信におけるMIMO技術
○五十嵐浩司(阪大)

(32)/共通 11:15 - 11:40
[依頼講演]サブアレイ間符号化インターリーブ・ハイブリッド・ビームフォーミング方式による4ユーザ多重・10Gbpsの実現
○大橋洋二・清水雅彦・志村利宏・尾崎一幸・藤尾俊輔・小島 力・石川頌平・大島武典・芦田 裕・石川 光・西川健一(富士通研)

11月9日(木) 午前 A・P研 (会場:第6会議室) (09:00~10:15)

(33)/A・P 09:00 - 09:25
A-low profile surface wave antenna for unidirectional beam pattern in horizontal plane
○Tohko Nishiyama・Takeshi Fukusako(Kumamoto Univ.)

(34)/A・P 09:25 - 09:50
A Low-profile Antenna with Multi-directional Beam Pattern Using Loop Elements
○Nobuhiro Imaizumi・Takeshi Fukusako(Kumamoto Univ.)

(35)/A・P 09:50 - 10:15
Broadband Linear to Circular Polarization Reflector Using Modified Metasurface for a Spherical Wave Incidence
○Koichi Furuya・Takeshi Fukusako(Kumamoto Univ.)

−−− 昼食 ( 80分 ) −−−

11月9日(木) 午後 A・P研/RCS研 最新のMIMO技術オーガナイズドセッション (会場:第5会議室) (13:00~14:15)

(36)/共通 13:00 - 13:25
[依頼講演]多ユーザMassive MU-MIMO伝送に適した端末側ビーム選択法
○西森健太郎・白澤嘉樹・谷口諒太郎・満井 勉(新潟大)・平栗健史(日本工大)

(37)/共通 13:25 - 13:50
[依頼講演]Massive MIMOにおけるチャネル容量最大化規範に基づくユーザスケジューリング法の性能評価
○佐々木政直・五十嵐航太・奥村渚生・中林寛暁(千葉工大)

(38)/共通 13:50 - 14:15
[依頼講演]マルチユーザMIMOにおけるブロック最大SNR法の擬似雑音適応化による改善
○米津宏亮・菊間信良・榊原久二男(名工大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

11月9日(木) 午後 RCS研/A・P研 最新のMIMO技術オーガナイズドセッション (会場:第5会議室) (14:25~15:15)

(39)/共通 14:25 - 14:50
[依頼講演]IEEE 802.11ax MIMO関連規格の概要と実装
○鍋谷寿久・谷口健太郎・坂 耕一郎(東芝)

(40)/共通 14:50 - 15:15
[依頼講演]分散スマートアンテナ型協調無線LANの開発と実験評価
○石原浩一・村上友規・アベセカラ ヒランタ・秋元 守・鷹取泰司・林 崇文(NTT)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

11月9日(木) 午後 A・P研/RCS研 最新のMIMO技術オーガナイズドセッション (会場:第5会議室) (15:25~16:15)

(41)/共通 15:25 - 15:50
[依頼講演]5GHz帯Massive MIMOに適したアンテナ配置に関する検討
○宍戸洸太(電気興業)・西森健太郎(新潟大)・佐々木克守・大島一郎(電気興業)

(42)/共通 15:50 - 16:15
[依頼講演]5Gバックホール向け見通し内MIMO通信のアンテナ配置に関する一検討
○内田大輔・依田大輝・秋田耕司・旦代智哉(東芝)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

11月9日(木) 午後 RCS研/A・P研 招待講演 (会場:第5会議室) (16:25~17:15)

(43)/共通 16:25 - 17:15
[招待講演]狭帯域無線システムのための適応周期性干渉除去
○田野 哲・佐藤雄一朗・木村祐哉(岡山大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

11月9日(木) 午後 IEEE AP-S Fukuoka Chapter 特別講演 (会場:第5会議室) (17:25~18:15)

(44)/A・P 17:25 - 18:15
[特別講演](口頭発表)数値計算法の発達に助けられた40年間のアンテナ研究
○田口光雄(長崎大)

11月10日(金) 午前 A・P研 (会場:第5会議室) (09:00~10:15)

(45)/A・P 09:00 - 09:25
偏波MIMO伝送の定点測定結果
○朝倉慎悟・白井規之・佐藤明彦・竹内知明・中村円香・岡野正寛・土田健一(NHK)

(46)/A・P 09:25 - 09:50
海面状況を考慮したSHF帯における海上伝搬特性推定モデル
○佐々木元晴・鷹取泰司(NTT)・瀬島孝太・石井勝己(NTT西日本)

(47)/A・P 09:50 - 10:15
乗用車室内UWB電波伝搬特性の実測と解析
○松井研輔・中川雄太・金森勝美・木村恒人・國立忠秀(矢崎総業)・小林岳彦(東京電機大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

11月10日(金) 午前 A・P研 (会場:第5会議室) (10:25~11:40)

(48)/A・P 10:25 - 10:50
高アンテナ高スポットビームアンテナによるエリア評価
中野雅之(KDDI総合研究所)・○今村 天・新井宏之(横浜国大)

(49)/A・P 10:50 - 11:15
マルチバンド信号の到来方向推定における圧縮センシングアルゴリズムの精度評価
○星川豊希・西村寿彦・大鐘武雄・小川恭孝(北大)

(50)/A・P 11:15 - 11:40
複数サイクリック相関を用いた所望波の到来方向推定法の性能改善
○神谷悠太・菊間信良・榊原久二男(名工大)

11月10日(金) 午前 RCS研 (会場:第6会議室) (09:25~10:15)

(51)/RCS 09:25 - 09:50
A Study on Small-cell Base Station Clustering for Heterogeneous Centralized Small-cell Network
○Wanming Hao・Osamu Muta(Kyushu Univ.)

(52)/RCS 09:50 - 10:15
Downlink Throughput Performance Evaluation of Massive MIMO Heterogeneous Centralized Network with Fronthaul Capacity and Transmission Power Constraints
○Wanming Hao・Osamu Muta(Kyushu Univ.)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

11月10日(金) 午前 RCS研 (会場:第6会議室) (10:25~11:40)

(53)/RCS 10:25 - 10:50
参照信号構成が異なる信号によるアップリンクNOMAに関する一検討
○中村 理・後藤淳悟・浜口泰弘(シャープ)・衣斐信介・三瓶政一(阪大)

(54)/RCS 10:50 - 11:15
超直交畳み込み符号化MIMO-OFDMに基づく上りリンク非直交アクセス方式における適応符号化
○堀 勇太・落合秀樹(横浜国大)

(55)/RCS 11:15 - 11:40
ガウス近似法とユニオンバウンドに基づく非2元ターボ符号の設計に関する検討
○松峯利樹・落合秀樹(横浜国大)

−−− 昼食 ( 80分 ) −−−

11月10日(金) 午後 RCS研/A・P研 招待講演 (会場:第5会議室) (13:00~13:50)

(56)/共通 13:00 - 13:50
[招待講演]無線通信の歴史から見る固定通信と移動通信 ~ 電子情報通信学会100年史「無線通信システム」の執筆を終えて ~
○太郎丸 真(福岡大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

11月10日(金) 午後 A・P研/RCS研 チュートリアル講演 (会場:第5会議室) (14:00~14:50)

(57)/共通 14:00 - 14:50
[チュートリアル講演]移動通信システム用チャネルモデルの進化について ~ 第1世代から第5世代のモデルについて ~
○北尾光司郎(NTTドコモ)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

11月10日(金) 午後 RCS研/A・P研 最新のMIMO技術オーガナイズドセッション (会場:第5会議室) (15:00~15:50)

(58)/共通 15:00 - 15:25
[依頼講演]PAPR低減用ピークキャンセラを適用したMIMO-OFDMの性能評価に関する検討
○牟田 修・景山知哉(九大)

(59)/共通 15:25 - 15:50
[依頼講演]要素技術連携を前提とした無線システムの効率化について
○前原文明(早大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

11月10日(金) 午後 A・P研/RCS研 最新のMIMO技術オーガナイズドセッション (会場:第5会議室) (16:00~17:15)

(60)/共通 16:00 - 16:25
[依頼講演]4角度と2偏波を用いた8ブランチMIMO基地局アンテナのMIMO特性
○中野雅之(KDDI総合研究所)

(61)/共通 16:25 - 16:50
[依頼講演]複素共役関係の信号ペアを用いて送受信制御を簡素化する時間変調アレーアンテナ
○紀平一成・深沢 徹・米田尚史(三菱電機)

(62)/共通 16:50 - 17:15
[依頼講演]2×2近距離MIMOへのメタ表面反射板の適用
○久世竜司・福迫 武・松島 章(熊本大)

一般講演(RCS):発表 18 分 + 質疑応答 7 分
一般講演(AP):発表 20 分 + 質疑応答 5 分
依頼講演(RCS, AP):発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演(RCS):発表 45 分 + 質疑応答 5 分
チュートリアル講演(AP):発表 45 分 + 質疑応答 5 分
特別講演(IEEE AP-S Fukuoka Chapter):発表 45 分 + 質疑応答 5 分

◆IEEE AP-S Fukuoka Chapter 共催

◎懇親会を下記の要領で開催する予定ですので、奮ってご参加ください。
(日時:11月9日(木) 研究会終了後)
★★★ (ご注意!)参加費については、下記をご覧ください ★★★
なお,11月9日(木)17:25〜のIEEE AP-S Fukuoka Chapter 特別講演の参加費は無料です.


☆A・P研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

12月14日(木) 機械振興会館 [10月10日(火)] テーマ:一般
2018年1月18日(木)~19日(金) ATR [11月10日(金)] テーマ:無線電力伝送,電波伝搬,一般
2018年2月15日(木)~16日(金) 構造計画研究所 [12月10日(日)] テーマ:企業特集,一般

【問合先】
木村 雄一(埼玉大)
E-mail: _-cry

☆RCS研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

12月14日(木)~15日(金) 広島アステールプラザ [10月16日(月)] テーマ:マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証/無線VoIP,一般
2018年1月22日(月)~23日(火) サンポートホール高松 [11月6日(月)] テーマ:無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般
2018年2月28日(水)~2018年3月2日(金) YRP 横須賀リサーチパーク [1月11日(木)] テーマ:移動通信ワークショップ

【問合先】
村岡 一志 (NEC)
E-mail:r_-


Last modified: 2017-09-26 22:10:32


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[AP研究会のスケジュールに戻る]   /   [RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のAP研究会 / 次のAP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会