電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のNLP研究会 / 次のNLP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


非線形問題研究会(NLP) [schedule] [select]
専門委員長 土居 伸二 (京大)
副委員長 堀尾 喜彦 (東京電機大)
幹事 徳田 功 (北陸先端大), 安達 雅春 (東京電機大)
幹事補佐 山末 耕平 (東北大), 松浦 隆文 (東京理科大)

日時 2011年 3月10日(木) 09:00 - 18:00
2011年 3月11日(金) 09:00 - 17:00
議題 一般 
会場名 東京理科大学 森戸記念館 
住所 〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3
交通案内 JR総武線、地下鉄有楽町線、東西線、南北線飯田橋駅下車 徒歩3分
http://www.tus.ac.jp/info/setubi/morito.html
会場世話人
連絡先
東京理科大学 工学部第一部 電気工学科 長谷川 幹雄
03-5228-8325
お知らせ ◎初日研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加ください.

3月10日(木) 午前 
09:00 - 12:30
(1) 09:00-09:25 時変タブー期間を有するタブーサーチによるTSPの解法 栗原拓哉神野健哉日本工大
(2) 09:25-09:50 カオス的低相互相関ダイナミクスを用いた組合せ最適化アルゴリズムの有効性とその解析 加藤智洋福田晋也長谷川幹雄東京理科大
(3) 09:50-10:15 Statistical Analysis on Chaotic Neural Networks with Dynamical Noise Injection Takayuki SuzukiTohru IkeguchiSaitama Univ.
(4) 10:15-10:40 単相PWM DC-ACインバータのPSOによる最適化 進藤卓也田口洋之栗原拓哉神野健哉日本工大
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
(5) 10:50-11:15 複数解探索のための鈍感な差分進化について 半田 斎斎藤利通法政大
(6) 11:15-11:40 多目的最適化差分進化に基づくPWMインバータのスイッチング制御法について 黒須智博斎藤利通法政大
(7) 11:40-12:05 時変窓付A/Dコンバータの誤差特性について 小蕎考史斎藤利通法政大
(8) 12:05-12:30 周波数・位相変換を利用する精密な周波数判別器 ~ FFTを使用しない基本周波数測定方式 ~ 西江純教徳田 功北陸先端大
3月10日(木) 午後 
13:30 - 18:00
(9) 13:30-13:55 非線形関数とVolterraフィルタを組み合わせたカオスシステムの研究 川西義明渡辺大貴中山有洋佐藤泰智・○吉田大希鎌田弘之明大
(10) 13:55-14:20 線維化を考慮した興奮性媒体に生じる時空カオスの媒体境界周期刺激による抑制とそのメカニズム 入澤正樹小西啓治原 尚之阪府大
(11) 14:20-14:45 多様体学習による水滴系カオスの解析 末谷大道鹿児島大/JST/理研)・黒岩宏紀・○秦 浩起鹿児島大)・赤穂昭太郎産総研
(12) 14:45-15:10 微小周期外乱下におけるBVP発振器にみられる振幅死とカオス 北 大樹明大)・清水邦康斎藤悠斗千葉工大)・稲葉直彦明大)・吉永哲哉徳島大)・遠藤哲郎明大
  15:10-15:20 休憩 ( 10分 )
(13) 15:20-15:45 6個の硬発振器の環状結合系に見られるパルス波動伝搬 ~ タイプ2の定在波解から出発した場合 ~ 神山恭平明大)・小室元政帝京科学大)・遠藤哲郎明大)・清水邦康千葉工大
(14) 15:45-16:10 パルス結合されたResonate-and-Fire Neuronモデルにおける雑音誘起現象 中田一紀九工大)・三浦佳二ハーバード大/JST)・林 初男九工大
(15) 16:10-16:35 非周期振動が誘発される周期振動子結合モデルの構築および解析 丸山佑哉垣本悠太荒木 修東京理科大
  16:35-16:45 休憩 ( 10分 )
(16) 16:45-17:10 周波数のばらつきと不応期を伴うパルス結合発振器に生じるクラスタリング現象の解析と実験的検証 奥田拓也小西啓治平岡大希原 尚之阪府大
(17) 17:10-17:35 非線形MEMS共振器の共存解切り替えに関する一検討 八尾 惇ナイク スケト引原隆士京大
(18) 17:35-18:00 調整可能な非線形性を有する結合片持ち梁系における空間局在モードの安定性および分岐に関する一検討 木村真之滋賀県立大)・引原隆士京大
3月11日(金) 午前 
09:00 - 12:30
(19) 09:00-09:25 脳波の高周波成分とフラクタル次元推定法に関する一考察 佐瀬 巧中川匡弘長岡技科大
(20) 09:25-09:50 マルチフラクタル次元推定法による生体信号の特徴抽出 大橋 正中川匡弘長岡技科大
(21) 09:50-10:15 非線形時系列モデルにおける粒子フィルタおよび遺伝的プログラミングを用いた構造変化の推定 時永祥三九大)・○池田欽一北九州市大
(22) 10:15-10:40 カオス振動を発する低周波治療器の製作とその性能解析 末藤 守埼玉大)・進藤卓也神野健哉日本工大)・池口 徹埼玉大
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
(23) 10:50-11:15 平面上に配置された局所的交流をするエージェントに対する外部入力による状態変化進行の特性分析 時永祥三九大)・○岸川善紀宇部高専
(24) 11:15-11:40 リング型CAを用いた音声データの合成について 鈴木崇義斎藤利通法政大
(25) 11:40-12:05 並列化昇圧コンバータの非線形動作について 松本貴暁斎藤利通法政大
(26) 12:05-12:30 Nagel-Schreckenbergモデルと最適速度モデルによる交通流の数値的検討 久保敦司引原隆士京大
3月11日(金) 午後 
13:30 - 17:00
(27) 13:30-13:55 ストカスティック論理による高次結合ニューラルネットワーク 曽田尚宏東北大)・早川吉弘仙台高専)・佐藤茂雄中島康治東北大
(28) 13:55-14:20 下オリーブニューロンモデル結合系における信号伝達性能の解析 信川 創西村治彦堅田尚郁兵庫県立大
(29) 14:20-14:45 階層型ニューラルネットワークの活性化関数の適応的学習とその効果 清 大輔中川匡弘長岡技科大
(30) 14:45-15:10 改良型オンライン準ニュートン法に対する学習データの与え方の影響に関する考察 阿部俊和坂下善彦二宮 洋湘南工科大
  15:10-15:20 休憩 ( 10分 )
(31) 15:20-15:45 On the Dynamics of the Default-mode Brain Network Jian-Qin LiuNICT)・Teruya YamanishiFukui Univ. of Tech.)・Haruhiko NishimuraUniv. of Hyogo
(32) 15:45-16:10 不安定周期軌道のための安定性変換システムの合成 川井雄貴坪根 正長岡技科大
(33) 16:10-16:35 Theoretical analysis on periodicity and randomness of time series generated from complex netowrks Yuta HaraguchiYutaka ShimadaTohru IkeguchiTakaomi ShigeharaSaitama Univ.
(34) 16:35-17:00 いくつかの加振機構による電気接点の劣化現象に関する研究 ~ 接触抵抗変動のモデリング ~ 和田真一越田圭治サインダー ノロブリン川述真裕小田部正能久保田洋彰TMCシステム)・池口 徹埼玉大)・堀尾喜彦東京電機大)・澤 孝一郎日本工大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
NLP 非線形問題研究会(NLP)   [今後の予定はこちら]
問合先 徳田功 (北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科)
E-: iojaist
Phone: 0761-51-1226, FAX: 0761-51-1149 


Last modified: 2011-01-26 15:08:30


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NLP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のNLP研究会 / 次のNLP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会