Top page >アーカイブ・出版物 > Transaction online > 論文誌の冊子体の廃止について

論文誌の冊子体の廃止について

 本会では、1999年8月から論文誌の電子的公開を開始し、2006年4月からは個人 の会員の皆様への論文誌の配布媒体をオンライン版とし、冊子体はオプション としております。
 また、2009年4月からは特殊員の皆様に対し、サイトライセン スを開始してきました。

 これらにより、近年オンライン版での閲覧が定着し、 オプションとして冊子体を御希望される方は減少しております。
 また、現在、文献検索システム(IEICE Knowledge Discovery (略称: I-Scover))などの新たなシステムの構築、既存の論文査読/公開システムの改 修などを行っており、利用者の皆様のサービス向上およびオンラインを活用し た学術情報発信強化に向けた取り組みを進めているところです。

少子化等により会員数が漸減していく中で、今後も引き続きその活動を支えて いくために、リソースの集中を図ることが必要になっております。
その一環として、論文誌の冊子体を2014年4月号から廃止することが2013年4月 15日の理事会で決まりました。これまで冊子体に親しんでこられた会員の皆様 につきましても、今後はオンライン版のご活用をお願い致したく存じます。

ご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い致します。
なお、論文誌の別刷りは引き続き作成致します。

ページTOPへ