TOP

AWS-5申込フォームはこちら


第5回アドバンスドワイヤレスシリーズ

ミリ波平面アンテナの実際

 
実行委員長 長 敬三(千葉工業大学)
 

電子情報通信学会アンテナ・伝播研究専門委員会では,第二種研究会「アンテナ・伝搬における設計・解析手法ワークショップ」を1994年度から開催しています.このワークショップシリーズは,アンテナ・電波伝搬分野の研究および開発の裾野を広げるために企業の若手研究者,技術者,学生の専門能力を向上させることを目的としており,アンテナ・電波伝搬の設計・解析を行うための基礎的・普遍的なテーマを選定して実施しています。このワークショップシリーズはこれまで56回の開催実績を有しており,受講して頂いた方からは講義内容に高い評価を頂いています.

この従来のワークショップに加えて,2013年からは,タイムリーな最新トピックを取り上げ,より先端的な内容の講義を実施することを目的とした新たな形態のワークショップ「アドバンスドワイヤレスシリーズ」を開始し,これまで4回開催しています.

今回開催するワークショップは,このアドバンスワイヤレスシリーズの第5回目として,ミリ波平面アンテナに関する講義を行うものです.この分野の第一線で活躍し,世界的にも著名な講師が,ミリ波アンテナの本質を動作原理や測定法と共に詳しく解説します.奮ってご参加ください.

講師

広川 二郎(東京工業大学)

講義概要

ミリ波は広帯域・大容量の通信が可能な周波数として注目が集まっています.60GHz帯を使用したミリ波無線LANのWiGigや将来の自動車の自動運転を見据えた先進運転支援システム(ADAS)のための車載レーダなど,ミリ波を利用した開発が進められています.また,最近では第5世代移動通信システム(5G)にミリ波帯の周波数が採用されるなど,今後ミリ波を利用したアプリケーションは益々増えていくと考えられます.本ワークショップでは,このようなミリ波帯におけるアンテナについてその本質を解説します.

まず,ミリ波とは何か,から始まり,ミリ波平面アンテナの実例についてアンテナ構成や伝送線路の種類などについて説明し,ミリ波帯における材料や加工法,評価法などの観点から解説します.また,各種伝送線路やオンチップアンテナなどの小型アンテナ,さらには導波管アンテナや伝送線路変換器,ビーム切換回路などについて,動作原理からミリ波帯で製作・評価する際のノウハウなどを説明します.

本ワークショップの対象は,ミリ波の伝送線路・アンテナに関心のある初学者から中堅技術者とします.

講義内容 (予定)

1. ミリ波平面アンテナの実例

(1) ミリ波とは
(2) ミリ波の利点と課題
(3) 応用例(基地局アンテナ,端末アンテナ,レーダ,イメージング等)

2. アンテナの種類,評価

(1) アンテナの構成
(2) アンテナの種類
(3) アンテナの材料
(4) 評価法(散乱行列,指向性,利得,放射電力,近傍界)

3. 給電線路

(1) 線路の種類
(2) 損失の種類
(3) 各損失の定性的説明
(4) 各損失の定量的説明
(5) マイクロストリップ線路,ポスト壁導波路の伝送損失の実際
(6) ポスト壁導波路給電方形平行平板スロットアンテナの損失の定量的評価
(7) 伝送線路変換器
(8) ショートスロット結合器
(9) バトラーマトリックス

4. 小形アンテナ

(1) 基板厚と放射効率の関係
(2) ポスト壁給電誘電体スラブアンテナ
(3) リバブレーションチェンバーを使った放射効率測定

5. アレーアンテナ

(1) アレーアンテナの実現
(2) 方形導波管の動作原理
(3) 平行平板導波路・ラウンドエッジスロットの等価長
(4) 直列給電アレーの長線路効果
(5) 並列給電アレーの損失量,素子数,利得の関係
(6) 導波管接触不要構造

6. アンテナ製造法

(1) プラスチック表面メッキ導波管アンテナ
(2) 光造形中空導波管
(3) 金属粉3Dプリンタ
(4) 積層薄板拡散接合

  • スライド資料は当日配付とさせて頂きます.

日時

2017年9月11日 月曜日 10時00分~16時00分

会場

東京工業大学 田町キャンパス キャンパス・イノベーションセンター 国際会議室
(〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6,JR山手線/京浜東北線田町駅 徒歩1分)
http://www.titech.ac.jp/about/campus/t.html

受講定員

70 名

受講料

会員 20,000円,非会員 30,000円(資料代込,学生料金は設定しておりません)

受講申込み期間

2017年7月7日(金)~2017年8月25日(金)

  • 満員になり次第締め切ります.なお,手続きの関係で締切を過ぎる可能性のある場合は問合先の総務幹事 竹村までご相談ください.

受講申し込み方法

下記申込みフォームよりお申し込み下さい.

申込みフォーム 満員になりましたので申込受付を終了しました.多数のお申込をいただき,ありがとうございました.

  • 会員価格での受講を希望される方は,受講申込に会員番号の記載が必要になりますので,ご注意ください.
  • 学会への入会手続き中の方は,学会へ提出した入会申込書のコピー等,入会を確認できる資料の提出をお願いします.入会に関する情報は下記のURL をご参照ください.

電子情報通信学会入会案内: http://www.ieice.org/jpn/nyukai/index.html

問合先

第5回アドバンスドワイヤレスシリーズ実行委員会
 総務幹事 竹村 暢康(日本工業大学)
 E-mail:ap_ac-aws5-secretary(a)mail.ieice.org
 (迷惑メール防止のため,@を(a)にしています.)

主催

電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究専門委員会

協賛

IEEE AP-S Tokyo Chapter


Last-modified: 2017-08-03 (木) 11:59:03 (78d)