2023年1月 電子情報通信学会
非線形問題研究会(北海道)のご案内


委員長:常田 明夫(熊本大学)
副委員長:鳥飼 弘幸(法政大学)
幹事: 吉岡 大三郎(崇城大学), 伊藤 大輔(岐阜大学)
幹事補佐: 横井 裕一(長崎大学), 山仲 芳和(宇都宮大学)

URL:http://www.ieice.org/~nlp/
【重要】2019年度からNLPの研究会が技報電子化研究会となりました.
現地での冊子体技報の配布・販売が無くなり,専用Webサイト(技報オンサイトビュー)で技報を電子的(pdf形式)に
配布する形式になります.これに伴い,発表者は発表参加費,聴講者は聴講参加費のお支払いが必要となります (注1)
料金は会員区分・研究会の開催日数などによって異なります. 詳細は下記のページをご覧ください.

参加費について: https://www.ieice.org/ess/ESS/gihou-denshika-ess-nlt.html

(注1) 発表者は必ず発表参加費をお支払い下さい.また,下記の方は,聴講参加費の支払いは不要です.
  ・発表参加費を支払われた方
  ・非線形問題研究会を年間登録をされた方

【問い合わせ先】
基礎・境界およびNOLTAソサイエティ技報電子化WG( ess-nls-gihou-inquiry (a) mail.ieice.org )("(a)"を"@"に置き換えてください)

非線形問題研究会(NLP)では,2023年1月28日(土)~29日(日)に,公立はこだて未来大学にて,NC研究会との合同研究会の開催を計画しております.
つきましては,周囲の方々をお誘い合せの上,論文発表,討論参加をお待ちしております.

【日時】
2023年1月28日(土)~29日(日) (発表申し込み件数によっては日程が短縮される場合があります.)
【会場】
ハイブリッド開催
(主)公立はこだて未来大学(ホームページ: https://www.fun.ac.jp
(副)電子会議システムを用いたオンライン
状況によりフルオンライン開催へ切り替えることがあります.
【住所】
〒041-8655 北海道函館市亀田中野町116番地2
【発表募集テーマ】
一般
「非線形」をキーワードに理論,実験,応用などの研究成果の発表だけでなく,
論文にするには未完成な研究速報的発表も大いに歓迎致します.
【発表申込〆切】
2022年11月12日(土) 11月15日(火) ※延長しました
【発表申込先】
IEICE研究会発表申込システム(NLP): https://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-NLP
IEICE研究会発表申込システム(NC): https://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-NC
【予稿原稿提出〆切】
2022年12月中(予定)
【会場世話人】
香取 勇一(公立はこだて未来大学)
【研究会についての問合先】
NLP研究会 吉岡 大三郎(崇城大学)(yoshioka+at-mark+cis.sojo-u.ac.jp)
NC研究会 寺島 裕貴(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)(hiroki.terashima.cs+at-mark+hco.ntt.co.jp)
【技報電子化についての問合先】
基礎・境界およびNOLTAソサイエティ技報電子化WG(ess-nls-gihou-inquiry+at-mark+mail.ieice.org
【その他】
  • 本研究会は政府や自治体の定める新型コロナウイルスの感染拡大予防ガイドラインに則って現地で開催いたします。
  • 新型コロナウイルス感染症の疑いがある方、濃厚接触者と認定された方や発熱などの風邪症状が見られる方はご参加をお控えください。
  • 会場内では必ずマスクの着用をお願いいたします。