講演名 2004/11/26
植物の環境認識能力と生体電位反応(センサー・一般)
長谷川 有貴, 勝部 昭明,
PDFダウンロードページ PDFダウンロードページへ
抄録(和) 植物は,光,温度などの環境変化を認識する能力を持っている.我々は,植物内で行われている様々な環境に対する応答を植物の生体電位反応から捉え,これを人間空間あるいは自然空間の中でのセンサシステムやセキュリティシステムヘ応用することを考える.本研究では,植物生体電位の交流成分を測定し,その時系列解析を行うことによって光の有無や波長の違い,汚染ガスの有無による反応の違いを検討し,植物の環境認識能力の評価を試みた.また同時に,汚染ガスを浄化する能力についても,様々な光条件下で植物の生体電位およびガスセンサによる汚染ガス濃度の測定から検討した.これらの結果から,植物の生体電位測定が環境条件のモニタリングに利用できる可能性を示唆した.
抄録(英) Plant has the ability to recognize environmental change of light, temperature, and so on. We detect the response to various environmental change from the bioelectrical potential reaction. And we consider that the bioelectrical potential reaction is applied to the sensor system and the security system in a human space or a natural space. In this study, we measured AC components of bioelectrical potential under various light illumination conditions and investigated the influence of gas injection. These experimental results suggest, that the measurement of bioelectrical potential of plant could become a useful method for monitoring the environmental condition.
キーワード(和) 生体電位 / 環境認識能力 / 空気汚染浄化能力 / 光条件変化 / 時間遅れ座標
キーワード(英) Bioelectrical Potential / Environment Recognition Ability / Air Pollution purification ability / change of the light condition / delay coordinate
資料番号 OME2004-107
発行日

研究会情報
研究会 OME
開催期間 2004/11/26(から1日開催)
開催地(和)
開催地(英)
テーマ(和)
テーマ(英)
委員長氏名(和)
委員長氏名(英)
副委員長氏名(和)
副委員長氏名(英)
幹事氏名(和)
幹事氏名(英)
幹事補佐氏名(和)
幹事補佐氏名(英)

講演論文情報詳細
申込み研究会 Organic Material Electronics (OME)
本文の言語 JPN
タイトル(和) 植物の環境認識能力と生体電位反応(センサー・一般)
サブタイトル(和)
タイトル(英) Environment Recognition Ability and Bioelectrical Potential Response of Plant
サブタイトル(和)
キーワード(1)(和/英) 生体電位 / Bioelectrical Potential
キーワード(2)(和/英) 環境認識能力 / Environment Recognition Ability
キーワード(3)(和/英) 空気汚染浄化能力 / Air Pollution purification ability
キーワード(4)(和/英) 光条件変化 / change of the light condition
キーワード(5)(和/英) 時間遅れ座標 / delay coordinate
第 1 著者 氏名(和/英) 長谷川 有貴 / Yuki Hasegawa
第 1 著者 所属(和/英) 埼玉大学工学部
Faculty of Engineering, Saitama University
第 2 著者 氏名(和/英) 勝部 昭明 / Teruaki Katsube
第 2 著者 所属(和/英) 埼玉大学工学部
Faculty of Engineering, Saitama University
発表年月日 2004/11/26
資料番号 OME2004-107
巻番号(vol) vol.104
号番号(no) 483
ページ範囲 pp.-
ページ数 4
発行日