講演名 2001/3/16
数字表現からの帰納的学習を用いた機械翻訳手法の有効性について
松原 雅文, 荒木 健治, 栃内 香次,
PDFダウンロードページ PDFダウンロードページへ
抄録(和) 本手法における翻訳は,原言語テキストを抽象度の高い数字表現に変換してから行われる.そのため,ここでの翻訳結果は目的言語に対応した数字表現となる.この数字表現をさらに目的言語テキストに変換することにより,最終的な翻訳結果となる,あるテキストに対応する数字表現は,複数のテキストに対応しており,抽象度が高くなっている.しかしながら,このような抽象度の高い数字表現に帰納的学習を適用することにより,より多くの翻訳ルールを獲得することができる.また,翻訳された数字表現も曖昧さを含んでいるが,帰納的学習を用いた数字漢字変換手法により,この曖昧さを極力排除し,正しい目的言語テキストに変換することが可能である.このように本手法においては,帰納的学習を最大限に活用した翻訳を目指している.
抄録(英) A source language is translated into a target language via number representation on our proposed method. A text in the source language is translated into a number representation text. The number representation text for the source language is translated into a number representation text for the target language. The number representation text for the target language is translated into a text in the target language. A number representation is more abstract than a language because the number representation text corresponds to several texts in the languagc. The system based on our proposed method is able to acquire more translation rules on number representation than that on language because of its own abstraction. Our proposed method disarnbiguates number representation by the inductive learning.
キーワード(和) 数字表現 / 抽象 / 帰納的学習 / 機械翻訳 / 動的 / 適応
キーワード(英) Number representation / Abstraction / Inductive learning / Machine translation / Dynamic / Adaptation
資料番号 TL2000-46,NLC2000-81
発行日

研究会情報
研究会 NLC
開催期間 2001/3/16(から1日開催)
開催地(和)
開催地(英)
テーマ(和)
テーマ(英)
委員長氏名(和)
委員長氏名(英)
副委員長氏名(和)
副委員長氏名(英)
幹事氏名(和)
幹事氏名(英)
幹事補佐氏名(和)
幹事補佐氏名(英)

講演論文情報詳細
申込み研究会 Natural Language Understanding and Models of Communication (NLC)
本文の言語 JPN
タイトル(和) 数字表現からの帰納的学習を用いた機械翻訳手法の有効性について
サブタイトル(和)
タイトル(英) Effectiveness for Machine Translation Method Using Inductive Learning on Number Representation
サブタイトル(和)
キーワード(1)(和/英) 数字表現 / Number representation
キーワード(2)(和/英) 抽象 / Abstraction
キーワード(3)(和/英) 帰納的学習 / Inductive learning
キーワード(4)(和/英) 機械翻訳 / Machine translation
キーワード(5)(和/英) 動的 / Dynamic
キーワード(6)(和/英) 適応 / Adaptation
第 1 著者 氏名(和/英) 松原 雅文 / Masafumi Matsuhara
第 1 著者 所属(和/英) 北海道大学大学院工学研究科電子情報工学
Graduate School of Engineering, Hokkaido University
第 2 著者 氏名(和/英) 荒木 健治 / Kenji Araki
第 2 著者 所属(和/英) 北海道大学大学院工学研究科電子情報工学
Graduate School of Engineering, Hokkaido University
第 3 著者 氏名(和/英) 栃内 香次 / Koji Tochinai
第 3 著者 所属(和/英) 北海道大学大学院工学研究科電子情報工学
Graduate School of Engineering, Hokkaido University
発表年月日 2001/3/16
資料番号 TL2000-46,NLC2000-81
巻番号(vol) vol.100
号番号(no) 700
ページ範囲 pp.-
ページ数 8
発行日