講演名 1995/7/21
文章理解のための意味・文脈解析の試み
金子 和恵, 八木沢 津義, 藤田 稔,
PDFダウンロードページ PDFダウンロードページへ
抄録(和) 10万語の語彙辞書と、オーソドックスな解析手法の組み合わせで、どの程度の文章理解システムが実現できるかの試みを行なった。本研究では、対象とする文章を限定しないことを目標とし、a)対象文章に依存しない意味・文脈解析を実現する。b)対象分野についての知識や対象世界モデルを持たず、高度な推論は行なわない。検証のためのシステムとしては、比較的短めの物語文章や新聞記事などを解析し、その文章に関するユーザからの質問に対して応答文を生成する質問応答システムStoryReaderを作成した。その正答率は多く見積もって5割程度であるが、語彙辞書と解析系の精度を向上させることで、ある程度汎用的な文章理解システムが可能であると考えている。
抄録(英) In this paper, we tested how well a text understanding system is able to perform, using just a combination of orthodox methods and 100,000 vocabulary size dictionary. Our system is directed to understand any type of text. Thus, a)It utilizes a semantic and a context analyzers which are independent to the contents of the text to be analyzed. b)It does not have any kind of domain knowledge nor any target world models, moreover it does not utilize high-level inference. We also implemented a question-answer type evaluation system, "StoryReader". This system analyzes what is written in the given short story or the article and answers the questions about the contents. The correct answer rate is 50% at best. The wrong answers are due to roughness of the dictionary and the analyzers. Then we suppose that the further improvement of them enables a text understanding system in general use.
キーワード(和) 文章理解 / 意味解析 / 文脈 / 副詞 / 省略 / 指示照応 / 因果関係 / 時間関係
キーワード(英) text understanding / semantic analysis / context / adverb / ellipsis / anaphora / causal relation / temporal relation
資料番号
発行日

研究会情報
研究会 NLC
開催期間 1995/7/21(から1日開催)
開催地(和)
開催地(英)
テーマ(和)
テーマ(英)
委員長氏名(和)
委員長氏名(英)
副委員長氏名(和)
副委員長氏名(英)
幹事氏名(和)
幹事氏名(英)
幹事補佐氏名(和)
幹事補佐氏名(英)

講演論文情報詳細
申込み研究会 Natural Language Understanding and Models of Communication (NLC)
本文の言語 JPN
タイトル(和) 文章理解のための意味・文脈解析の試み
サブタイトル(和)
タイトル(英) A trial of semantic and context analysis for text understanding :
サブタイトル(和)
キーワード(1)(和/英) 文章理解 / text understanding
キーワード(2)(和/英) 意味解析 / semantic analysis
キーワード(3)(和/英) 文脈 / context
キーワード(4)(和/英) 副詞 / adverb
キーワード(5)(和/英) 省略 / ellipsis
キーワード(6)(和/英) 指示照応 / anaphora
キーワード(7)(和/英) 因果関係 / causal relation
キーワード(8)(和/英) 時間関係 / temporal relation
第 1 著者 氏名(和/英) 金子 和恵 / Kazue Kaneko
第 1 著者 所属(和/英) キャノン(株)情報メディア研究所
Media Technology Research Center, Canon Inc.
第 2 著者 氏名(和/英) 八木沢 津義 / Tsuyoshi Yagisawa
第 2 著者 所属(和/英) キャノン(株)情報メディア研究所
Media Technology Research Center, Canon Inc.
第 3 著者 氏名(和/英) 藤田 稔 / Minoru Fujita
第 3 著者 所属(和/英) キャノン(株)情報メディア研究所
Media Technology Research Center, Canon Inc.
発表年月日 1995/7/21
資料番号
巻番号(vol) vol.95
号番号(no) 169
ページ範囲 pp.-
ページ数 8
発行日