講演名 2002/9/13
IP電話における会話品質推定技術の評価
高橋 玲, 岡本 淳, 川口 銀河,
PDFダウンロードページ PDFダウンロードページへ
抄録(和) 近年,電話サービスをIP技術により実現する「IP電話サービス」が注目されている.IP電話サービスは,必ずしも品質の保証されないネットワークを介したりアルタイム通信サービスであるため,サービス提供に先立っての品質設計はもちろん,サービス開始後の品質管理が重要である.このためには,ユーザが享受する通話品質を適切に表現でき,しかも簡便かつ効率的な品質評価技術の開発が重要である.本稿では,ITU-T勧告 G.107(E-model)の品質推定精度を検証した結果を述べる.具体的には,IP電話の主要な品質支配要因である音質・遅延・エコー・音量の4要因に着目し,これら条件を変化させた時の主観品質評価特性をE-modelにより推定した場合の推定精度を,主観評価実験結果に基づいて評価した.
抄録(英) IP telephony is one of the most promising applications over IP networks. Since such services are implemented using best-effort networks, it is important to monitor the quality of service and take necessary actions, as well as to design it properly in advance. To do this, it is indispensable to develop a method for estimating subjective quality accurately and effectively without subjective assessment, which is time-consuming and expensive. This paper deals with one of the standardized methods called E-model, and evaluates its performance in estimating the effects of loudness, delay, echo, and packet-loss on subjective quality.
キーワード(和) IP電話 / E-model / R値 / 客観評価 / 主観品質
キーワード(英) IP Telephony / E-model / R-value / Objective Evaluation / Subjective Quality
資料番号 CQ2002-87
発行日

研究会情報
研究会 MoMuC
開催期間 2002/9/13(から1日開催)
開催地(和)
開催地(英)
テーマ(和)
テーマ(英)
委員長氏名(和)
委員長氏名(英)
副委員長氏名(和)
副委員長氏名(英)
幹事氏名(和)
幹事氏名(英)
幹事補佐氏名(和)
幹事補佐氏名(英)

講演論文情報詳細
申込み研究会 Mobile Multimedia Communications(MoMuC)
本文の言語 JPN
タイトル(和) IP電話における会話品質推定技術の評価
サブタイトル(和)
タイトル(英) Performance Evaluation of Objective Estimation Technique for Conversational Quality of IP Telephony
サブタイトル(和)
キーワード(1)(和/英) IP電話 / IP Telephony
キーワード(2)(和/英) E-model / E-model
キーワード(3)(和/英) R値 / R-value
キーワード(4)(和/英) 客観評価 / Objective Evaluation
キーワード(5)(和/英) 主観品質 / Subjective Quality
第 1 著者 氏名(和/英) 高橋 玲 / Akira TAKAHASHI
第 1 著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 NTTサービスインテグレーション基盤研究所
NTT Service Integration Laboratories
第 2 著者 氏名(和/英) 岡本 淳 / Jun OKAMOTO
第 2 著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 NTTサービスインテグレーション基盤研究所
NTT Service Integration Laboratories
第 3 著者 氏名(和/英) 川口 銀河 / Ginga KAWAGUTI
第 3 著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 NTTサービスインテグレーション基盤研究所
NTT Service Integration Laboratories
発表年月日 2002/9/13
資料番号 CQ2002-87
巻番号(vol) vol.102
号番号(no) 312
ページ範囲 pp.-
ページ数 6
発行日