講演名 2004/6/12
文章の視聴覚提示による理解への影響に関する検討(マルチメディア教材と教育・学習システム/一般)
滝田 亘, 中山 実,
PDFダウンロードページ PDFダウンロードページへ
抄録(和) 文章理解における,文章の内容数に相当する命題数とその提示方法の影響を調べた.提示する課題文に含まれる命題数を2~5とした,提示方法として,一度にすべてを視覚提示する全文視覚提示,1文づつ視覚提示する一文視覚提示,文を読み上げる聴覚提示で比較した.文章理解については,問題文の真偽判定における正答率および反応時間で検討した.また,理解を求める課題文の構成方法の違いによる影響も調べた.その結果,特定の語が連続して含まれる命題について検討した結果,正答率と反応時間とも提示方法と命題数の要因が有意であった.また,命題に含まれる語の出現頻度がほぼ一定になるような命題の場合,命題数の要因が有意であった.提示方法の要因は有意ではなかった.これらを総合的に検討した結果,課題文に含まれる命題の形式によって提示方法の影響が異なることがわかった.
抄録(英) Influence of sentence presentation style and the number of sentences were observed by viewer's response for the test sentences. The number of proposition as shown sentences were 2-5, the presentation style were three; sentences were presented by audio, all setences were shown at once and each setence was shown by turns. As a result, the source of presentation style and the number of sentences were significant for correct rate and reaction time on a sentence form. In addition, only the number of sentences was siginificant for correct rate and reaction times on another sentence form. This result suggests that source of interaction between presentation style and sentence form is siginificant for correct rate and reaction time.
キーワード(和) コミュニケーション / 文章理解 / 視聴覚 / 読み / 音読 / 文章構造
キーワード(英) Communication / Understanding of sentences / Audio-visual / Reading / Hearing / Structure of sentences
資料番号 ET2004-15
発行日

研究会情報
研究会 ET
開催期間 2004/6/12(から1日開催)
開催地(和)
開催地(英)
テーマ(和)
テーマ(英)
委員長氏名(和)
委員長氏名(英)
副委員長氏名(和)
副委員長氏名(英)
幹事氏名(和)
幹事氏名(英)
幹事補佐氏名(和)
幹事補佐氏名(英)

講演論文情報詳細
申込み研究会 Educational Technology (ET)
本文の言語 JPN
タイトル(和) 文章の視聴覚提示による理解への影響に関する検討(マルチメディア教材と教育・学習システム/一般)
サブタイトル(和)
タイトル(英) Influence of audio-visual presentation style for sentences on their understanding
サブタイトル(和)
キーワード(1)(和/英) コミュニケーション / Communication
キーワード(2)(和/英) 文章理解 / Understanding of sentences
キーワード(3)(和/英) 視聴覚 / Audio-visual
キーワード(4)(和/英) 読み / Reading
キーワード(5)(和/英) 音読 / Hearing
キーワード(6)(和/英) 文章構造 / Structure of sentences
第 1 著者 氏名(和/英) 滝田 亘 / Wataru TAKITA
第 1 著者 所属(和/英) 東京工業大学大学院社会理工学研究科
Graduate School of Decision Science and Technology, Tokyo Institute of Technology
第 2 著者 氏名(和/英) 中山 実 / Minoru NAKAYAMA
第 2 著者 所属(和/英) 東京工業大学教育工学開発センター
CRADLE, Tokyo Institute of Technology
発表年月日 2004/6/12
資料番号 ET2004-15
巻番号(vol) vol.104
号番号(no) 132
ページ範囲 pp.-
ページ数 6
発行日