講演名 2018-12-14
機械学習を用いた小型レール状態診断装置の活用方法の提案
若井 翔平(京三製作所), 高田 哲也(京三製作所), 水間 毅(東大), 綱島 均(日大), 松本 陽(日大), 林田 悠一(日大), 廣瀬 亮太(日大),
PDFダウンロードページ PDFダウンロードページへ
抄録(和) 地方鉄道では、費用などの関係で軌道状態の十分な検査が行えない事業者も少なくない。この問題に対して、地方鉄道向けに簡便な方法による軌道状態の診断方法として小型レール状態診断装置が開発した。この装置によって日々計測されるデータは蓄積されていく。多数のデータを効率的に解析する必要があり、近年、機械学習やAIといった技術が注目されている。測定データに対して機械学習を用いることで、データを活用できる可能性がある。本研究では、小型レール状態診断装置のデータについて機械学習を用いた活用方法について提案する。
抄録(英) In local railway, there are few railway operators who chan conduct sufficient inspection of track condition due to cost etc. In response to this problem, track condition monitoring compact device by simple method was developed to local railway. There is a possibility to utilize measurement data by using machine learning. In this research, we propose practical method of track condition monitoring compact device using machine learning.
キーワード(和) 鉄道 / 状態監視 / 機械学習 / ビッグデータ解析 / 軌道 / 保守
キーワード(英) Railway / Condition monitoring / Machine learning / Big data analysis / Track / Maintenance
資料番号 DC2018-62
発行日 2018-12-07 (DC)

研究会情報
研究会 DC
開催期間 2018/12/14(から1日開催)
開催地(和) 沖縄県立宮古青少年の家
開催地(英) Miyako Seisyonen-No-Ie
テーマ(和) (第3回)Winter Workshop on safety - 安全性に関する冬のワークショップ - (共催:日本信頼性学会)
テーマ(英) 3rd Winter Workshop on safety
委員長氏名(和) 福本 聡(首都大東京)
委員長氏名(英) Satoshi Fukumoto(Tokyo Metropolitan Univ.)
副委員長氏名(和) 高橋 寛(愛媛大)
副委員長氏名(英) Hiroshi Takahashi(Ehime Univ.)
幹事氏名(和) 金子 晴彦(東工大) / 新井 雅之(日大)
幹事氏名(英) Haruhiko Kaneko(Tokyo Inst. of Tech.) / Masayuki Arai(Nihon Univ.)
幹事補佐氏名(和)
幹事補佐氏名(英)

講演論文情報詳細
申込み研究会 Technical Committee on Dependable Computing
本文の言語 JPN
タイトル(和) 機械学習を用いた小型レール状態診断装置の活用方法の提案
サブタイトル(和)
タイトル(英) Prosal of Practical Method of track condition monitoring compact device using machine learning
サブタイトル(和)
キーワード(1)(和/英) 鉄道 / Railway
キーワード(2)(和/英) 状態監視 / Condition monitoring
キーワード(3)(和/英) 機械学習 / Machine learning
キーワード(4)(和/英) ビッグデータ解析 / Big data analysis
キーワード(5)(和/英) 軌道 / Track
キーワード(6)(和/英) 保守 / Maintenance
第 1 著者 氏名(和/英) 若井 翔平 / Shohei Wakai
第 1 著者 所属(和/英) ㈱京三製作所(略称:京三製作所)
Kyosan Electric Manufacturing Co.,Ltd.(略称:Kyosan Electric Manufacturing)
第 2 著者 氏名(和/英) 高田 哲也 / Tetsuya Takata
第 2 著者 所属(和/英) ㈱京三製作所(略称:京三製作所)
Kyosan Electric Manufacturing Co.,Ltd.(略称:Kyosan Electric Manufacturing)
第 3 著者 氏名(和/英) 水間 毅 / Takeshi Mizuma
第 3 著者 所属(和/英) 東京大学(略称:東大)
Tokyo University(略称:Tokyo Univ.)
第 4 著者 氏名(和/英) 綱島 均 / Hitoshi Tsunashima
第 4 著者 所属(和/英) 日本大学(略称:日大)
Nihon University(略称:Nihon Univ.)
第 5 著者 氏名(和/英) 松本 陽 / Akira Matsumoto
第 5 著者 所属(和/英) 日本大学(略称:日大)
Nihon University(略称:Nihon Univ.)
第 6 著者 氏名(和/英) 林田 悠一 / Yuichi Hayashida
第 6 著者 所属(和/英) 日本大学(略称:日大)
Nihon University(略称:Nihon Univ.)
第 7 著者 氏名(和/英) 廣瀬 亮太 / Ryota Hirose
第 7 著者 所属(和/英) 日本大学(略称:日大)
Nihon University(略称:Nihon Univ.)
発表年月日 2018-12-14
資料番号 DC2018-62
巻番号(vol) vol.118
号番号(no) DC-364
ページ範囲 pp.25-28(DC),
ページ数 4
発行日 2018-12-07 (DC)