講演名 2021-03-03
高周波純音成分を要因とする不快音に対するうなりを用いた不快感低減手法の提案
鈴木 尚生(名工大), 黒柳 奨(名工大),
PDFダウンロードページ PDFダウンロードページへ
抄録(和) 人を不快にさせてしまう要素のある楽曲について調べる中で,継続して大きな高周波数純音成分を持つことが不快感のある楽曲の特徴の一つであると考えた.持続して鳴り続ける高周波数純音成分を持った楽曲は,人に不快感を与え,その結果,その作曲者はその音楽が聴かれる機会が減るという損失が発生する.また調査の中,類似した特徴を持つ楽曲でありながら大きく不快でない楽曲では該当する純音成分に対しうなりが発生していることがわかった.本研究では不快感軽減作用の検証として純音成分に着目し,高周波数純音成分に対し周波数の少しずれた高周波数純音成分を加えることでうなりを発生させ,不快感の軽減が図れるかを検証した.
抄録(英) In investigating musical compositions that have elements people made uncomfortable, we considered that one of the characteristics of discomfort is that they have a persistently loud and high-frequency pure tone component. A piece of music with this pure tone component causes people to feel uncomfortable, and as a result, its composer suffers the loss of the opportunity to have his music heard for their music. During the investigation, it was found that the music with similar characteristics but which is not significantly unpleasant has a beat to the corresponding pure tone component. In this study, we focused on the pure tone component to verify the effect of reducing discomfort, by adding a high-frequency pure tone component with a slightly different frequency.
キーワード(和) うなり / 不快音 / 高周波 / 変動強度 / ラフネス
キーワード(英) Beat / Unpleasant sound / High frequency / Fluctuation strength / Roughness
資料番号 IEICE-MBE2020-44
発行日 2021-02-24,IEICE-MBE-2021-02-24

研究会情報
研究会 IEICE-NC / IEICE-MBE
開催期間 2021/3/3(から3日開催)
開催地(和) オンライン開催
開催地(英) Online
テーマ(和) NC, ME, 一般
テーマ(英) Neuro Computing, Medical Engineering, etc.
委員長氏名(和) 鮫島 和行(玉川大) / 渡邉 高志(東北大)
委員長氏名(英) Kazuyuki Samejima(Tamagawa Univ) / Takashi Watanabe(Tohoku Univ.)
副委員長氏名(和) 大須 理英子(早大) / 奥野 竜平(摂南大)
副委員長氏名(英) Rieko Osu(Waseda Univ.) / Ryuhei Okuno(Setsunan Univ.)
幹事氏名(和) 安部川 直稔(NTT) / 内部 英治(ATR) / 中村 和浩(秋田県立循環器・脳脊髄センター)
幹事氏名(英) Naotoshi Abekawa(NTT) / Eiji Uchibe(ATR) / Kazuhiro Nakamura(Akita-noken)
幹事補佐氏名(和) 瀧山 健(東京農工大) / 我妻 伸彦(東邦大) / 辛島 彰洋(東北工大) / 赤澤 淳(明治国際医療大学)
幹事補佐氏名(英) Ken Takiyama(TUAT) / Nobuhiko Wagatsuma(Toho Univ.) / Akihiro Karashima(Tohoku Inst. of Tech.) / Jun Akazawa(Meiji Univ. of Integrative Medicine)

講演論文情報詳細
申込み研究会 Technical Committee on Neurocomputing / Technical Committee on ME and Bio Cybernetics
本文の言語 JPN
タイトル(和) 高周波純音成分を要因とする不快音に対するうなりを用いた不快感低減手法の提案
サブタイトル(和)
タイトル(英) A method for reducing discomfort using beat tones for unpleasant sounds caused by high frequency pure tone
サブタイトル(和)
キーワード(1)(和/英) うなり / Beat
キーワード(2)(和/英) 不快音 / Unpleasant sound
キーワード(3)(和/英) 高周波 / High frequency
キーワード(4)(和/英) 変動強度 / Fluctuation strength
キーワード(5)(和/英) ラフネス / Roughness
第 1 著者 氏名(和/英) 鈴木 尚生 / Naoki Suzuki
第 1 著者 所属(和/英) 名古屋工業大学(略称:名工大)
Nagoya Inst. of Technology(略称:Nitech)
第 2 著者 氏名(和/英) 黒柳 奨 / Kuroyanagi Susumu
第 2 著者 所属(和/英) 名古屋工業大学(略称:名工大)
Nagoya Inst. of Technology(略称:Nitech)
発表年月日 2021-03-03
資料番号 IEICE-MBE2020-44
巻番号(vol) IEICE-120
号番号(no) IEICE-MBE-402
ページ範囲 pp.IEICE-MBE-24-IEICE-MBE-27
ページ数 IEICE-4
発行日 2021-02-24,IEICE-MBE-2021-02-24