講演名 2021-03-04
U-Netに基づいた打楽器音源分離における交点推定結果を用いた分離精度向上手法
田中 大介(名工大), 黒柳 奨(名工大),
PDFダウンロードページ PDFダウンロードページへ
抄録(和) ドラムの情報を用いた音楽情報処理を行う際には、ドラム以外の楽器の情報も含んだ楽曲からドラムのみを分離する音源分離が事前処理として行われる。U-Net に基づいた音源分離手法は従来の分離手法の中では高い分離精度であるが、楽器同士が交わる部分において分離結果に余剰成分が発生しやすいという問題があり、交点が多く存在するドラム分離ではこの問題の影響が大きい。本研究では、余剰成分を除去することによってこの問題を解決するために、交点における調波楽器を楽曲から分離した結果をドラム分離結果に減算する手法を提案し、その有効性を示す。
抄録(英) In the music information processing using drum information, the sound source separation is pre-processed to separate only drums from the music. The U-Net based sound source separation method has the highest separation accuracy among the conventional separation methods. However, it has a problem that the excess component tends to be generated at the intersection of the instruments, and the problem is critical in the drum separation where there are many intersections. In this report, in order to solve this problem by removing the excess components, we propose a method of separating the harmonic instrument sound at the intersections from the music and subtracting them from the drum separation result, and show the effectiveness of the method.
キーワード(和) ドラム / 音源分離 / U-Net
キーワード(英) Drums / Sound Source Separation / U-Net
資料番号 IEICE-NC2020-55
発行日 2021-02-24,IEICE-NC-2021-02-24

研究会情報
研究会 IEICE-NC / IEICE-MBE
開催期間 2021/3/3(から3日開催)
開催地(和) オンライン開催
開催地(英) Online
テーマ(和) NC, ME, 一般
テーマ(英) Neuro Computing, Medical Engineering, etc.
委員長氏名(和) 鮫島 和行(玉川大) / 渡邉 高志(東北大)
委員長氏名(英) Kazuyuki Samejima(Tamagawa Univ) / Takashi Watanabe(Tohoku Univ.)
副委員長氏名(和) 大須 理英子(早大) / 奥野 竜平(摂南大)
副委員長氏名(英) Rieko Osu(Waseda Univ.) / Ryuhei Okuno(Setsunan Univ.)
幹事氏名(和) 安部川 直稔(NTT) / 内部 英治(ATR) / 中村 和浩(秋田県立循環器・脳脊髄センター)
幹事氏名(英) Naotoshi Abekawa(NTT) / Eiji Uchibe(ATR) / Kazuhiro Nakamura(Akita-noken)
幹事補佐氏名(和) 瀧山 健(東京農工大) / 我妻 伸彦(東邦大) / 辛島 彰洋(東北工大) / 赤澤 淳(明治国際医療大学)
幹事補佐氏名(英) Ken Takiyama(TUAT) / Nobuhiko Wagatsuma(Toho Univ.) / Akihiro Karashima(Tohoku Inst. of Tech.) / Jun Akazawa(Meiji Univ. of Integrative Medicine)

講演論文情報詳細
申込み研究会 Technical Committee on Neurocomputing / Technical Committee on ME and Bio Cybernetics
本文の言語 JPN
タイトル(和) U-Netに基づいた打楽器音源分離における交点推定結果を用いた分離精度向上手法
サブタイトル(和)
タイトル(英) An Estimated Intersections Reduction Method for Percussion Source Separation Based on the U-Net
サブタイトル(和)
キーワード(1)(和/英) ドラム / Drums
キーワード(2)(和/英) 音源分離 / Sound Source Separation
キーワード(3)(和/英) U-Net / U-Net
第 1 著者 氏名(和/英) 田中 大介 / Daisuke Tanaka
第 1 著者 所属(和/英) 名古屋工業大学(略称:名工大)
Nagoya Institute of Technology(略称:NIT)
第 2 著者 氏名(和/英) 黒柳 奨 / Susumu Kuroyanagi
第 2 著者 所属(和/英) 名古屋工業大学(略称:名工大)
Nagoya Institute of Technology(略称:NIT)
発表年月日 2021-03-04
資料番号 IEICE-NC2020-55
巻番号(vol) IEICE-120
号番号(no) IEICE-NC-403
ページ範囲 pp.IEICE-NC-71-IEICE-NC-76
ページ数 IEICE-6
発行日 2021-02-24,IEICE-NC-2021-02-24