講演名 2021-03-03
確率共鳴下における聴覚周波数分解能とノイズ強度の関係について
大野 嵩太(名工大), 黒柳 奨(名工大),
PDFダウンロードページ PDFダウンロードページへ
抄録(和) 一般に、ノイズは信号に対して悪影響を与えるものとして知られている。しかし特定の系においては確率共鳴という現象が発生し、ノイズが信号に対して好影響を与えて性能を向上させることがある。生物の感覚器官のような、閾値を持つ非線形な系では確率共鳴の発生が多く報告されている。同様にヒトの聴覚においても確率共鳴が発生し、聴覚機能の向上が得られるはずである。また聴覚において、閾値系の仕組みを持つ有毛細胞では確率共鳴が発生すると考えられるが、そのうち外有毛細胞は聴覚の周波数分解能に大きく寄与している。そこで本研究では聴覚機能のうち周波数分解能に着目し、確率共鳴による影響を確認した。
抄録(英) In general, noise is known to have a negative effect on signals. However, in certain systems, a phenomenon called stochastic resonance can occur, and noise can have a positive effect on the signal to improve its performance. The occurrence of stochastic resonance has been reported in many nonlinear systems with thresholds, such as sensory organs. Similarly, stochastic resonance should occur in human hearing, resulting in improving auditory function. In hearing, stochastic resonance is thought to occur in hair cells that have a threshold system, of which outer hair cells contribute greatly to the auditory frequency resolution. In this study, we focused on the auditory frequency resolution and confirmed the effect of stochastic resonance.
キーワード(和) 確率共鳴 / 周波数分解能 / 外有毛細胞 / 心理物理的同調曲線
キーワード(英) stochastic resonance / frequency resolutions / outer hair cell / psychophysical tuning curve
資料番号 IEICE-MBE2020-45
発行日 2021-02-24,IEICE-MBE-2021-02-24

研究会情報
研究会 IEICE-NC / IEICE-MBE
開催期間 2021/3/3(から3日開催)
開催地(和) オンライン開催
開催地(英) Online
テーマ(和) NC, ME, 一般
テーマ(英) Neuro Computing, Medical Engineering, etc.
委員長氏名(和) 鮫島 和行(玉川大) / 渡邉 高志(東北大)
委員長氏名(英) Kazuyuki Samejima(Tamagawa Univ) / Takashi Watanabe(Tohoku Univ.)
副委員長氏名(和) 大須 理英子(早大) / 奥野 竜平(摂南大)
副委員長氏名(英) Rieko Osu(Waseda Univ.) / Ryuhei Okuno(Setsunan Univ.)
幹事氏名(和) 安部川 直稔(NTT) / 内部 英治(ATR) / 中村 和浩(秋田県立循環器・脳脊髄センター)
幹事氏名(英) Naotoshi Abekawa(NTT) / Eiji Uchibe(ATR) / Kazuhiro Nakamura(Akita-noken)
幹事補佐氏名(和) 瀧山 健(東京農工大) / 我妻 伸彦(東邦大) / 辛島 彰洋(東北工大) / 赤澤 淳(明治国際医療大学)
幹事補佐氏名(英) Ken Takiyama(TUAT) / Nobuhiko Wagatsuma(Toho Univ.) / Akihiro Karashima(Tohoku Inst. of Tech.) / Jun Akazawa(Meiji Univ. of Integrative Medicine)

講演論文情報詳細
申込み研究会 Technical Committee on Neurocomputing / Technical Committee on ME and Bio Cybernetics
本文の言語 JPN
タイトル(和) 確率共鳴下における聴覚周波数分解能とノイズ強度の関係について
サブタイトル(和)
タイトル(英) The Relation Between Auditory Frequency Resolutions and Noise Intensity in Stochastic Resonance States
サブタイトル(和)
キーワード(1)(和/英) 確率共鳴 / stochastic resonance
キーワード(2)(和/英) 周波数分解能 / frequency resolutions
キーワード(3)(和/英) 外有毛細胞 / outer hair cell
キーワード(4)(和/英) 心理物理的同調曲線 / psychophysical tuning curve
第 1 著者 氏名(和/英) 大野 嵩太 / Kota Ohno
第 1 著者 所属(和/英) 名古屋工業大学(略称:名工大)
Nagoya Institute of Technology(略称:NIT)
第 2 著者 氏名(和/英) 黒柳 奨 / Susumu Kuroyanagi
第 2 著者 所属(和/英) 名古屋工業大学(略称:名工大)
Nagoya Institute of Technology(略称:NIT)
発表年月日 2021-03-03
資料番号 IEICE-MBE2020-45
巻番号(vol) IEICE-120
号番号(no) IEICE-MBE-402
ページ範囲 pp.IEICE-MBE-28-IEICE-MBE-31
ページ数 IEICE-4
発行日 2021-02-24,IEICE-MBE-2021-02-24