大会名称
2009年 情報科学技術フォーラム(FIT)
大会コ-ド
F
開催年
2009
発行日
2009/8/20
セッション番号
14
セッション名
lifelogを情報システムに -収集から活用へ-
講演日
2009/9/4
講演場所(会議室等)
第2イベント会場
講演番号
14-8
タイトル
地球大と手のひらの情報デザイン
著者名
アラカワ ケンスケ
キーワード
抄録
私たちが考える「感じる・触れる」メディアとしての情報デザインを紹介する.地球大にひろがる神経網としてのインターネットがもたらす集合知・経験知を,いかに私たちの感覚経験と知性に訴えかけるものにしていくか. 地球全体をまるごと博物館にする「ユビキタスミュージアム」.現実の風景を見るといった経験をブロードバンド化し,またその場所に訪れた人,住む人たちの「経験知」を集約していく. 球面ディスプレイによるデジタル地球儀「触れる地球」.平面ディスプレイとは異なり,自らの手で球面ディスプレイに現れる地球を回しながら,地球大に広がる情報を得ることができる世界初のインタフェース.宇宙から地球を眺めた様な,この新しい身体感覚は,私たちにどのような新しい情報の風景を見せてくれるのだろうか.
本文pdf
PDF download