オンライン開催について

オンライン講演は、Zoomではなく[EventIn]というシステムを使用いたします。
このページではオンライン開催に関する情報を随時ご案内してまいります。

 

EventInについて

EventInはブラウザのみで利用できるオンラインイベントのプラットフォームです。アプリなどのインストールは必要ありません。
ZoomとEventInの違いなどはこちらの資料をご参照ください。

 

オンライン講演会場へのログイン方法について

オンライン講演会場となるEventInにログインするための参加登録が別途必要となります。
参加登録の方法は、講演参加の方は別途支部事務局よりご連絡させていただきます。聴講参加の方は[聴講登録]のページよりご登録下さい。
EventInに参加登録しますと、登録したメールアドレスにログインURLが自動的に通知されます。講演会場へはこのログインURLがログインのIDやパスワードと同じものになりますので、無くさないように通知メールを保管しておいてください。
なお、ログインURLは参加者1人1つづに1つ発行されるため、もし他の方が同じログインURLで参加された場合、先に入室している方は強制退去されてしまいますのでご注意下さい。
詳しくはオンライン開催マニュアルをご確認下さい。

オンライン参加マニュアル

※オンライン参加マニュアルは作成しだい下記にて配布いたします。※9月8日更新 (学生座長・審査員用は別途配布いたします)

 ■共通版  ■聴講用 ■講演者用

 参加表示用 アイコン(ご使用は任意です)
  講演者用  座長用  審査員用

講演参加の方へ


スライド資料作成のガイドライン
  1. 音楽は一切流さないこと。
  2. 画像、映像の著作権について留意すること。他者が撮影した写真、映像は使用しない。 例え他者論文の「引用」だと自分が思っても不可。
  3. 神社仏閣、美術品、芸能人および他者の肖像、映画・TVの画像などは、自分が撮影した写真や映像であっても絶対に使用禁止。(許諾が出ないケースが殆どのため)
  4. 『引用の三要件』を遵守すること
    ・引用部分と他の部分との明確な区分をすること
    ・量、質ともに引用部分が「従」でオリジナル部分が「主」の関係にあること
    ・慣行に従った出典の明記(画像、映像、音声にも必要)
  5. 論文原稿とは異なり、出版された書籍の図や表をそのまま引用する場合は注意すること。
    図や表は出版者が作成し著作権を有しているケースが多々あるため、文章の著者から許諾を得ただけでは使用できない場合もある。
  6. 作成したスライド資料に著作権上の問題がないかどうか、事前に自身でチェックする他、指導教員または共著者など第三者にも事前にチェックしてもらう。


セッション開始前
  1. 開催前の接続テスト日に接続テストを必ず事前に行っておいてください。
  2. ブラウザはChromeを使用下さい。(Firefoxでも可能ですがChromeを推奨します。ただしMacの方はSafariですと画面共有ができません)
  3. Macを使用される場合、Chromeで画面共有ができるよう予め下記の設定を行っておいてください。
     [システム環境設定]⇒[セキュリティとプライバシー]⇒[プライバシー]⇒[画面収録]を選択⇒Google Chromeにチェックを入れる
  4. セッション開始10分前までに講演会場に入室してください。
  5. 入室直後はマイクがOFFになっていますので、マイクをONにしてから名前と所属、論文番号をお伝えください。このやりとりで出欠確認と共に音声などの接続を確認いたします。確認後はミュートにして発表までお待ちください。
  6. 参加者のプロフィールを名前の前に論文番号を記載し、参加内容を『講演』にて設定ください。
    (参加者名例:A-00 九州花子)
  7. PowerPointの発表者ツールを使った環境で画面共有ができないケースが多いため使用は避けてください。使用される場合は、前もってで発表者ツールの使用について十分に練習を行ってください。使用が難しい、また十分な練習ができない場合は発表者ツールを使用せず発表ください。
  8. 外部モニターを使用し、2画面での発表も画面共有ができないケースが多いため使用を避けてください。使用される場合は事前に十分な練習確認をお願いいたします。
  9. 発表時のWebカメラ使用は任意といたしますが、使用を推奨いたします。なお、最初のご挨拶と質疑応答時はご自身の画像がある方が伝わりやすいです。
  10. セッション発表中の録画や画面の保存、発表資料の保存(画面キャプチャ含む)録音、再配布は禁止します。
  11. 不要な音声の流入や接続ネットワークの不安定など、セッション進行に支障があると判断される場合には、運営側から強制的に音声ミュートや映像切替などの操作を行う場合がございますので、あらかじめご了承ください。

セッション中
  1. 発表者は自分が発表する1つ前の発表が開始されましたら、いつでも画面共有とマイクONにできるように準備をしておいてください。なお、前の発表が終了するまで、絶対に画面共有を開始しないようご注意ください。前の発表者が当日欠席や、接続トラブルで発表できなかった場合は、繰り上げて発表する場合もありますので、そのつもりでご準備をお願いいたします。
  2. 自分の発表順になり座長から紹介されましたら、マイクONと画面共有を開始し、自分の音声が聞こえているか、画面共有されているかを音声で確認し発表を開始してください。
    また、カメラを使用される場合はカメラをONにしてください。
  3. 発表中、トラブルが発生した場合は座長または運営にチャットでお知らせください。回線自体が落ちてしまった場合は会場担当へのメールまたは支部事務局まで電話でご連絡ください。
  4. 10分の発表時間が終了しましたら、最後まで発表できていなくとも直ちに発表を終了ください。
  5. 発表終了後、座長から質疑応答が開始されます。質問者は学生座長が指名いたしますので、質問されましたら応答ください。
  6. 発表、質疑応答が終了しましたら速やかに資料の共有を停止し、マイクをOFFにしてください。
  7. セッションが終了するまで退出せず、他の方の発表を聴講ください。


聴講参加の方
  1. 聴講したいセッション開始前には入室をお願いいたします。(途中入場も可)
  2. 音声とカメラはOFFになっていますので、聴講中はどちらもそのままでお願いいたします。
  3. 講演中、発表者の音声が聞こえない、聞き取りにくい、画面共有が行われていない、などトラブルがございましたら〔テーブルチャット〕から会場担当へご連絡ください。
  4. 発表毎に5分の質疑応答がございます。質問のある方は〔テーブルチャット〕に質問 ありと記載されるか、質問事項を記入ください。記入は講演中でもOKです。 座長が指名いたしますので、指名されたらマイクとカメラをONにし、氏名と所属を述べられてご質問下さい。質疑応答が終了されましたら、速やかにどちらもOFFにしてください。
    時間の制約上、全ての質問に応じかねる事もございますので、あらかじめご了承ください。


学生座長の方

セッション開始前
  1. 担当セッション開始10分前までに会場に入室ください。
  2. 手元に審査を行う採点票、またはメモをご準備ください。
  3. 参加者のプロフィールで参加内容を『学生座長』にて設定ください。
  4. 入室直後は音声がミュートになっていますのでミュートを解除してください。
  5. 入室時はマイクがOFFになっていますのでマイクをONにし、画面下の「参加者アイコン」をクリックし、テーブル参加者一覧を確認し、会場担当、審査員2名にご挨拶ください。このやりとりで音声確認を行います。出欠確認は会場担当が行いますので、欠席者や代理発表者の確認を行ってください。代理発表は審査対象外となります。
  6. 欠席者がいる場合は、間を開けず次の発表を行うよう進行ください。
  7. 右開閉パネルの〔テーブルチャット〕画面を表示させておいてください。


セッション中
  1. 開始時間になりましたら、参加者へ挨拶し、開始を宣言ください。この時、欠席の発表がある場合は発表順を繰り上げる事、また開始時間になっても接続できていない発表者がいる場合は、発表順を繰り上げる可能性がある事を音声にて他の発表者に伝えてください。
  2. 発表前に発表者の名前、所属を紹介下さい(演題は省いて結構です)
  3. 発表中の計時は[会場担当]にて行います。座長は採点票を記入ください。
  4. 10分経過のベル2回が鳴りましたらマイクをONにして質疑応答を開始してください。なお、10分経過後も発表が終わらない場合は発表を終了するよう通告してください。
    なお、質問者の選択基準について座長の判断にお任せいたします。質疑応答は5分間です。
  5. 質疑応答が終了しましたら、次の発表者の紹介を行ってください。
  6. セッションの進行は座長の裁量にお任せいたしますが、何かトラブルが発生した場合は、会場担当へのチャット、または会場担当へのメールまたは支部事務局への電話などで運営や大会本部にご連絡ください。
    なお、万が一座長が接続不良などで途中退出された場合は、進行については審査員または会場担当にて対応いたします。採点については後日、録画した画像をご案内いたしますので、こちらにて採点を行って下さい。
  7. セッション終了後、記入された採点票を元に別途にご案内いたします採点報告サイトより採点結果をご入力ください。また、可能であれば採点票をPDF化したものを論文担当までご送付下さい。

審査員の方


セッション開始前
  1. 担当セッション開始10分前までに会場に入室ください。
  2. 手元に審査を行う採点票、またはメモをご準備ください。
  3. 参加者のプロフィールで参加内容を『審査員』にて設定ください。
  4. 入室直後はマイクがOFFになっていますのでONにし、学生座長、審査員に挨拶された後、出欠確認は会場担当が行いますので、この時に欠席者および代理発表者を確認ください。代理発表は審査対象外となります。
  5. セッションの司会進行および質疑応答の指名は学生座長が行いますが、適度フォローをお願いいたします。
  6. 開閉パネルで〔チャット〕画面を表示させておいてください。


セッション中
  1. 開始時間になりましたら、学生座長が開始を宣言し、セッションを開始いたします。
  2. セッション中は基本マイクをOFFにしてください。カメラは任意です。
  3. 講演中の時間管理(計時)は会場担当が行います。
  4. 発表中は採点をお願いいたします。なお、セッション中の進行は学生座長の裁量に任せていますが、進行が上手く進まないなど対応に困っている場合は、適度サポートをお願いいたします。なお、学生座長が途中接続トラブルなどで退出してしまった場合は、審査員お二人のうちどちらかが司会進行を変わってご担当下さい。
  5. 10分経過のベル2回が鳴りましたらマイクをONにし質疑応答を開始下さい。 質疑応答の指名は学生座長が行いますが、対応が難しいようであれば適度サポートをお願いいします。
  6. 質疑終了のベル(3回)が鳴りましたら、質疑の終了を知らせます。
  7. 全発表が終了いたしましたら、採点結果を別途ご案内しております審査報告フォームから入力しご提出ください


公式LINEの利用

発表者および聴講参加者同士の交流や、運営側との連絡ツールとして当支部公式LINEを使用いたします。
当支部公式LINEをご利用される方は友達登録を行い、一言メッセージいただきますとチャットでの会話が可能となります。

友だち追加