HOME




Q1 電子情報通信学会九州支部支部長表彰とはどのような制度ですか?
A1 電子・情報・通信の分野で活躍が期待される優秀な学生を、電子情報通信学会(以下、当学会と呼びます)九州支部 支部長名で表彰する制度です。本表彰制度には「学生会講演奨励賞」「成績優秀賞」「学術講演奨励賞」の3種類があります。

Q2 「成績優秀賞」について教えてください。
A2 大学および高専で、当学会九州支部が定める条件(別項で説明)を満たす学科の成績優秀な卒業生に対して表彰する制度です。
Q3 「成績優秀賞」を受けたいのですが、どのような手続きが必要ですか?
A3 表彰を希望する場合は、当支部サイトにある所定のフォームより、「表彰希望申請」を行ってください。(例年10月位〜11月末)表彰希望申請の後、申請内容の審議を行い、申請された学科が表彰対象に決定された場合は、推薦依頼をお送りいたします。(例年1月中旬位)
Q4 「成績優秀賞」の対象となる学科の条件を教えてください。
A4 次の条件が設定されています。
 条件1.理工系の学科であること
 条件2.電子情報通信学会の正員が学内に教員として1名以上在籍していること
 条件3.専門教育(数学などの基礎教育は除く)の内容が単位数において7割以上、
      電子情報通信学会の専門分野分類表と対応していること
 条件4.学科の表彰対象学年(学部4年、高専5年)の学生数(現員)が20名以上であること
      (*現員とは表彰対象学年の表彰年度卒業の可能性がある留年生を含む学生数)
Q5 当学科はコース制をとっていますが「成績優秀賞」の条件3(専門性の対応度7割以上)を一部のコースしか満たさないのですが…
A5 条件3を学科内の一部のコースや課程(以下、コース等と呼びます)しか満たさない場合でも、申請可能です。
その場合、条件3を満たすコース等の学生現員数の合計が条件4(20名以上)を満たしていなければなりません(下図を参照)。
申請フォームの学科欄には、条件を満たすコース等の名称も含めて記入してください。
なお、この場合はコース毎に1名の表彰ではなく、対象の各コースを含めた学科から1名の表彰となります。
(例:電気電子工学科 表彰者1名=電気コース+電子コース+情報コース)
Q6 「成績優秀賞」は学科から何名表彰されますか?
A6 原則として1名です。
ただし、追加条件(次項で説明)を満たす場合は、表彰数を増やすことも可能です。
Q7 「成績優秀賞」の表彰数を増やす追加条件を教えてください。
A7 学科にコース等が設定されていて、以下の追加条件を満たす場合に、コース等から1名の表彰とすることができます(下を参照)。
 追加1.コース等ごとに専門教育における卒業要件が異なること (コース等の独自性)
 追加2.コース等の学生数(表彰対象学年の現員)が20名以上であること(学科相当の規模)


コース毎での表彰を希望する場合は、申請フォームで「コース毎での表彰希望」に必ずチェックを入れてください。
Q8 「成績優秀賞」を受ける学生は、学会の会員(学生員)であることが必要ですか?
A8 当学会の学生員である必要はありません。未入会の学生も表彰可能です。
Q9 「成績優秀賞」の副賞額はいくらぐらいでしょうか?
A9 賞金の授与は会員、非会員問わず行いません。賞状の授与のみとなります。

Q10 「学術奨励賞」について教えてください。
A10 大学院(博士前期課程・修士課程)及び高専専攻科で、当学会九州支部が定める条件(別項で説明)の基準を満たす専攻を有する研究科および専攻科に所属し、電気・電子・情報・通信の分野における学術業績が優れ、当学会に貢献した修了生、卒業生に対し表彰する制度です。。
Q11 「学術奨励賞」を受けたいのですが、どのような手続きが必要ですか?
A11 表彰を希望する場合は、当支部サイトにある所定のフォームより「表彰希望申請」を行ってください。(例年10月位〜11月末)表彰希望申請の後、申請内容の審議を行い、申請された学科が表彰対象に決定された場合は、推薦依頼をお送りいたします。(例年1月中旬位)
Q12 「学術奨励賞」の対象となる研究科・専攻科の条件を教えてください。
A12 次の条件が設定されています。
 条件1.理工系の専攻であること
 条件2.電子情報通信学会の正員が学内に教員として1名以上在籍していること
 条件3.専門教育(数学などの基礎教育は除く)の内容が単位数において7割以上(専攻科単位)、
      電子情報通信学会の専門分野分類表と対応していること
Q13 「学術奨励賞」には「成績優秀賞」には設定されているような、学生数の条件はありますか?
A13 「学術奨励賞」は表彰学生の対象条件として「成績優秀賞」にはない『当学会が主催、共催など関係する大会などで発表等がが1件以上あること』という項目を設定しているため、表彰対象となる専攻の学生数(現員)は条件に含めておりません。
Q14 「学術奨励賞」は専攻から何名表彰されますか?
A14 専攻科毎ではなく、大学院修了生の場合は研究科から1名高専専攻科の場合は学校から1名の表彰となります。
Q15 「学術奨励賞」を受ける学生は、学会の会員(学生員)であることが必要ですか?
A15 H28年度より非会員も受賞対象となりましたので、未入会の学生も推薦可能です。
ただし、発表についての規程はございますので、下記Q17を確認下さい。
Q16 「学術奨励賞」の副賞額はいくらぐらいでしょうか?
A16 賞状および賞金10,000円分を贈呈いたします。 賞金は受賞者本人名義の口座への銀行振込にて贈呈いたします。
Q17 「学術奨励賞」の推薦条件に「当学会に関連した講演論文や研究会等での発表が1件以上あること」とあるが、これは九州支部に限るのでしょうか?
A17 対象は九州支部に限らず、当学会本部または各支部が主催・共催・協賛する、各ソサエティ・研究会・講演論文などで、推薦時までに推薦学生本人が発表を行ったものが対象となります。(FIT、電気関連学会連合会も含む)推薦時には、対象となる発表1件分の、大会名、開催日時、講演タイトルの申告が必要です。
なお、3月下旬開催の総合大会は発表前となりますので対象外となります。

Q18 「成績優秀賞」「学術奨励賞」の条件3(専門性の対応度7割以上)を満たしているのかどうか、判断が難しいのですが
A18 個々の科目で対応するかどうかなど、判断が難しい場合は事務局までお問い合わせ下さい。
Q19 表彰条件3(専門性の対応度7割以上)を証明する物の提出は必要でしょうか?
A19 両表彰とも、条件3の対応度については証明書類などの提出は必要ありません。申告のみで受付ます。
ただし、受付後に確認のため、学科単位表やシラバスなどの資料提出をお願いする場合もございますので、ご了承下さい。
Q20 卒業研究の単位は分母に含めるべきでしょうか?
A20 卒業研究、卒業論文の単位は対応度の計算から除外できます。
支部長表彰は、学科単位で候補者をご推薦頂いており、対象となる学科の卒業生の「平均的な」専門性が学会の守備範囲と重なっているかどうかを確認するため,専門分野分類表との対応度のご回答をお願いしています。
卒業研究等で個々のテーマを見た場合に、電子情報通信の分野から外れるものがあったとしても、学科全体でテーマを「平均して」見れば、卒業研究等の対応度は、卒業研究等を除いた対応度にほぼ一致するとみなせます。従って,卒業研究等は対応度の計算から除けることになります。
Q21 応用数学、応用物理の単位は、分母から除いてよろしいでしょうか?
A21 応用数学、応用物理(基礎的な科目)の単位は対応度の計算から除いて下さい。
理工系の基礎と考えられる科目等は、専門を学ぶ上で必要ではありますが,専門そのものではないため、対応度の計算から除外していただいています。
基礎的な科目かどうかの判断の目安としては,電子情報通信系でない他の理工系学科で同じ科目(同様の科目)が開講されているかどうか、という点が挙げられます。
開講されている場合、その科目は基礎的な科目とみなせます。

Q22 表彰申請依頼および推薦依頼をメールではなく、書面で送って欲しいのですが。
A22 基本的に全てのご連絡および受付等は全てE-Mailで行います。
ただし、表彰者推薦審議など学内での手続き上、依頼文書が必要な場合は、別途事務局までご連絡下さい。改めて推薦依頼書をお送りいたします。
Q23 推薦学生の氏名に旧字体などパソコンで入力できない漢字が含まれているのですが。
A23 表彰者名は推薦時にご記入頂いた内容にて作成致しますので、学生氏名は戸籍登録されている漢字で正確にご記入をお願い致します。
なお、氏名表記が旧字体や外国名の場合は、氏名入力欄にある「旧字体一覧」の記号番号で指定していただくか、旧字体一覧にない漢字の場合は、別途FAXもしくはPDFファイルなどでご連絡下さい。
Q24 推薦の締切日はいつでしょうか?
A24 各校卒業式に表彰予定と思われますので、最終締切日は表彰予定日1週間前までといたします。
しかし、賞状等の発送準備などに数日要しますため、推薦のご申請は設定の受付目安を目処にお早めにお願い致します。
なお、最終締切日までにご推薦またはご連絡が無い場合は、ご辞退されたものとして取り扱わせていただきますので、やむを得ない事情などで、表彰予定日間近や大幅にご推薦が遅くなる際は、事前に事務局までご連絡下さい。
Q25 賞状および副賞の発送先はどこでしょうか?
A25 原則的に賞状および副賞の発送は、学校単位で一括送付をお願いいたしております。
学生会顧問が在籍している学校につきましては、その学校の各賞表彰者が全て決定いたしましたら、学生会顧問へ一括送付させていただきます。
また、学生会顧問が在籍していない学校につきましても、できるだけ総務課、学科事務室など一括送付先をご指定いただきますよう、ご協力をお願いいたします。
学生会顧問が在籍しておらず、かつ一括送付先が指定されていない場合は、推薦者宛に送付いたします。
Q26 賞状および副賞の送付時期はいつごろでしょうか?
A26 学校一括送付の場合は、その学校の各表彰推薦者が揃い次第、審議決定を行い、順次発送していきます。
遅くとも表彰予定日の4日前までには発送いたします。
Q27 届いた賞状の記載内容に間違いがあるのですが。
A27 賞状の記載内容は、ご申請いただきました内容をそのまま反映いたしますので、お間違えのないようご入力をお願いいたします。賞状内容に誤りがあった場合は、正当な内容に修正いたしました賞状を再発送いたしますので、至急事務局までE-Mailでご連絡ください。
Q28 賞状または副賞を紛失してしまいました。
A28 発送途中での紛失につきましては、賞状および副賞の再発行を行いますので、表彰予定日3日前になっても送付先に届かない場合は、事務局までご連絡下さい。輸送での事故と確認次第、至急再送いたします。
受取後の紛失につきましては、賞状につきましては再発行を行いますが、副賞につきましては如何なる理由においても再送いたしません。ご了解下さい。副賞紛失についてのご対応は、申し訳ございませんが学校側にてお願いいたします。
Q29 その他不明な事、ご質問については
A29 支部事務局までご遠慮なくお問い合わせ下さい。


Copyright © Kyushu Section,IEICE All rights reserved.