電子情報通信学会 技報オンラインシステム
参加費について
 
[Japanese] / [English]

2018年5月17日(木)−5月18日(金) 情報通信マネジメント研究会(ICM) / コンピュータセキュリティ研究会(IPSJ-CSEC) / インターネットと運用技術研究会(IPSJ-IOT) について

この開催は「技報完全電子化研究会」です.研究会参加に関する費用は次の通りです.共催/併催/連催の場合は,申込先または主目的で参加する1つの研究会の参加費をお支払いください.2種研究会との併催の場合は,別途,2種研究会の参加費が必要になることがあります.

研究会 参加者(登壇者以外) 発表者(登壇者1名)
一般 学生 一般 学生
D/L権あり D/L権なし D/L権あり D/L権なし
ICM
ELECTRIC 2018 通ソ
聴講参加費または年間登録費が必要選択できません会員:3研究会まで無料.4研究会目からは開催分の学生会員向けD/L権を購入可(会場現金払い, 500円)
非会員:聴講参加費または年間登録費が必要
無料発表参加費が必要
※D/L権付き
(メールアドレス認証)
IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
PAPER 従来の開催
無料(従来の開催)※技報完全電子化研究会ではありません
※ダウンロード権(D/L権)ありの場合は,電子版の技術研究報告(予稿集)をダウンロードできます(開催日の1週間前から).技報オンラインシステムへのユーザ登録が必要です.
※学生会員向けの3研究会D/L権が必要な方は,技報オンラインシステムのユーザ設定メニューから申請してください.(エレソ/ISS/HCG(HCS,MVE)は2018年3月以降)
※メールアドレス認証とは,発表申込み時のアドレスと,技報オンラインシステムのログインアドレスが同じ場合にダウンロードできる仕組みです.

電子情報通信学会 技報完全電子化研究会に関するご案内:

聴講参加費

種別聴講参加費(オンライン決済)聴講参加費(当日現金払い)
一般:会員5,400円 (予定)6,000円 (予定)
一般:非会員7,560円 (予定)8,000円 (予定)
学生:非会員1,080円 (予定)2,000円 (予定)
学生(聴講のみ)0円 (予定)0円 (予定)
※消費税額を含む
※この金額は開催プログラム公開後に確定します

年間登録費

種別年間登録費(オンライン決済)
研究会年間登録費 【一般:会員】 ICM研究会 2017年度6,480円
研究会年間登録費 【一般・学生:非会員】 ICM研究会 2017年度9,720円
研究会年間登録費 【学生:会員】 ICM研究会 2017年度0円
※消費税額を含む
※IEICE エレソ/ISS/HCG(HCS,MVE)の研究会につきましては,年間登録費によるお支払いは2018年度からです.

聴講参加費・年間登録費の一覧


電子版技術研究報告(技報PDFファイル)のダウンロード手順

  1. 技報オンラインシステムにユーザ登録してください.既に,登録済みの場合は不要です.
  2. 技報オンラインシステムにログインしてください
  3. 著者の場合: ログイン用のメールアドレスと発表申込時のメールアドレスが同じであることを確認してください.異なる場合は,発表申込内容の修正ページにアクセスして同じアドレスに変更してください.
    聴講参加費・年間登録費を支払った方の場合: 聴講参加費・年間登録費のお支払い後に送付される「ダウンロード権番号」をメールに書かれたURL,または,こちらのページ(要ログイン)で登録してください.
  4. 開催日初日の1週間前(発行日)になりましたら,開催プログラムにアクセスしてください.発表タイトルの右にPDFアイコンが表示されるようになります.
  5. ZIP形式ファイルで一括ダウンロードしたい場合は,開催プログラムの下部の「技報PDFファイルの一括ダウンロード選択画面に進む」をクリックしてください.
 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会