お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

福祉情報工学研究会 (WIT)  (2011年度)

専門委員長 酒向 慎司 (名工大)  副委員長 雨宮 智浩 (東大)
幹事 半田 隆志 (埼玉県産業技術総合センター), 塩野目 剛亮 (帝京大), 宮城 愛美 (筑波技術大)
幹事補佐 細野 美奈子 (産総研), 菅野 亜紀 (名大), 小森 智康 (NHK)

「from:2011-10-06 to:2011-10-06」による検索結果

[福祉情報工学研究会ホームページへ] 
講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・昇順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WIT, SP
(共催)
2011-10-06
10:30
東京 TFTビル研修室 聞き耳インタフェースを備えたメモ支援システム
太田晃平西崎博光関口芳廣山梨大SP2011-52 WIT2011-34
効率の良いメモの作成や参照(以下,メモ作業という) を支援するための,聞き耳インタフェースを備えたメモ支援システム(以下... [more] SP2011-52 WIT2011-34
pp.1-6
WIT, SP
(共催)
2011-10-06
11:00
東京 TFTビル研修室 会話ロボットの多人数会話活性化戦略とその評価
齋藤彰弘松山洋一藤江真也小林哲則早大SP2011-53 WIT2011-35
我々が行ってきた会話ロボットを用いた会話実験の中で,質問応答した後に関連した内容を自ら発話することで偶発的に会話活性化を... [more] SP2011-53 WIT2011-35
pp.7-12
WIT, SP
(共催)
2011-10-06
11:30
東京 TFTビル研修室 初等中等教育における授業音声認識のための言語モデルの検討
南條浩輝久木一平和田祐樹龍谷大SP2011-54 WIT2011-36
初等中等教育における授業音声の音声認識の研究を行う.これまでの講義の
音声認識は主に大学などの高等教育における学習支援... [more]
SP2011-54 WIT2011-36
pp.13-18
WIT, SP
(共催)
2011-10-06
13:30
東京 TFTビル研修室 位相スペクトルを用いた話者認識における一考察
上田 篤神奈川県警)・水井 潔関東学院大SP2011-55 WIT2011-37
本稿では近年増加している防犯カメラ等の雑音が多く圧縮によって高周波帯域が欠落している音声での話者識別に,位相スペクトルを... [more] SP2011-55 WIT2011-37
pp.19-24
WIT, SP
(共催)
2011-10-06
14:00
東京 TFTビル研修室 上肢リハビリを支援するインタラクティブシステムのfNIRSによる評価の試み
三木智彦芝浦工大)・杉本龍一村井秀聡元芝浦工大)・笠井史人昭和大)・井上正雄島津製作所)・大倉典子芝浦工大SP2011-56 WIT2011-38
著者らは上肢リハビリを支援するインタラクティブシステムを開発した.今回,方麻痺患者のこのシステム使用時のfNIRSの測定... [more] SP2011-56 WIT2011-38
pp.25-29
WIT, SP
(共催)
2011-10-06
14:30
東京 TFTビル研修室 加速度センサによる画面注視タスク時のAD/HD児の姿勢測定
友永啓太縄手雅彦島根大SP2011-57 WIT2011-39
AD/HD 児は不注意症状,多動-衝動的症状を特徴とする.このようなAD/HD 児に対して療育が行われているが,どのくら... [more] SP2011-57 WIT2011-39
pp.31-36
WIT, SP
(共催)
2011-10-06
15:15
東京 TFTビル研修室 テレコーチングにおける音声活性度分析
井出和彦東邦大)・○小野眞史日本医科大)・白木善尚東邦大SP2011-58 WIT2011-40
 [more] SP2011-58 WIT2011-40
pp.37-42
WIT, SP
(共催)
2011-10-06
15:45
東京 TFTビル研修室 構音機能障害者のための音声生成器の抑揚制御方式に関する基礎的検討
藪 謙一郎伊福部 達東大SP2011-59 WIT2011-41
発話障害者を支援する音声生成支援機器として、我々は、使用者が音声を楽器のようにコントロールできるリアルタイムの音声生成器... [more] SP2011-59 WIT2011-41
pp.43-48
WIT, SP
(共催)
2011-10-06
16:15
東京 TFTビル研修室 自閉症児支援に向けた笑い声のアノテーション結果分析
田中宏季奈良先端大)・柏岡秀紀NICT)・キャンベル ニックTCDSP2011-60 WIT2011-42
我々は相手のパラ言語や笑いなど声によって変わる情報から,Engagementという次元で対話相手の興味レベルをセンシング... [more] SP2011-60 WIT2011-42
pp.49-54
WIT, SP
(共催)
2011-10-07
10:30
東京 TFTビル研修室 母音発声のリアルタイム視聴覚フィードバックのための正規化構音空間の検討とその応用
坂田 聡佐伯勇哉柴田 航・○上田裕市熊本大SP2011-61 WIT2011-43
聴覚障碍児の音声言語習得や構音障碍者の発声リハビリでは,自発音声の効果的な視覚フィードバックが望まれる.母音発声では,そ... [more] SP2011-61 WIT2011-43
pp.55-60
WIT, SP
(共催)
2011-10-07
11:00
東京 TFTビル研修室 認知症者とロボットの対話のための相槌認識における話者依存性の分析と話者適応の効果について
佐土原 健児島宏明産総研)・成田拓也二瓶美里鎌田 実東大)・大中慎一藤田善弘NEC)・石渡利奈井上剛伸国立障害者リハビリテーションセンターSP2011-62 WIT2011-44
軽度認知症者への情報支援を目的として,対話を通じて必要な情報を伝達するために,ロボットの問いかけに対する相槌を11の機能... [more] SP2011-62 WIT2011-44
pp.61-65
WIT, SP
(共催)
2011-10-07
11:30
東京 TFTビル研修室 非母語話者の音声対話における話者交替の分析
大川万里子早大)・大橋浩輝東大)・市川 熹早大SP2011-63 WIT2011-45
母語話者同士の対話では、発話の終了前に次の発話が始まる「重複」が度々確認される。日本語及び英語対話の先行研究においては、... [more] SP2011-63 WIT2011-45
pp.67-72
WIT, SP
(共催)
2011-10-07
13:30
東京 TFTビル研修室 [招待講演]ユーザー体験向上のためのユーザー中心設計アプローチ
篠原稔和ソシオメディアSP2011-64 WIT2011-46
ユーザーの体験(UX)に焦点をあてることによって、利用者が本当に行いたいことを楽しく、心地よく実行できるようにする「ユー... [more] SP2011-64 WIT2011-46
p.73
WIT, SP
(共催)
2011-10-07
14:30
東京 TFTビル研修室 [招待講演]パートナーロボットとの対話による高齢者支援 ~ 音声技術の福祉応用の可能性? ~
井上剛伸国立障害者リハビリテーションセンターSP2011-65 WIT2011-47
 [more] SP2011-65 WIT2011-47
p.75
WIT, SP
(共催)
2011-10-07
15:45
東京 TFTビル研修室 音声/非音声区間切替による背景音抑圧処理法の検討
小森智康NHKエンジニアリングサービス)・今井 篤清山信正田高礼子今井 亨本間真一NHK)・都木 徹NHKエンジニアリングサービスSP2011-66 WIT2011-48
高齢者にとって,放送番組のナレーションが背景音(BGM: Background Musicや効果音)の影響で聞き取りにく... [more] SP2011-66 WIT2011-48
pp.77-82
WIT, SP
(共催)
2011-10-07
16:15
東京 TFTビル研修室 高齢者向けミキシングバランスメータ
村川一広ヤマキ電気)・小森智康NHKエンジニアリングサービス)・今井 篤庄田清武NHK)・黒住幸一NHKエンジニアリングサービス)・星 英明ヤマキ電気SP2011-67 WIT2011-49
一般的に,高齢者はテレビの放送番組の背景音を大きく感じていると言われている.NHK放送技術研究所では,高齢者の音声と背景... [more] SP2011-67 WIT2011-49
pp.83-88
WIT, SP
(共催)
2011-10-07
16:45
東京 TFTビル研修室 INTERSPEECHにおける過去約10年間の福祉・医療関係の発表状況
市川 熹早大/京都工繊大SP2011-68 WIT2011-50
音声研究開発者は障害者支援に様々な面から貢献することが出来る。しかしこの分野に取り組む研究は以外に少ない。代替手段を用い... [more] SP2011-68 WIT2011-50
pp.89-94
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会