お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

VLSI設計技術研究会 (VLD)  (2008年度)

専門委員長 小林 和淑 (京都工繊大)  副委員長 池田 奈美子 (NTT)
幹事 兼本 大輔 (大阪大学), 宮村 信 (NEC)

「from:2008-05-08 to:2008-05-08」による検索結果

[VLSI設計技術研究会ホームページへ] 
講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・昇順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-05-08
13:30
兵庫 神戸大学 [招待講演]FPGAを利用したHW/SW協調検証
中村祐一細川晃平NECVLD2008-1
 [more] VLD2008-1
pp.1-6
VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-05-08
14:45
兵庫 神戸大学 プロトタイプ検証におけるシステムVerilogアサーションの検査回路生成
王 夢茹木村晋二早大VLD2008-2
 [more] VLD2008-2
pp.7-12
VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-05-08
15:10
兵庫 神戸大学 局所変数を含むアサーションに対するモデルチェッキングのためのチェッカ生成
竹内 翔・○浜口清治垣内洋介柏原敏伸阪大
機能検証のための手段としてアサーションを用いたモデルチェッキングが注
目されている.SVAでは,アサーション中に局... [more]
VLD2008-3
pp.13-18
VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-05-08
15:50
兵庫 神戸大学 マルチプレクサの削減を目的としたバインディング改善手法
小玉 翔松永裕介九大
リソース共有型の動作合成では,バインディングの結果としてレジスタや演算器の入力側に必要に応じてマルチプレクサが挿入される... [more] VLD2008-4
pp.19-24
VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-05-08
16:15
兵庫 神戸大学 セレクタ論理を用いたバタフライ演算器の設計
名村 健戸川 望柳澤政生大附辰夫早大)・外村元伸大日本印刷VLD2008-5
算術演算回路の処理を高速化する手法として,セレクタ論理を利用した算術演算回路が提案されている.
本稿では,FFTにおけ... [more]
VLD2008-5
pp.25-30
VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-05-08
16:40
兵庫 神戸大学 スイッチング確率を考慮したprefix graph合成手法の改良について
松永多苗子木村晋二早大)・松永裕介九大
 [more] VLD2008-6
pp.31-36
VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-05-09
10:00
兵庫 神戸大学 [招待講演]LSIのノイズ問題:アプローチとチャレンジ
永田 真神戸大
デジタルシステムの高速・低消費電力化に向けて、低電圧動作、細粒度な電源ドメイン管理、動的な電圧・周波数制御の導入が進むが... [more] VLD2008-7
pp.1-6
VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-05-09
11:15
兵庫 神戸大学 障害物を考慮した高速配線長推定手法
リ シューティン北九州市大)・ヤン タンUniv. of Illinois at Urbana-Champaign)・○高島康裕村田 洋北九州市大VLD2008-8
IP再利用等においては, 利用するIPの特性を考慮して設計を行なう必要がある.特にフロアプランにおいては,近傍の配線の状... [more] VLD2008-8
pp.7-12
VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-05-09
11:40
兵庫 神戸大学 Analysis of Effects of Input Arrival Time Variations on On-Chip Bus Power Consumption
Masanori MuroyamaTohru IshiharaHiroto YasuuraKyushu Univ.VLD2008-9
本稿では,入力信号の到着時間がばらついているときのオンチップバスの電力を解析する.プロセスの寸法が縮小するに従い,配線間... [more] VLD2008-9
pp.13-18
VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-05-09
13:30
兵庫 神戸大学 制御値に基づく細粒度パワーゲーティング手法
陳 磊早大)・堀山貴史埼玉大)・中村裕一NEC)・木村晋二早大VLD2008-10
 [more] VLD2008-10
pp.19-24
VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-05-09
13:55
兵庫 神戸大学 サブ100mW H.264/AVC MP@L4.1 HDTV解像度対応整数画素精度動き検出プロセッサコア
水野孝祐宮越純一村地勇一郎濱本真生飯沼隆弘石原朋和印 芳李 将充上農哲也川口 博吉本雅彦神戸大
 [more] VLD2008-11
pp.25-30
VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-05-09
14:35
兵庫 神戸大学 高信頼性モードと高速アクセスモードを有するディペンダブルSRAM
奥村俊介藤原英弘井口友輔野口紘希森田泰弘川口 博吉本雅彦神戸大
信頼性を動的に変化させることが可能なディペンダブルSRAMを提案する.提案するSRAMは7トランジスタ(7T)構成であり... [more] VLD2008-12
pp.31-36
VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-05-09
15:00
兵庫 神戸大学 リアルタイム制約とSEU脆弱性制約の下でのヘテロジーニアスマルチプロセッサ合成技術
杉原 真豊橋技科大/JSTVLD2008-13
短期間で,かつ低コストに組込みシステムを開発する設計パラダイムとして,ヘテロジーニアスマルチプロセッサがしばしば用いられ... [more] VLD2008-13
pp.37-42
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会