お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

超音波研究会 (US)  (2020年度)

専門委員長 小池 義和 (芝浦工大)  副委員長 三浦 光 (日大), 中村 健太郎 (東工大)
幹事 荒川 元孝 (東北大), 平田 慎之介 (千葉大)
幹事補佐 吉澤 晋 (東北大)

「from:2020-08-26 to:2020-08-26」による検索結果

[超音波研究会ホームページへ] 
講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・昇順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
US 2020-08-26
13:00
ONLINE オンライン開催 レガシーデータの救出と解析 ~ 音響学的手法を含む多面的深海底長期連続観測の活用 ~
岩瀬良一海洋研究開発機構US2020-20
海洋研究開発機構(JAMSTEC)には,1993年に設置された相模湾初島沖観測システム以来,多種類のセンサを搭載した海底... [more] US2020-20
pp.1-4
US 2020-08-26
13:25
ONLINE オンライン開催 空間周波数フィルタを用いた非接触式超音波板厚測定手法の実測データによる評価
上前 舜神奈川大)・虻川和紀木更津高専)・佐藤智夫松本さゆり港湾空港技研)・干場功太郎土屋健伸遠藤信行神奈川大US2020-21
港湾施設で使用される鋼矢板の厚さ測定は, 損傷や劣化などの形状変化による性能低下を検査するために必要である. 水中港湾鋼... [more] US2020-21
pp.5-9
US 2020-08-26
13:50
ONLINE オンライン開催 ドプラーシフトを利用した音速プロファイル取得手法の検討
吉口将人小笠原英子森 和義防衛大US2020-22
海洋中の音波伝搬を計算する上で不可欠な海洋の音速分布を取得するために,コストや手軽さの観点から,現在は水温をExpend... [more] US2020-22
pp.11-15
US 2020-08-26
14:15
ONLINE オンライン開催 広帯域計量魚群探知機の較正
今泉智人水産研究・教育機構US2020-23
 [more] US2020-23
pp.17-19
US 2020-08-26
14:55
ONLINE オンライン開催 FDTD法による海面反射波変動特性の解析
津久井智也東工大)・平田慎之介千葉大)・蜂屋弘之東工大US2020-24
海洋資源開発や海洋観測においては多くの水中音響機器が活躍しているが,海水中を伝搬する音波を利用する上で,海面反射の影響を... [more] US2020-24
pp.21-26
US 2020-08-26
15:20
ONLINE オンライン開催 横方向分解能を考慮した二成分マルチレイリーモデルによる肝病変定量評価精度の検討
張 闖平田慎之介蜂屋弘之東工大US2020-25
肝臓からのエコー振幅の分布関数のモデルとしてマルチレイリーモデルを提案している。このモデルパラメータは肝線維化を表現する... [more] US2020-25
pp.27-32
US 2020-08-26
15:45
ONLINE オンライン開催 超音波導波路内に浮揚する粉体の挙動
小松浩之小山大介松川真美同志社大US2020-26
本報告では,超音波導波路内に形成された音響定在波により捕捉される粉体の挙動について検討した.ボルト締めランジュバン型振動... [more] US2020-26
pp.33-36
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会