お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

超音波研究会 (US)  (2017年度)

専門委員長 中村 健太郎 (東工大)  副委員長 小池 義和 (芝浦工大)
幹事 吉澤 晋 (東北大), 平田 慎之介 (千葉大)
幹事補佐 大久保 寛 (都立大)

「from:2017-07-27 to:2017-07-27」による検索結果

[超音波研究会ホームページへ] 
講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・昇順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
US 2017-07-27
09:20
岡山 岡山大学 ディスク型EMSシステムによる液体表面フラクタル相の表面粘性測定
細田真妃子岡部応和東京電機大)・酒井啓司東大US2017-30
 [more] US2017-30
pp.1-3
US 2017-07-27
09:45
岡山 岡山大学 ローラー塗装時の塗料飛散量低減技術
石田 聡小池謙太日本ペイントホールディングスUS2017-31
ローラーで塗装する際の塗料飛散は制御すべき塗装作業性の一つである.昨年度は数種の塗料において曳糸性が
低い、または第一... [more]
US2017-31
pp.5-9
US 2017-07-27
10:10
岡山 岡山大学 界面活性剤水溶液の分子吸着過程の研究
浅井 遼横田涼輔早川大智美谷周二朗酒井啓司東大US2017-32
 [more] US2017-32
pp.11-15
US 2017-07-27
10:45
岡山 岡山大学 微小液滴の振動周期に対する振幅効果
横田涼輔浅井 遼早川大智美谷周二朗酒井啓司東大US2017-33
 [more] US2017-33
pp.17-20
US 2017-07-27
11:10
岡山 岡山大学 CTAB-NaSalおよびCTAB-NapTS水溶液における超音波誘起複屈折の振動・減衰挙動
松岡辰郎松田雄太名大US2017-34
界面活性剤として,セチルトリメチルアンモニウムブロミド (CTAB) に有機塩としてサリチル酸ナトリウム (NaSal)... [more] US2017-34
pp.21-24
US 2017-07-27
11:35
岡山 岡山大学 5CB等方相における分子会合に対する混合物の効果 ~ 疑似臨界温度と誘電緩和強度の観点から ~
松岡辰郎岡田 賢伊藤良平山口 毅名大US2017-35
シアノビフェニル系液晶は等方相においても分子会合があることが報告されている.本研究ではシアノビフェニル系液晶のとして4-... [more] US2017-35
pp.25-29
US 2017-07-27
13:00
岡山 岡山大学 マイクロバブルと生体分子間の化学反応における反応速度の定量評価
大月裕太同志社大)・吉田憲司千葉大)・横井康弘渡辺好章同志社大US2017-36
 [more] US2017-36
pp.31-35
US 2017-07-27
13:25
岡山 岡山大学 マイクロ流路を用いた超音波振動によるエマルション生成条件の検討
神田岳文大西健一木山雄介岡山大)・鈴森康一東工大)・小野 努大河原賢一檜垣和孝岡山大US2017-37
本研究では、金属製のマイクロ流路プレートに対して圧電素子により2MHzの以上の超音波振動を照射することにより、流路内で乳... [more] US2017-37
pp.37-40
US 2017-07-27
13:50
岡山 岡山大学 静的・動的超音波散乱法によるフロリナート/水系エマルションの粒径分布解析
Ting Dong杉田一樹則末智久中西英行宮田貴章京都工繊大US2017-38
 [more] US2017-38
pp.41-43
US 2017-07-27
14:15
岡山 岡山大学 動的超音波散乱法による懸濁溶液中のナノ粒子・サブミクロン粒子のダイナミクス
則末智久杉田一樹中西英行宮田貴章京都工繊大US2017-39
 [more] US2017-39
pp.45-47
US 2017-07-27
14:50
岡山 岡山大学 凹型振動子を用いた集束超音波探触子の焦点と周波数評価
田中雄介北田純一小倉幸夫ジャパンプローブUS2017-40
凹型振動子を用いた集束超音波探触子の焦点位置について、曲率半径の異なる探触子の焦点位置を調べた。設計時のパラメータとして... [more] US2017-40
pp.49-53
US 2017-07-27
15:15
岡山 岡山大学 ポリマー振動子を用いた超音波モータの性能向上 ~ 三層構造を有する振動子と高次モードの利用 ~
ウー ジャン水野洋輔中村健太郎東工大US2017-41
ポリマー振動子を用いた超音波モータは金属製の超音波モータと比べ、回転速度が大きいが、出力トルクが低いという特徴が持つ。本... [more] US2017-41
pp.55-60
US 2017-07-27
15:40
岡山 岡山大学 ScAlN薄膜/低TCF基板構造のすべりモード共振子を用いたMHz帯-GHz帯同時粘性評価
山川愉生佐野耕平唐澤 嶺早大)・柳谷隆彦早大/JSTUS2017-42
液体の緩和特性の研究には,試料に対するMHz帯からGHz帯までの周波数掃引が求められる.しかし,従来のセンサであるQCM... [more] US2017-42
pp.61-66
US 2017-07-27
16:15
岡山 岡山大学 フォノニック結晶中の超音波伝搬と光学的可視化評価
真鍋健輔石川 篤神田岳文鶴田健二岡山大US2017-43
音響特性が異なる物質を交互に配置したフォノニック結晶は,超音波を自在に制御できる技術として注目されている.本研究では,水... [more] US2017-43
pp.67-69
US 2017-07-27
16:40
岡山 岡山大学 コヒーレントフォノン励起を用いたBrillouin散乱法による縦波・横波音速測定の高速化
川部昌彦同志社大)・柳谷隆彦早大)・柴垣慶明同志社大)・高柳真司名工大)・鈴木雅視早大)・松川真美同志社大US2017-44
Brillouin散乱法は薄膜や透明材料などの音速を非破壊・非接触で測定できる技術であり,数100MHz~GHz域の縦波... [more] US2017-44
pp.71-74
US 2017-07-27
17:05
岡山 岡山大学 ブリルアン散乱法によるリラクサー強誘電体PMNT結晶の研究
小島誠治エム ヘラルエム アフタザマン筑波大)・ジュラス バニスヴィリニュス大US2017-45
 [more] US2017-45
pp.75-78
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会