お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

宇宙・航行エレクトロニクス研究会 (SANE)  (2011年度)

専門委員長 森山 敏文 (長崎大)  副委員長 田中 真 (東海大), 網嶋 武 (三菱電機)
幹事 夏秋 嶺 (東大), 二ッ森 俊一 (電子航法研)
幹事補佐 北村 尭之 (三菱電機)

「from:2011-12-16 to:2011-12-16」による検索結果

[宇宙・航行エレクトロニクス研究会ホームページへ] 
講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・昇順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2011-12-16
09:15
埼玉 日本工業大学 レーダ-通信における通信方式の選択
岩間美樹宮澤義幸NICT)・北沢弘則K&Aスペクトラムインテグレーション)・阿部武司武蔵野電機SANE2011-127
レーダー通信は既存レーダーを通信と共用することにより、多くの船舶に共通の通信手段を提供することを目的としている。最適な通... [more] SANE2011-127
pp.1-6
SANE 2011-12-16
09:40
埼玉 日本工業大学 レーダー通信技術の実証実験
宮澤義幸岩間美樹NICT)・北沢弘則K&Aスペクトラムインテグレーション)・阿部武司武蔵野電機SANE2011-128
 [more] SANE2011-128
pp.7-12
SANE 2011-12-16
10:05
埼玉 日本工業大学 宇宙デブリ除去のための最適遷移軌道の提案
松永真実
 [more]
SANE 2011-12-16
10:45
埼玉 日本工業大学 ZigBeeを用いた位置情報の取得及びデータ転送システムの提案
杉下卓也高瀬浩史平栗健史日本工大)・相河 聡兵庫県立大SANE2011-129
本論文では,ZigBeeで利用されているLQI(受信電力)の値を用いて,端末の位置情報取得と移動中の端末がセンサーデータ... [more] SANE2011-129
pp.13-17
SANE 2011-12-16
11:10
埼玉 日本工業大学 無線LANに適したマルチキャストアクセス制御方式の提案
小川知将平栗健史神野健哉高瀬浩史日本工大SANE2011-130
本研究は,映像配信を想定した無線LANのためのマルチキャスト用アクセス制御方法を考案した.考案したアクセス制御の主な特徴... [more] SANE2011-130
pp.19-24
SANE 2011-12-16
11:35
埼玉 日本工業大学 時間差相関に基づく混信分離方式の信号周期性に基づくパラメータ設定方式
網嶋 武平田和史三菱電機SANE2011-131
時間差相関に基づくブラインド混信分離方式の一つであるTemporal Decorrelation Source SEPa... [more] SANE2011-131
pp.25-29
SANE 2011-12-16
13:00
埼玉 日本工業大学 [特別講演]レーダによる津波観測の調査
渡辺康夫元日工大SANE2011-132
2004年のスマトラ・アンダマン地震のとき、衛星搭載のマイクロ波(Ku及びC帯)電波高度計がmid-oceanを伝播する... [more] SANE2011-132
pp.31-36
SANE 2011-12-16
13:40
埼玉 日本工業大学 アンテナパターンを利用した潮位・津波観測
林 昌奎東大SANE2011-133
パルスレーダが計測するレーダ照射方向の散乱強度分布を利用する潮位・津波の観測方法,およびレーダによる2011年3月11日... [more] SANE2011-133
pp.37-40
SANE 2011-12-16
14:05
埼玉 日本工業大学 Continous monitoring of Metropolitan city land deformation by DInSAR technique on L, C and X-band SAR data, case study: Jakarta city, Indonesia
Luhur BayuajiBambang SetiadiJosaphat Tetuko Sri SumantyoChiba Univ.SANE2011-134
Jakarta, the capital city of Indonesia, has been suffered fr... [more] SANE2011-134
pp.41-45
SANE 2011-12-16
14:45
埼玉 日本工業大学 合成帯域レーダのためのウィーナーフィルタを用いた距離高分解能化法
磯田健太郎原 照幸三菱電機SANE2011-135
レーダの距離分解能を向上する手法として合成帯域レーダが提案されている.本手法は送信周波数をパルス繰り返し周期毎にステップ... [more] SANE2011-135
pp.47-51
SANE 2011-12-16
15:10
埼玉 日本工業大学 2スキャンのパルス圧縮とFMレンジングを併用するHPRFレーダの距離分解能向上アルゴリズムのクラッタ・雑音環境への適用
影目 聡小幡 康原 照幸三菱電機SANE2011-136
HPRF(High Pulse Repetition Frequency)レーダにおいて,目標の距離を得る事は重要な課題... [more] SANE2011-136
pp.53-58
SANE 2011-12-16
15:35
埼玉 日本工業大学 OFPR(Orthogonal Frequency Pulse Radar)方式の提案とその実験的検証
塚田 渉稲葉敬之電通大SANE2011-137
近距離目標検知において,送信波をパルス化したパルス圧縮レーダ方式においても,送受アイソレーションが大きくとれない場合,近... [more] SANE2011-137
pp.59-64
SANE 2011-12-16
16:15
埼玉 日本工業大学 アレイファクターによるレーダ画像について
小林弘一稲見麻央山口芳雄新潟大SANE2011-138
波動の画像処理法の一つとしてレーダセンサーを用いた合成開口処理が代表的であるが、本稿ではアンテナ理論でいうアレイファクタ... [more] SANE2011-138
pp.65-70
SANE 2011-12-16
16:40
埼玉 日本工業大学 時間領域解析によるSAR画像シミュレーション
吉田毅郎林 昌奎東大SANE2011-139
時間変動する海面をSARによって観測する場合,海洋波の粒子軌道速度に起因する速度バンチング変調によって非線形な画像変調を... [more] SANE2011-139
pp.71-75
SANE 2011-12-16
17:05
埼玉 日本工業大学 GPU Based Chirp Scaling Algorithm for SAR Processing
Bambang SetiadiJosaphat Tetuko Sri SumantyoHiroaki KuzeChiba Univ.SANE2011-140
Accelerating synthetic aperture radar signal processing syst... [more] SANE2011-140
pp.77-79
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会