お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

宇宙・航行エレクトロニクス研究会 (SANE)  (2007年度)

専門委員長 森山 敏文 (長崎大)  副委員長 田中 真 (東海大), 網嶋 武 (三菱電機)
幹事 北村 尭之 (三菱電機), 二ッ森 俊一 (電子航法研)
幹事補佐 尚 方 (電通大)

「from:2007-12-21 to:2007-12-21」による検索結果

[宇宙・航行エレクトロニクス研究会ホームページへ] 
講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・昇順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2007-12-21
13:05
埼玉 日本工業大学 埋設地雷離隔探知方式に関する基礎的検討
布施行規荒木 完防衛省SANE2007-95
地中レーダ(GPR : Ground Penetrating Radar)は,電波の地中への良好な伝播性から地雷探知器と... [more] SANE2007-95
pp.1-5
SANE 2007-12-21
13:30
埼玉 日本工業大学 UWB用球型モノポールアンテナの製作実験
山田紘敏鈴木俊達ソンブーン ティーラウィシッポン森田 登日本工大SANE2007-96
マイクロ波帯UWB (Ultra Wile Band)は米国では3.1~10.6GHzが利用可能であり,日本では3.4~... [more] SANE2007-96
pp.7-11
SANE 2007-12-21
13:55
埼玉 日本工業大学 DDS素子を用いたレーダRF信号発生源
三好壮人富士通システム統合研)・春田朋広小林弘一富士通SANE2007-97
近年のディジタル集積回路の高度化,高速化は目覚しく,以前では実現不可能であった構成の装置が実現できるようになっている.通... [more] SANE2007-97
pp.13-18
SANE 2007-12-21
14:20
埼玉 日本工業大学 月着陸機搭載用C帯パルスレーダの速度測定におけるドップラ周波数への地形の影響に関する検討
佐藤哲平東京理科大)・岸本健児明大)・坂井智彦福田盛介水野貴秀JAXASANE2007-98
分散誤差100m以下のピンポイント着陸を行う月や惑星への科学観測ミッションでは,着陸システムとして高精度な水平方向速度の... [more] SANE2007-98
pp.19-24
SANE 2007-12-21
15:00
埼玉 日本工業大学 新しいパルス圧縮フィルタを適用した2相幅広コンプリメンタリ符号系列
濱田和崇神力正宣日本工大SANE2007-99
本研究では,複数のチップ幅にパルス圧縮する2相コンプリメンタリ符号系列(以下,幅広コンプリメンタリ符号系列と呼ぶ)のうち... [more] SANE2007-99
pp.25-29
SANE 2007-12-21
15:25
埼玉 日本工業大学 チャープパルス圧縮の距離シフトを用いた速度補正を行うパルス間コヒーレント積分法による検出確率と測速度性能の改善
影目 聡原 照幸関口高志三菱電機SANE2007-100
レーダにおいて,移動目標検出と目標相対速度算出は重要な課題である.従来,LPRF(Low Pulse Repetitio... [more] SANE2007-100
pp.31-36
SANE 2007-12-21
15:50
埼玉 日本工業大学 日本におけるVHF帯航空移動通信トラヒックの解析
北折 潤松久保裕二電子航法研)・小園 茂千葉工大SANE2007-101
VHF 帯航空移動通信のうち無線電話およびACARS の通信記録から,航空移動通信の通信トラヒックに関する解析を行い,通... [more] SANE2007-101
pp.37-42
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会