お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

リコンフィギャラブルシステム研究会 (RECONF)  (2019年度)

専門委員長 佐野 健太郎 (理研)  副委員長 山口 佳樹 (筑波大), 泉 知論 (立命館大)
幹事 小林 悠記 (NEC), 中原 啓貴 (東工大)
幹事補佐 竹村 幸尚 (インテル), 長名 保範 (琉球大学)

「from:2019-09-19 to:2019-09-19」による検索結果

[リコンフィギャラブルシステム研究会ホームページへ] 
講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・昇順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RECONF 2019-09-19
13:00
福岡 北九州国際会議場 [招待講演]クラウドFPGAの活用
小川貴士アマゾンウェブサービスジャパンRECONF2019-20
 [more] RECONF2019-20
p.1
RECONF 2019-09-19
14:00
福岡 北九州国際会議場 PlacementにおけるCNNを用いたネット配線長予測モデル作成手法の検討
勝田祐基渡邉凌太趙 謙吉田隆一九工大RECONF2019-21
FPGAのPlacementアルゴリズムではネットの予測配線長に基づき評価用コスト関数が作成されている.しかし,配線の共... [more] RECONF2019-21
pp.3-8
RECONF 2019-09-19
14:20
福岡 北九州国際会議場 SoC FPGAを用いた分散処理フレームワークの構築と検証
津上諒平柴田裕一郎長崎大RECONF2019-22
近年の車載コンピューティングシステムは高性能化しているにも関わらず,約 96%の時間は駐車中で高性能計算資源が有効活用さ... [more] RECONF2019-22
pp.9-12
RECONF 2019-09-19
14:40
福岡 北九州国際会議場 コスト関数にニューラルネットワークを導入した論理素子配置アルゴリズムの検討
鎌田時生窪田昌史谷川一哉弘中哲夫広島市大RECONF2019-23
一般的にFPGAなどの細粒度再構成可能デバイスは配線自由度を下げるほどチップ面積あたりに使用できる再構成可能な論理素子数... [more] RECONF2019-23
pp.13-18
RECONF 2019-09-19
15:20
福岡 北九州国際会議場 SoC FPGAによる小型自律走行車の位置推定と経路計画の試行
工藤裕也高田厚志泉 知論立命館大RECONF2019-24
 [more] RECONF2019-24
pp.19-24
RECONF 2019-09-19
15:40
福岡 北九州国際会議場 OpenCLを用いた多項式回帰向けFPGAアクセラレータの実装
片山健太朗富士通研RECONF2019-25
 [more] RECONF2019-25
pp.25-30
RECONF 2019-09-19
16:00
福岡 北九州国際会議場 二値化したYOLOシステムローコストFPGAでの実装
ウェイ カイジ本田紘規天野英晴慶大RECONF2019-32
ローエンドのエッジデバイスにおいて最先端の AI アプリケーションを動かすためには、高い消費電力と 計算リソース不足とい... [more] RECONF2019-32
pp.63-68
RECONF 2019-09-19
16:40
福岡 北九州国際会議場 [招待講演]ZytleBot: ROSベースの自律移動ロボットへのFPGAの統合に向けて
新田泰大田村 爽高瀬英希京大RECONF2019-27
 [more] RECONF2019-27
p.37
RECONF 2019-09-20
10:00
福岡 北九州国際会議場 不揮発性構成メモリを用いた耐故障性粗粒度再構成可能アーキテクチャ
池添赳治小島拓也天野英晴慶大RECONF2019-28
 [more] RECONF2019-28
pp.39-44
RECONF 2019-09-20
10:20
福岡 北九州国際会議場 Zynq SoCむけユーザレベルゼロコピーDMAドライバの開発
長名保範大久保慎也琉球大RECONF2019-29
 [more] RECONF2019-29
pp.45-49
RECONF 2019-09-20
10:40
福岡 北九州国際会議場 Multi-threaded High-Level Synthesis for Bandwidth-intensive Applications
Jens HuthmannAuter PodobasTakaaki MiyajimaAtsushi KoshibaKentaro SanoRIKENRECONF2019-30
 [more] RECONF2019-30
pp.51-56
RECONF 2019-09-20
11:20
福岡 北九州国際会議場 単機能なニューラルネットワークを複数用いた高速・高精度な画像認識のFPGAによる実現
青戸武蔵比留川翔哉和田康孝丸山一貴明星大RECONF2019-31
自動運転の実現において,カメラ画像に対する物体認識は重要な要素技術である.
現在では,深層学習を活用した物体認識が一般... [more]
RECONF2019-31
pp.57-62
RECONF 2019-09-20
11:40
福岡 北九州国際会議場 サーマル画像に対する歩行者検出とそのFPGA実装について
倉持亮佑下田将之佐田悠生佐藤真平中原啓貴東工大RECONF2019-26
サーマルカメラは一般的なカメラと違い物体の熱を測定することができるため, 出力画像が光の有無に左右されにくいという利点が... [more] RECONF2019-26
pp.31-36
RECONF 2019-09-20
14:00
福岡 北九州国際会議場 正確なハードウェアエミュレーションを行う量子化DNNライブラリの開発
木山真人中原康宏尼崎太樹飯田全広熊本大RECONF2019-33
DNN(Deep Neural Network)をエッジデバイスやAIチップで実行する際,その重みを軽量化するために量子... [more] RECONF2019-33
pp.69-74
RECONF 2019-09-20
14:20
福岡 北九州国際会議場 ステートマシンの状態符号化に着目した異種冗長設計手法
板川貴紀釜坂 僚・○柴田裕一郎長崎大RECONF2019-34
 [more] RECONF2019-34
pp.75-80
RECONF 2019-09-20
14:40
福岡 北九州国際会議場 情報理論のエントロピー概念の再構成 ~ シャノンの伝記とフォン・ノイマンの手稿を参考に ~
得丸久文著述業RECONF2019-35
科学概念の誤りは,議論が個別研究分野内にとどまっているかぎり検出されにくい.言語情報が電子化し対話性をもつようになると,... [more] RECONF2019-35
pp.81-86
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会