お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

高信頼制御通信研究会 (RCC)  (2015年度)

専門委員長 東 俊一 (名大)  副委員長 小林 孝一 (北大), 石井 光治 (香川大)
幹事 加川 敏規 (電中研), 岡野 訓尚 (立命館大)
幹事補佐 単 麟 (NICT), 足立 亮介 (山口大)

「from:2016-01-29 to:2016-01-29」による検索結果

[高信頼制御通信研究会ホームページへ] 
講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・昇順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCC 2016-01-29
10:20
大阪 関西大学うめきたラボラトリ 製造現場における多種無線通信実験 ~ 環境と通信品質に関する考察 ~
板谷聡子長谷川 淳雨海明博尾関 敦江連裕一郎伊藤 睦小林 宰林 岳長谷川晃朗丸橋建一児島史秀NICTRCC2015-86
 [more] RCC2015-86
pp.1-6
RCC 2016-01-29
10:45
大阪 関西大学うめきたラボラトリ 製造現場における多種無線通信実験 ~ 温湿度環境が通信品質に与える影響 ~
長谷川 淳板谷聡子雨海明博尾関 敦江連裕一郎伊藤 睦小林 宰林 岳長谷川晃朗丸橋建一児島史秀NICTRCC2015-87
本稿では,製造現場における環境と用途に応じた適応的無線制御方式の実現に向け,稼働中の工場において多種類の無線通信性能評価... [more] RCC2015-87
pp.7-12
RCC 2016-01-29
11:10
大阪 関西大学うめきたラボラトリ 離散時間線形システムの分散型イベント駆動準最適制御
中島共平・○小林孝一山下 裕北大RCC2015-88
本論文では,離散時間線形システムに対する分散型イベント駆動制御の方法を提案する.センサが分散配置されている場合では,制御... [more] RCC2015-88
pp.13-16
RCC 2016-01-29
11:35
大阪 関西大学うめきたラボラトリ セルレンジ拡張を用いたHetNetのための通信路情報共有に基づく半自律分散型セル間干渉制御法
亀之園卓也金子めぐみ林 和則京大)・Lila BoukhatemUniv. Paris XIRCC2015-89
 [more] RCC2015-89
pp.17-22
RCC 2016-01-29
13:30
大阪 関西大学うめきたラボラトリ [招待講演]マルチエージェントシステムによる分散協調制御
林 直樹阪大RCC2015-90
近年,制御工学の分野では,マルチエージェントシステムの協調制御が注目されている.本稿では,代表的な協調制御問題である合意... [more] RCC2015-90
pp.23-24
RCC 2016-01-29
14:40
大阪 関西大学うめきたラボラトリ 合意形成における通信の省電力化の一検討
大西健太石井光治香川大RCC2015-91
マルチエージェントシステムの合意形成を無線通信によって実現する場合,通信範囲,通信レート,通信遅延などの無線通信特有の制... [more] RCC2015-91
pp.25-30
RCC 2016-01-29
15:05
大阪 関西大学うめきたラボラトリ 完全多部グラフの代数的連結度最大性と2-switchに基づく代数的連結度極大グラフ探索法
藤原拓郎高橋規一岡山大RCC2015-92
マルチエージェントネットワークにおける重要な課題の一つに合意形成がある.Olfati-SaberとMurrayによって提... [more] RCC2015-92
pp.31-36
RCC 2016-01-29
15:30
大阪 関西大学うめきたラボラトリ デルタシグマ変調器の歪レート解析
白木照幸大野修一広島大RCC2015-93
本研究では,デルタシグマ変調器の歪レートを解析する.まず,デルタシグマ変調器の量子化誤差による影響の分散を最小にする誤差... [more] RCC2015-93
pp.37-40
RCC 2016-01-29
15:55
大阪 関西大学うめきたラボラトリ オンデマンド型無線センサアクチュエータネットワーク(ROD-SAN)のシステム特性評価
川本貴大四方博之関西大RCC2015-94
無線センサアクチュエータネットワークでは、ネットワークの長寿命化のため高い省電力性が求められるとともに、アクチュエータの... [more] RCC2015-94
pp.41-46
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会