電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

パターン認識・メディア理解研究会 (PRMU)  (2016年度)

専門委員長 佐藤 真一 (NII)  副委員長 玉木 徹 (広島大), 木村 昭悟 (NTT)
幹事 入江 豪 (NTT), 牛久 祥孝 (オムロンサイニックエックス)
幹事補佐 内田 祐介 (DeNA), 山下 隆義 (中部大)

「from:2017-03-20 to:2017-03-20」による検索結果

[パターン認識・メディア理解研究会ホームページへ] 
講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・昇順)
 44件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
10:00
愛知 名城大 識別境界付近のデータを選択的に用いる半教師あり学習
田中遼平丁 皛小野聡一郎古畑彰夫東芝
半教師あり学習は少数のラベルありデータに加え多数のラベルなしデータも学習に利用することで効率的に高精度な辞書を生成する手... [more] BioX2016-33 PRMU2016-196
pp.1-6
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
10:25
愛知 名城大 指数型分布族とハイゼンベルグ群 ~ 情報幾何的視点から ~
時松 照田中 勝福岡大
規格化因子を求めることが計算量的に困難な状況においては,最尤推定などにより分布のパラメータを推 定することは非常に困難と... [more] BioX2016-34 PRMU2016-197
pp.7-10
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
10:50
愛知 名城大 位相多様体の構造推定手法と多様体学習
田崎 元中大)・Reiner Lenzリンショーピング大)・趙 晋輝中大
多様体学習は,高次元データに対する冗長性や計算量の削減,可視化を目的とする次元削減に用いられる.データ点群は高次元入力空... [more] BioX2016-35 PRMU2016-198
pp.11-15
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
11:15
愛知 名城大 次元数の異なる部分空間同士の近似最近傍部分空間探索
山本大貴岩村雅一黄瀬浩一阪府大
ある部分空間から最も近い部分空間を高速に探索する手法に我々が提案した小西らの手法がある。
これは、グラスマン多様体は部... [more]
BioX2016-36 PRMU2016-199
pp.17-22
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
10:00
愛知 名城大 SVMに基づく輝度値共起ヒストグラムの計量学習を用いた荷物所持に頑健な歩容認証
鈴木温之村松大吾槇原 靖八木康史阪大
本論文では,歩容エネルギー画像(GEI)を用いた,輝度値共起の計量学習による荷物所持に頑健な歩容認証手法について述べる.... [more] BioX2016-37 PRMU2016-200
pp.23-28
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
10:25
愛知 名城大 時系列情報を考慮したグラフカットによる群衆解析
上田隼也筑波大)・大西正輝産総研)・櫻井鉄也筑波大
多人数が集まる駅構内,交差点や商業イベントなどで,カメラを用いて大規模な群衆の振る舞いの解析を行う手法が提案されている.... [more] BioX2016-38 PRMU2016-201
pp.29-34
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
10:50
愛知 名城大 3次元歩行動線のクラスタリング結果を利用した徘徊検出
宮城優里お茶の水女子大)・大西正輝産総研)・伊藤貴之お茶の水女子大
高齢化に伴い認知症患者の徘徊行動が増加し問題となっている.徘徊行動は死亡事故につながる危険性があるため事前防止や早期発見... [more] BioX2016-39 PRMU2016-202
pp.35-40
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
11:15
愛知 名城大 避難時における正常性バイアスと集団同調性バイアスの計測 ~ 災害時に人はなぜ逃げないのか? ~
大西正輝山下倫央産総研)・秦 康範山梨大)・坂間亮弘日テレ
 [more] BioX2016-40 PRMU2016-203
pp.41-45
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
13:00
愛知 名城大 [招待講演]独り暮らし高齢者のデータから展開するみまもり工学 ~ 看護理工学とセンサ医療情報工学 ~
森 武俊東大
日本の高齢者の割合は現在25%程度であるが,人口減少とともにこれが40%程度になると予想されている.社会環境や意識の変化... [more] BioX2016-41 PRMU2016-204
pp.47-50
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
14:10
愛知 名城大 [招待講演]位置情報プライバシーの最新技術動向
村上隆夫産総研
近年,スマートフォンやカーナビゲーションシステムの普及に伴い,経路検索やPOI(Point-of-Interest)検索... [more] BioX2016-42 PRMU2016-205
pp.51-56
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
15:20
愛知 名城大 FCNを用いた葉領域分割
櫻井俊輔内山英昭谷口倫一郎九大
植物のフェノタイプの解析は多くの分野の基盤技術であり,植物の葉領域分割は葉のフェノタイプの自動解析に利用できる.本稿では... [more] BioX2016-43 PRMU2016-206
pp.57-62
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
15:45
愛知 名城大 エレキベースのスラップ奏法を対象としたスペクトル特徴と演奏制約を利用した採譜支援
山本清高村田晴美中京大)・荻原昭夫近畿大)・目加田慶人中京大
音楽データから自動で楽譜を作成する自動採譜の研究において,音高の推定は非
常に重要な要素技術である.
エレキベースを... [more]
BioX2016-44 PRMU2016-207
pp.63-66
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
16:10
愛知 名城大 第20回PRMU研究会アルゴリズムコンテスト実施報告 ~ 「みんなの足取りを特定せよ!」多人数・多カメラ間追跡 ~
川西康友前田高志名大)・森 司三重大)・児玉祐樹名大)・佐藤大亮東北大)・伊奈拓郎京大)・熊谷章平名城大
本稿では,電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ パターン認識・メディア理解(PRMU)研究専門委員会が2016年... [more] BioX2016-45 PRMU2016-208
pp.67-79
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
15:20
愛知 名城大 多視点大規模歩容データベースの構築と異なる視点における歩容認証の性能評価
武村紀子槇原 靖村松大吾阪大)・越後富夫阪電通大)・八木康史阪大
本論文では,多視点大規模歩容データベースを構築し,構築したデータベースを用いて,異なる視点における歩容認証手法の性能評価... [more] BioX2016-46 PRMU2016-209
pp.81-86
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
15:45
愛知 名城大 生体変動を吸収する差動型生体認証の提案:基礎検討
村松弘明庭山雅嗣西垣正勝静岡大
生体認証の精度を向上させるためには,生体情報そのものの変動を吸収できることが望ましい.本研究では,差動増幅回路の仕組みを... [more] BioX2016-47 PRMU2016-210
pp.87-91
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
16:10
愛知 名城大 爪の微細部位を用いたマイクロ生体認証の提案
杉本元輝藤田真浩眞野勇人村松弘明西垣正勝静岡大
マイクロ生体認証とは,人間の微細部位の生体情報を用いた生体認証である.本稿では,爪の微細部位を利用したマイクロ生体認証を... [more] BioX2016-48 PRMU2016-211
pp.93-97
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
16:45
愛知 名城大 タグ付き画像集合を利用した時空間概念グラフの構築
本庄紘士新田直子中村和晃馬場口 登阪大
 [more] BioX2016-49 PRMU2016-212
pp.99-104
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
17:10
愛知 名城大 ジャンク画像を考慮したマルチモーダルトピックモデルによる概念間距離の算出
長澤優佑中村和晃新田直子馬場口 登阪大
本稿では,タグ付き画像を用いて概念間の意味的な距離を算出する手法を提案する.一般に,タグ付き画像の視覚特徴とテキストタグ... [more] BioX2016-50 PRMU2016-213
pp.105-110
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
17:35
愛知 名城大 人混みにおける手持ち単眼カメラによる高精度 Visual-SLAM
寺島貴大長谷川 修東工大
SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)はコンピュータビジョンとロボティク... [more] BioX2016-51 PRMU2016-214
pp.111-116
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
16:45
愛知 名城大 Glaph laplacian regulalizer based on the label co-occurrence dependency for multi-label image annotation
Keiichi KurosawaMojoo JonathanTakio KuritaHiroshima Univ.
 [more] BioX2016-52 PRMU2016-215
pp.117-122
 44件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会