お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

情報理論研究会 (IT)  (2020年度)

専門委員長 小嶋 徹也 (東京高専)  副委員長 野上 保之 (岡山大学)
幹事 松田 哲直 (埼玉大), 眞田 亜紀子 (長岡技科大)
幹事補佐 野崎 隆之 (山口大)

「from:2020-07-16 to:2020-07-16」による検索結果

[情報理論研究会ホームページへ] 
講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・昇順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT 2020-07-16
10:55
ONLINE オンライン開催 一般化ハミング重みを用いたポーラ符号の送信ビット選択方法
旭 瑞歩ヤチョンカ ワムア八木秀樹電通大IT2020-11
Arıkan により提案されたポーラ符号は,対称通信路における通信路容量を低計算複雑度で達成できるこ
とが明らかにされ... [more]
IT2020-11
pp.1-6
IT 2020-07-16
11:20
ONLINE オンライン開催 User Identification and Channel Estimation by Iterative DNN-Based Decoder on Multiple-Access Fading Channel
Lantian WeiShan LuHiroshi KamabeGifu Univ.)・Jun ChengDoshisha Univ.IT2020-12
 [more] IT2020-12
pp.7-12
IT 2020-07-16
13:15
ONLINE オンライン開催 [招待講演]量子計算の基礎
森前智行京大
 [more]
IT 2020-07-16
14:20
ONLINE オンライン開催 画像再構成のための自己符号化器を収縮関数に用いた学習型ISTAに関する検討
横山健人高邉賢史和田山 正名工大IT2020-13
ISTA(Iterative Shrinkage-Thresholding Algorithm) は観測信号からスパース... [more] IT2020-13
pp.13-18
IT 2020-07-16
14:45
ONLINE オンライン開催 変分ベイズ法によって導出された近似事後分布を用いた予測分布とベイズ予測分布の$alpha$-ダイバージェンスの漸近評価
山田一翔齋藤翔太松嶋敏泰早大IT2020-14
本稿では,i.i.d.確率変数列${X_i }_{i=1}^{n}$が与えられたもとで$X_{n+1}$の確率分布を決定... [more] IT2020-14
pp.19-23
IT 2020-07-16
15:10
ONLINE オンライン開催 FTMゲートを用いた量子フーリエ変換の定式化について
中里将輝渡邉 昇東京理科大IT2020-15
本研究では Fredkin と Toffoli によって考案された可逆的かつ保守的な量子論理ゲートであるFT ゲートの光... [more] IT2020-15
pp.25-30
IT 2020-07-16
16:15
ONLINE オンライン開催 グラフアンサンブル解析による非適応閾値グループテストに対する距離分布
野崎隆之山口大)・三村和史広島市大IT2020-16
 [more] IT2020-16
pp.31-36
IT 2020-07-16
16:40
ONLINE オンライン開催 ゲート型量子コンピュータの量子ノイズ解析 ~ 大規模量子多体系のエラーモデルと実例 ~
廣田 修中大IT2020-17
ゲート型量子コンピュータは非常に魅力的な能力を提供することが期待されている。それを現実の技術と して実現することが我々の... [more] IT2020-17
pp.37-42
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会