電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 (HCS)  (2016年度)

専門委員長 松田 昌史 (NTT)  副委員長 井上 智雄 (筑波大), 林 勇吾 (立命館大)
幹事 渡邊 伸行 (金沢工大), 小森 政嗣 (阪電通大), 吉田 悠 (KDDI総合研究所)
幹事補佐 神田 智子 (大阪工業大学), 高嶋 和毅 (東北大), 藤原 健 (阪経済大), 寺田 和憲 (岐阜大), 木村 敦 (日大), 黄 宏軒 (理研)

「from:2017-03-15 to:2017-03-15」による検索結果

[ヒューマンコミュニケーション基礎研究会ホームページへ] 
講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・昇順)
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS 2017-03-15
10:00
宮城 東北大学片平キャンパス Synchrony increases the accuracy of affective perception in dyadic interaction
Ken FujiwaraOsaka Univ. of Economics)・Ikuo DaiboTokyo Future Univ.HCS2016-90
 [more] HCS2016-90
pp.1-4
HCS 2017-03-15
10:25
宮城 東北大学片平キャンパス 臨機応変に繰り出す多様なる相槌 ~ 寄り添い、理解を示し、展開させる聴き上手の姿 ~
伊達理英子坂井田瑠衣諏訪正樹慶大HCS2016-91
 [more] HCS2016-91
pp.5-10
HCS 2017-03-15
10:50
宮城 東北大学片平キャンパス 価値共創としてのコミュニケーション ~ パスタのレシピ創造のケーススタディ ~
諏訪正樹慶大)・藤井晴行東工大)・中島秀之東大HCS2016-92
コミュニケーションは基本的に価値共創であること,さらに「共に創る」といっても,つくりだされる価値はコミュニケーションの参... [more] HCS2016-92
pp.11-16
HCS 2017-03-15
11:15
宮城 東北大学片平キャンパス 共創的コミュニケーションにおける解釈学的循環の階層構造 ~ 共同制作実験によるアイディア創発プロセスの分析 ~
前田 聡橋本 敬北陸先端大HCS2016-93
他者とのインタラクションを通してアイディアが創発するプロセスを明らかにすることを目的として,レゴブロックを使ってペアで作... [more] HCS2016-93
pp.17-22
HCS 2017-03-15
13:00
宮城 東北大学片平キャンパス 着座者の重心・重量取得のための椅子用キャスター型デバイスの検討
増山昌樹伊藤雄一阪大)・福島浩介イトーキ)・尾上孝雄阪大HCS2016-107
オフィスワーク中の労働者の状態を認識し,適切な支援を提供することが,オフィスワークにおけるストレス問題の解決のために必要... [more] HCS2016-107
pp.95-100
HCS 2017-03-15
13:25
宮城 東北大学片平キャンパス 非母語話者を含む会話における母語話者テキスト入力の効果
于 睿政・○唐 夢苑宋 暁宇塙 裕美井上智雄筑波大HCS2016-94
母語話者と非母語話者の会話で意思疎通が困難な場合がよく見られる.このような場面の非母語による会話支援のために,母語話者が... [more] HCS2016-94
pp.23-28
HCS 2017-03-15
13:50
宮城 東北大学片平キャンパス 舞台表現における他者との相互作用のダイナミクス ~ コミュニケーションの隠れた次元としての距離による検討 ~
清水大地岡田 猛東大HCS2016-95
舞台表現,特に即興表現においてパフォーマーは,共演者や観客,音楽といった様々な要素と関わりつつ魅力的なパフォーマンスを披... [more] HCS2016-95
pp.29-34
HCS 2017-03-15
14:25
宮城 東北大学片平キャンパス 食べ物に対する補足情報自動生成に関する評価検討
齋藤俊英望月理香渡辺昌洋NTTHCS2016-96
知らない事物を理解するためには,要点を押さえた簡易な補足情報が簡単に手に入ると便利である.本研究は,簡易な補足情報を自動... [more] HCS2016-96
pp.35-40
HCS 2017-03-15
14:50
宮城 東北大学片平キャンパス 「シナリオ」のマンガ化に向けた基礎的研究
飯塚重善神奈川大)・木寺良一東京工芸大HCS2016-97
 [more] HCS2016-97
pp.41-44
HCS 2017-03-15
15:15
宮城 東北大学片平キャンパス 映画映像要約における会話場面の考慮がストーリー伝達に与える影響
安原 龍井上雅史山形大HCS2016-98
映画の内容を短時間で理解する方法に要約映像の視聴があるが,人手による要約映像の編集は大変な手間がかかり,計算機による映像... [more] HCS2016-98
pp.45-50
HCS 2017-03-15
15:40
宮城 東北大学片平キャンパス 色弱補正と文字輪郭加工によるWebページの配色補正に関する検討
小島由梨乃中大)・望月理香渡辺昌洋NTT)・趙 晋輝中大HCS2016-99
特殊な色覚特性の方でも不自由なく閲覧できる, ユニバーサルデザインとしてのWebページの視認性の向上が望まれている. 本... [more] HCS2016-99
pp.51-56
HCS 2017-03-15
16:15
宮城 東北大学片平キャンパス マスク形状検討のための人顔形状特徴の分析
王 从怡亀山研一中川 誠TPMHCS2016-100
 [more] HCS2016-100
pp.57-59
HCS 2017-03-15
16:40
宮城 東北大学片平キャンパス 社会的文脈に沿った表情と音声による感情表現とその評価
髙木幸子常磐大)・田中章浩東京女子大HCS2016-101
本研究では,高次感情と社会的文脈に焦点を当て,表情と音声の示す感情情報の快の程度の差が,最終的な送り手の感情状態の快度判... [more] HCS2016-101
pp.61-66
HCS 2017-03-15
17:05
宮城 東北大学片平キャンパス 顔の全体・上部・下部における表情認知の性差
伊藤博晃北大HCS2016-102
本研究では,顔の全体,上部のみ,下部のみの呈示おける表情認知の性差を検討した。男性94名,女性118名に対し,基本6表情... [more] HCS2016-102
pp.67-71
HCS 2017-03-16
09:00
宮城 東北大学片平キャンパス コミュニケーションロボットの誠意ある会話終了意図表出デザイン
井坂俊彦大島直樹武川直樹東京電機大HCS2016-103
 [more] HCS2016-103
pp.73-78
HCS 2017-03-16
09:25
宮城 東北大学片平キャンパス あなた話して/みんな話して/だれか話してを使い分ける会話支援ロボットの振る舞い評価
藤森 亮大島直樹徳永弘子金子 博武川直樹東京電機大HCS2016-104
 [more] HCS2016-104
pp.79-84
HCS 2017-03-16
09:50
宮城 東北大学片平キャンパス ロボットシステムを高齢者支援において使用する際の視点に関する社会学的工学的分析
小松由和埼玉大)・山崎晶子東京工科大)・山崎敬一小林貴訓福田悠人森田有希野埼玉大)・図子智紀清水美和東京工科大HCS2016-105
コミュニケーション能力はあるが移動が困難な高齢者をターゲットとした遠隔コミュニケーションにおいて、遠隔からの視点の位置を... [more] HCS2016-105
pp.85-88
HCS 2017-03-16
10:15
宮城 東北大学片平キャンパス エージェントの視線配分が対話に与える影響の性格特性別分析
小倉雅貴松井 優・○神田智子阪工大HCS2016-106
本研究では,シャイな人でも快適なインタラクションが出来る擬人化エージェントの視線配分を明らかにするため,対話実験を行った... [more] HCS2016-106
pp.89-94
HCS 2017-03-16
10:50
宮城 東北大学片平キャンパス 個人間の運動調整に関する加速度センサを用いた検討
市川 淳三輪和久名大)・寺井 仁近畿大HCS2016-108
本研究では,周期的な運動が要求されるジャグリングを用いて,個人間の協調を行う課題(2人カスケード)の達成過程において,単... [more] HCS2016-108
pp.101-105
HCS 2017-03-16
11:15
宮城 東北大学片平キャンパス 複数評価者データに対する回帰分析の適用
野津昭文大分看護大)・石川勝彦山梨学院大HCS2016-109
アイススケートの採点データにみられるように,複数の評価者が同一のパフォーマンスを評価した際に得られるデータは複数評価者デ... [more] HCS2016-109
pp.107-112
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会