お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

複雑コミュニケーションサイエンス研究会 (CCS)  (2021年度)

専門委員長 浅井 哲也 (北大)  副委員長 赤井 恵 (北大), 会田 雅樹 (都立大)
幹事 中田 一紀 (TDK), 眞田 耕輔 (三重大)
幹事補佐 中野 秀洋 (東京都市大), 安東 弘泰 (筑波大), 松原 崇 (阪大), 宮田 純子 (芝浦工大)

「from:2021-11-18 to:2021-11-18」による検索結果

[複雑コミュニケーションサイエンス研究会ホームページへ] 
講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・昇順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CCS 2021-11-18
12:35
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
機械学習による理論株価の評価および投資家心理の抽出
塚原悠輝茨城大)・田中 陸大和アセットマネジメント)・鈴木智也茨城大CCS2021-17
 [more] CCS2021-17
pp.1-6
CCS 2021-11-18
13:00
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
基本セルオートマトンによる簡素な音楽作成
小島 航齋藤利通法政大CCS2021-18
基本セルオートマトン(ECA)は時間, 状態, 空間が離散的な力学系であり, 単純なルールによって多様な時空間パターンや... [more] CCS2021-18
pp.7-10
CCS 2021-11-18
13:25
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
結合デジタルスパイクマップの基本動作解析
木嶋佑堅齋藤利通法政大CCS2021-19
デジタルスパイクマップ(Dmap)は,点の集合で定義されたデジタル力学系である.
Dmapは精密な数値解析に適しており... [more]
CCS2021-19
pp.11-15
CCS 2021-11-18
13:50
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
バイナリー連想メモリの2目的最適化問題について
阪 健人齋藤利通法政大CCS2021-20
バイナリー連想メモリの2目的最適化問題について考える.バイナリー連想メモリは簡素なリカレントニューラルネットワークであり... [more] CCS2021-20
pp.16-19
CCS 2021-11-18
15:35
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複数の区分的アファイン振動子に対する同期法と同期可能条件
甲斐健也東京理科大)・大月香帆横河ソリューションサービス)・知久真吾三菱重工CCS2021-21
 [more] CCS2021-21
pp.20-25
CCS 2021-11-18
16:00
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
スパイキングリザバーネットワークにおけるスパイク遅延の効果
田村颯樹坪 泰宏立命館大CCS2021-22
ヒトを含む多くの生物の脳内は,構造の変化によって多種多様なタスクを迅速かつ効率的に学習することできる.この仕組みを模した... [more] CCS2021-22
pp.26-30
CCS 2021-11-18
16:25
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
シンプレクティック随伴変数法に基づく省メモリなNeural ODEの学習
松原 崇宮武勇登阪大)・谷口隆晴神戸大CCS2021-23
ニューラルネットワークで微分方程式(ODE)を学習するneural ODEは,連続時間のダイナミカルシステムや確率分布を... [more] CCS2021-23
pp.31-36
CCS 2021-11-19
09:30
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複雑概念 ~ 群論理とフラクタル ~
得丸久文著述業CCS2021-24
概念は思考のツールであり,それに歪や誤りがあると正しい思考ができない.科学の 学際 統合のためには,概念を正し,それを常... [more] CCS2021-24
pp.37-42
CCS 2021-11-19
09:55
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
エルゴード的セルオートマトンを用いた蝸牛モデル
久保田一季鳥飼弘幸法政大CCS2021-25
 [more] CCS2021-25
pp.43-48
CCS 2021-11-19
10:20
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
エルゴード的セルオートマトンを用いた神経細胞ネットワークモデル
鈴木陽大鳥飼弘幸法政大CCS2021-26
 [more] CCS2021-26
pp.49-54
CCS 2021-11-19
10:45
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
偏好性を考慮するDASHレート決定法におけるユーザの離脱とQoE評価
柳沢拓実宮田純子芝浦工大CCS2021-27
インターネットを用いた動画配信サービスのシステムとして最も普及しているDynamic Adaptive Streamin... [more] CCS2021-27
pp.55-60
CCS 2021-11-19
11:10
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Toward Human Cognition-inspired High-Level Decision Making For Hierarchical Reinforcement Learning Agents
Rousslan Fernand Julien DossaKobe Univ.)・Takashi MatsubaraOsaka Univ.CCS2021-28
Hierarchical reinforcement learning (HRL) methods aim to lev... [more] CCS2021-28
pp.61-66
CCS 2021-11-19
12:35
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
時分割入力とオンライン学習が可能なFPGAレザバーコンピューターの構築とその評価
吉田広世阿部佑紀北大)・赤井 恵北大/阪大)・浅井哲也北大CCS2021-29
本報告は、時分割入出力が可能なリング型レザバーとオンライン学習アルゴリズムであるFORCE学習によるレザバーコンピューテ... [more] CCS2021-29
pp.67-72
CCS 2021-11-19
13:00
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ディスクリート半導体素子で構成可能なアナデジ混在物理レザバーの試作と評価
阿部佑紀吉田広世北大)・赤井 恵北大/阪大)・浅井哲也北大CCS2021-30
本報告は,ディスクリート半導体素子による非線形抵抗回路,RC 回路,およびサンプル&ホールド回路により構成可能なアナデジ... [more] CCS2021-30
pp.73-78
CCS 2021-11-19
13:25
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
膵β細胞の数理モデルにおけるバーストの効率的な律動化
小山慧太筑波大)・安東弘泰東北大/筑波大)・藤原寛太郎東大CCS2021-31
膵β細胞のバースト発火のダイナミクスはインスリン分泌の機能と相関していることが知られており, 正常な発火ダイナミクスを保... [more] CCS2021-31
pp.79-83
CCS 2021-11-19
13:50
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
車両検知器データを活用した線形モデルによる高速道路の渋滞発生予測
重見陸斗筑波大)・安東弘泰東北大/筑波大)・和田健太郎筑波大CCS2021-32
 [more] CCS2021-32
pp.84-88
CCS 2021-11-19
14:30
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
心電図画像データの異常波形に対する専門医診断を教師とした深層学習の検討
橋本健太郎山村悠一朗筑波大)・岩塚良太安房地域医療センター)・安東弘泰東北大/筑波大CCS2021-33
 [more] CCS2021-33
pp.89-93
CCS 2021-11-19
14:55
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Equivalent Circuit Representation of Lossless and Lossy Power Transmission Systems Including Discrete Sampler
Yuichi KidaOhu Univ.)・Takuro KidaTokyo Tech.CCS2021-34
 [more] CCS2021-34
pp.94-99
CCS 2021-11-19
15:20
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Category-base theory of the optimum signal approximation clarifying the importance of parallel worlds in the recognition of human and application to secure signal communication with feedback
Takuro KidaTokyo Tech.)・Yuichi KidaOhu Univ.CCS2021-35
 [more] CCS2021-35
pp.100-105
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会