お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

知的環境とセンサネットワーク研究会 (ASN)  (2016年度)

専門委員長 岡田 啓 (名大)
副委員長 山本 高至 (京大), 中澤 仁 (慶大), 門田 和也 (日立)
幹事 大和田 泰伯 (NICT), 萬代 雅希 (上智大), 川喜田 佑介 (神奈川工科大)
幹事補佐 橋本 匡史 (阪大), 大田 知行 (広島市立大), 菊月 達也 (富士通研), 中野 亮 (日立), 堀田 善文 (三菱電機)

「from:2016-05-12 to:2016-05-12」による検索結果

[知的環境とセンサネットワーク研究会ホームページへ] 
講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・昇順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ASN 2016-05-12
10:00
東京 構造計画研究所 本所新館 ワイヤレススマートユーティリティネットワークにおける端末送信機会分散型データリンク層ルーティング
羽原拓哉水谷圭一原田博司京大ASN2016-1
近年,各方面で導入が進められているWireless Smart Utility Network (Wi-SUN)において... [more] ASN2016-1
pp.1-6
ASN 2016-05-12
10:25
東京 構造計画研究所 本所新館 無線センサネットワークの耐故障性を保証する最少リレーノード配置手法
市川 嵩若宮直紀阪大)・中野 亮五十嵐悠一日立ASN2016-2
ノードの設置箇所に制約のある無線センサネットワークにおいて,メッセージ中継に特化したリレーノードを追加配置することによっ... [more] ASN2016-2
pp.7-12
ASN 2016-05-12
10:50
東京 構造計画研究所 本所新館 [奨励講演]A Novel Approach for Multi-Class Sentiment Analysis in Twitter
Mondher BouaziziTomoaki OhtsukiKeio Univ.ASN2016-3
Many works were conducted on the automatic sentiment analysi... [more] ASN2016-3
pp.13-18
ASN 2016-05-12
13:00
東京 構造計画研究所 本所新館 [招待講演]スマートハウス研究を踏まえたIoT実現への方策
馬場博幸東大
本講演では、IoTの一ユースケースであるHEMSの数年に亘る研究の経験を踏まえた、IoT実現に向けた課題を概観する。具体... [more]
ASN 2016-05-12
13:35
東京 構造計画研究所 本所新館 [招待講演]家庭環境コンテキスト認識の最新研究と今後の展開
前川卓也阪大ASN2016-4
近年,安価なセンサデバイスや無線通信モジュールの登場により,無線センサノードやスマートデバイスから得られたセンサデータを... [more] ASN2016-4
pp.19-21
ASN 2016-05-12
14:10
東京 構造計画研究所 本所新館 [依頼講演]日常生活の支援を可能とするネットワーク型ブレイン・マシン・インタフェースの研究開発
須山敬之ATRASN2016-5
ブレイン・マシン・インターフェイス(BMI)は脳と計算機・ロボットなどを直接結びつける技術であり、脳科学に基づく新しいイ... [more] ASN2016-5
pp.23-28
ASN 2016-05-12
14:50
東京 構造計画研究所 本所新館 [依頼講演]室内快適性マネジメントシステムの提案
松井加奈絵東京電機大)・漆原育子アーズASN2016-6
 [more] ASN2016-6
pp.29-34
ASN 2016-05-12
15:20
東京 構造計画研究所 本所新館 [依頼講演]建築設備におけるセンサネットワークシステムの活用
清水昭浩高砂熱学ASN2016-7
平成23年度から26年度に実施されたNEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の共同研究事業「社会課... [more] ASN2016-7
pp.35-38
ASN 2016-05-12
15:50
東京 構造計画研究所 本所新館 [依頼講演]スマート建築モニタリング
倉田成人筑波技大ASN2016-8
 [more] ASN2016-8
p.39
ASN 2016-05-12
16:30
東京 構造計画研究所 本所新館 エアタイムを用いた無線ネットワークスループット解析
関屋大雄千葉大)・眞田耕輔三重大ASN2016-9
本稿ではIEEE802.11 Wireless Local Area Network(WLAN)のスループット解析につい... [more] ASN2016-9
pp.41-45
ASN 2016-05-12
16:55
東京 構造計画研究所 本所新館 ワイヤレスセンシングネットワークシステムの斜面地モニタリングへの適用
笹村拓哉杉本知史石塚洋一藤島友之藤本孝文岩崎昌平長崎大)・山下浩一郎栗原康志富士通研ASN2016-10
本報告では,実際の斜面地盤におけるワイヤレスセンサネットワークを用いたモニタリングシステムの施工とその結果について述べる... [more] ASN2016-10
pp.47-52
ASN 2016-05-12
17:20
東京 構造計画研究所 本所新館 構造型センサネットワークにおけるP2P技術を用いたデータ蓄積法・収集法
阿部達成朝香卓也首都大東京ASN2016-11
センサネットワークでは膨大な量のデータが測定されるものの,全ての測定データが必要とされていない場合においては,全測定デー... [more] ASN2016-11
pp.53-58
ASN 2016-05-13
10:00
東京 構造計画研究所 本所新館 領域センサによる橋梁健全度評価とその事例
楊 克倹構造計画研ASN2016-12
本研究では、橋梁に高度化された光ファイバ領域分布センサを設置し、高精度にセンシングされた静・動的分布ひずみにより、構造物... [more] ASN2016-12
pp.59-62
ASN 2016-05-13
10:25
東京 構造計画研究所 本所新館 スマート雨水ハウスについて ~ 雨水グリッドによる流出抑制 ~
森山聡之福岡工大)・森下功啓熊本高専)・和泉信生崇城大)・西山浩司九大ASN2016-13
2009年7月23日の、中国・九州豪雨により福岡市内の2級河川樋井川も氾濫し、都市型水害となった。これを受けて、市民、福... [more] ASN2016-13
pp.63-67
ASN 2016-05-13
10:50
東京 構造計画研究所 本所新館 近距離無線通信システムを搭載した水田用農業支援システムの開発
黒澤清和古田昂志中川秀門北村泰一川上悠太小紙一馬袖美樹子金沢工大ASN2016-14
フィールドサーバを利用した稲作の生育管理の研究が広く行われている[1,2,3]。富士通のakisai[1]は汎用向けであ... [more] ASN2016-14
pp.69-74
ASN 2016-05-13
14:30
東京 構造計画研究所 本所新館 [ポスター講演]無線LAN同士の干渉を考慮したスループット特性の解析
青木拓実千葉大)・眞田耕輔三重大)・小室信喜千葉大)・本吉 彦山垣則夫NEC)・塩田茂雄阪田史郎千葉大)・村瀬 勉名大)・関屋大雄千葉大ASN2016-15
複数のアクセスポイントが狭い範囲で共存する環境において,無線ローカルエリアネットワーク(WLAN)同士での干渉が発生し,... [more] ASN2016-15
pp.75-81
ASN 2016-05-13
14:30
東京 構造計画研究所 本所新館 [ポスター講演]位置情報利用型ルーティングにおける動的エージェント管理の拡張
楢原裕一郎塩川茂樹神奈川工科大ASN2016-16
モバイルアドホックネットワークにおいてルーティングプロトコルは重要であり,現在,位置情報利用型ルーティングが注目されてい... [more] ASN2016-16
pp.83-88
ASN 2016-05-13
14:30
東京 構造計画研究所 本所新館 [ポスター講演]スマートフォンを用いた参加型センシングにおける効率的なデータ収集法
大西 裕朝香卓也首都大東京ASN2016-17
センサを備える高機能携帯端末の普及により,スマートフォンを用いてセンサ情報の収集を行う参加型センシングが注目されている.... [more] ASN2016-17
pp.89-90
ASN 2016-05-13
14:30
東京 構造計画研究所 本所新館 [ポスター講演]VANET環境における配信情報の改ざん検知に関する検討
橋本健志伊藤良太大田知行角田良明広島市大ASN2016-18
 [more] ASN2016-18
pp.91-92
ASN 2016-05-13
14:30
東京 構造計画研究所 本所新館 [ポスター講演]作業空間のストレス軽減を促すシステムモデルに関する研究 ~ 個室トイレにおいて木漏れ日を利用したフィードバックについて ~
陳 紹華東大)・渡辺仁史早大ASN2016-19
本研究は建築空間内部の作業環境制御を目的としたシステムモデルを提示することである。本研究は大きく2段階に分割している。第... [more] ASN2016-19
pp.93-98
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会