お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 146件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AI 2022-07-04
14:10
北海道 小樽経済センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
UMAPによるサービスに関する他者推奨への影響要因の可視化分析
齊藤史哲千葉工大AI2022-9
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] AI2022-9
pp.48-51
MSS, NLP
(共催)
2022-03-28
11:10
ONLINE オンライン開催 リザバーコンピューティングを用いた視覚情報処理モデルの構築に向けた階層的ネットワークの解析
新川拓海加藤秀行大分大MSS2021-59 NLP2021-130
近年,リザバーコンピューティングはリカレントニューラルネットワークの中でも学習が極めて高速であることから,時系列データの... [more] MSS2021-59 NLP2021-130
pp.23-28
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-10
10:05
ONLINE オンライン開催 複数のアクセス構造をもつ最適な視覚暗号の構成について
五百木来樹古賀弘樹筑波大IT2021-84 ISEC2021-49 WBS2021-52 RCC2021-59
視覚暗号(visual cryptography scheme, VCS)とは,画像情報に対する秘密分散法である.VCS... [more] IT2021-84 ISEC2021-49 WBS2021-52 RCC2021-59
pp.7-12
ET 2022-03-04
10:10
ONLINE オンライン開催 問題解決過程の可視化による場合の数の学習支援システム
白戸晟真東本崇仁東京工芸大ET2021-54
場合の数の文章問題においては,各数量間の関係を理解することが重要であり,そのために数量間の関係を図示することが多い.しか... [more] ET2021-54
pp.19-24
ET 2022-03-04
13:25
ONLINE オンライン開催 読者の読み取った論理構造に基づく文章再構成システムと論説文読解に対する評価
岡庭佑樹小尻智子関西大ET2021-65
論説文の著者は主張の根拠となる論理構造を基に論説文を執筆する.それに対し,読者は話題とその関係を理解し,論理構造を読み取... [more] ET2021-65
pp.79-84
HIP, VRPSY
(共催)
ITE-HI, ASJ-H
(共催)
(連催) [詳細]
2022-02-28
11:35
ONLINE オンライン開催 視覚心理物理学的応答時間から見る質感知覚と感性生起の階層構造
永井岳大戸塚文紀東工大
本研究では,視覚における様々な質感知覚や感性印象の処理階層性を心理物理的応答時間から検討した.被験者は様々な素材の物体画... [more]
ET 2021-12-11
14:00
ONLINE オンライン開催 議論事例理解のためのソーシャルメディア中の議論構造と話題分布の視覚化
千葉広汰福島大)・中山祐貴早大)・大沼 亮津田塾大)・神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2021-36
PBLなど主体的学習活動の一環として少人数のグループにおける議論を行う機会が増加している.特に近年は,ソーシャルメディア... [more] ET2021-36
pp.41-46
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2021-11-26
11:15
東京 機械振興会館 (予定)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]分散化時代のハイブリッドワークを支えるロボット活用
坂口綾華坂本賢亮山川裕生三村和香コクヨSRW2021-39 SeMI2021-37 CNR2021-13
オフィスワークとテレワークが混合したハイブリッドワークの普及に伴い,現場業務の削減や遠隔コミュニケーション促進の観点から... [more] SRW2021-39 SeMI2021-37 CNR2021-13
p.48(SRW), p.31(SeMI), p.25(CNR)
MBE, NC
(併催)
2021-10-28
10:30
ONLINE オンライン開催 時空間パターン視覚刺激で誘発されるマウス大脳皮質内因性光信号応答の解析
岡 賢太郎外川龍之介中尾光之東北大)・片山統裕尚絅学院大/東北大MBE2021-19
大脳皮質一次視覚野と網膜の間には網膜地図と呼ばれるトポグラフィックな結合関係が存在する.これより 視覚刺激に対する一次視... [more] MBE2021-19
pp.11-15
HIP 2021-10-22
13:10
ONLINE オンライン開催 注視対象への文脈を考慮した深層学習による視線移動予測モデル
大澤祐平小濱 剛近畿大HIP2021-43
ヒトの視線は,意識や注意といった内的状態が反映された生体信号であることから,視線を予測する技術を応用することで,ヒトの心... [more] HIP2021-43
pp.69-74
US 2021-09-24
15:35
ONLINE オンライン開催 アニュラアレイセンサへのDAS法応用による光音響顕微鏡像における被写界深度の改善
鈴木 陸新楯 諒石井琢郎西條芳文東北大US2021-38
末梢微小血管網の形態学的観察に,光音響イメージング技術が注目されている.本研究では, 4チャンネルのアニュラアレイセンサ... [more] US2021-38
pp.23-27
ICM 2021-03-19
11:40
ONLINE オンライン開催 時系列データを用いた仮想基盤の障害原因把握のためのフルスタック可視化の提案
鈴木和宏野口泰生田村雅寿富士通研ICM2020-71
クラウドサービスのベースとなる仮想基盤は,コンピュートやネットワークの仮想化だけでなく,ストレージを仮想化するSoftw... [more] ICM2020-71
pp.64-69
SANE, SAT
(併催)
2021-02-18
16:20
ONLINE オンライン開催 地中レーダ画像の補間のための補間位置指定可能なGANの提案
徳重海都金澤 靖豊橋技科大)・園田 潤仙台高専SANE2020-65
地中レーダは物体内部の状態を非破壊で検査できることから,道路下の埋設物やコンクリート内の内部状態の確認などに使われたり,... [more] SANE2020-65
pp.40-45
ICM, LOIS
(共催)
2021-01-21
15:50
ONLINE オンライン開催 業務分析支援のための複数可視化表現連携方法の検討
八木佐也香土川公雄卜部有記大石晴夫NTTICM2020-42 LOIS2020-30
効果的な業務改善のために,端末の操作ログを取得し可視化することにより,客観的な業務分析を行う方 法が知られている.このよ... [more] ICM2020-42 LOIS2020-30
pp.45-50
PRMU 2020-12-17
16:45
ONLINE オンライン開催 深層学習を用いた判断根拠の可視化による夜間車載カメラ画像認識における車両領域推定
大薮達也大橋剛介静岡大PRMU2020-50
著者らは,深層学習を用いた夜間の車両検出に取り組んでいる.一般的に分類問題に比べ,物体検出の正解ラベル作成の負担は膨大で... [more] PRMU2020-50
pp.69-74
IT 2020-12-01
13:50
ONLINE オンライン開催 [招待講演]視覚暗号の最近の進歩
古賀弘樹筑波大IT2020-25
視覚暗号はディジタル画像に対する秘密分散法の一種であり,1994年にNaorとShamirにより視覚暗号が提案されて以来... [more] IT2020-25
pp.7-12
MVE 2020-09-09
13:40
ONLINE オンライン開催(国士舘大学から変更) [ショートペーパー]俯瞰支援のための文書彩色方法の検討 ~ 単語から連想される色に基づく文書内容の可視化 ~
松平茅隼名大)・カストナー マークアウレルNII/名大)・井手一郎川西康友平山高嗣名大)・道満恵介中京大)・出口大輔村瀬 洋名大MVE2020-17
本報告では,小説などの書籍を対象とし,ページ単位でその文書内容に応じた彩色を行なう手法を検討する.このような彩色を施すこ... [more] MVE2020-17
pp.35-37
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2020-05-14
13:40
ONLINE オンライン開催 マイクロサービス運用支援のためのコンテナからインフラまでの構成差分検出技術の開発
近藤玲子麻岡正洋渡辺幸洋富士通研ICM2020-2
多数のマイクロサービスが互いに呼び出しあって構築され、追加や変更によって成長していくようなサービス形態がトレンドとなる一... [more] ICM2020-2
pp.7-12
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2020-05-15
14:55
ONLINE オンライン開催 クラウドにおける障害影響把握のためのIaaS構成のフルスタック可視化
麻岡正洋近藤玲子鈴木和宏渡辺幸洋富士通研ICM2020-6
クラウドサービス、特にIaaS(Infrastructure as a Service)は近年広く使われている。そのIa... [more] ICM2020-6
pp.31-36
ET 2020-03-07
13:00
香川 香川高等専門学校
(開催中止,技報発行あり)
文間理解に基づいた話題と論理展開の可視化による論説文読解支援システム
岡庭佑樹小尻智子関西大ET2019-90
論説文を読む際,文とその関係から論説文に記載されている話題と論理展開を理解し, 主張を読み取る. この時, 文間関係を正... [more] ET2019-90
pp.81-86
 146件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会