お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SR 2022-05-13
10:45
東京 NICT本部(小金井)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]等間隔円形配列アレーアンテナを用いた深層学習に基づく到来方向推定手法の実機実証
大辻太一宮本勝男NECSR2022-13
到来方向推定に深層学習を適用する方法が注目されており,非学習手法と比較して,限定的ではあるもののその優位性が示されている... [more] SR2022-13
pp.58-60
RCS, SIP, IT
(共催)
2022-01-21
11:45
ONLINE オンライン開催 OAMモード多重伝送における多重UCAを用いた軸ずれ補償の検討
櫻谷信彦西村寿彦大鐘武雄北大)・旦代智也内田大輔東芝IT2021-76 SIP2021-84 RCS2021-244
近年,無線デバイスの増加によりモバイルデータトラフィックが爆発的に増加している.
それに伴い,フロントホールやバックホ... [more]
IT2021-76 SIP2021-84 RCS2021-244
pp.270-275
SR 2021-11-05
10:50
ONLINE オンライン開催 等間隔円形配列アレーアンテナに相関波が入射する条件における深層学習を用いた到来方向推定手法の評価
宮本勝男大辻太一NECSR2021-52
電波伝搬環境を把握する上で電波の到来方向を推定することは重要である.到来方向推定手法の代表例であるMUSIC法では,等間... [more] SR2021-52
pp.65-71
RCS, SR, SRW
(併催)
2021-03-05
16:55
ONLINE オンライン開催 OAMビーム制御によるUCA軸ずれ補償の検討
櫻谷信彦西村寿彦大鐘武雄北大)・旦代智哉内田大輔東芝RCS2020-260
近年,無線デバイスの増加によりモバイルデータトラフィックが爆発的に増加している.
それに伴い,フロントホールやバックホ... [more]
RCS2020-260
pp.261-266
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2020-11-26
17:20
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]OAM多重伝送への偏波多重の適用効果に関する検討
伊藤有希齋藤周平菅沼碩文早大)・小川賀代日本女子大)・前原文明早大SRW2020-32
OAM 伝送では,モード多重に加えて偏波多重が可能となることから,モバイルネットワークの更なる大容量化が期待できる.本稿... [more] SRW2020-32
pp.38-39
RCS 2020-06-25
10:50
ONLINE オンライン開催 OAM多重伝送におけるアレーの設置誤差による特性劣化の改善
櫻谷信彦西村寿彦大鐘武雄北大)・旦代智哉内田大輔東芝RCS2020-33
近年,無線デバイスの増加によりモバイルデータトラフィックが爆発的に増加している.それに伴い,フロ
ントホールやバックホ... [more]
RCS2020-33
pp.61-66
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-06
13:30
東京 東京工業大学
(開催中止,技報発行あり)
[ポスター講演]OAM多重伝送における偏波干渉の影響評価
伊藤有希齋藤周平菅沼碩文早大)・小川賀代日本女子大)・前原文明早大RCS2019-402 SR2019-136 SRW2019-86
OAM伝送では,モード多重に加えて偏波多重が可能となることから,さらなる大容量化が期待できる.偏波OAM多重伝送の受信特... [more] RCS2019-402 SR2019-136 SRW2019-86
pp.403-404(RCS), pp.127-128(SR), pp.127-128(SRW)
AP, RCS
(併催)
2019-11-20
14:15
佐賀 佐賀大学 OAMモード多重伝送における多重UCAを用いた特性改善に関する検討
山本綾乃西村寿彦大鐘武雄北大)・旦代智哉内田大輔東芝RCS2019-212
近年,軌道角運動量(OAM)モードの直交性を使用した新しい空間多重伝送方式が,ミリ波技術の成長とさらなる高速大容量伝送の... [more] RCS2019-212
pp.55-60
AP, RCS
(併催)
2019-11-20
14:40
佐賀 佐賀大学 OAM多重伝送における偶数モードを用いたモード間干渉抑圧法に関する検討
菅沼碩文齋藤周平早大)・小川賀代日本女子大)・前原文明早大RCS2019-213
近年,固定無線通信の大容量化に向けた一アプローチとして,OAM (Orbital Angular Momentum) 多... [more] RCS2019-213
pp.61-66
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2019-11-06
13:25
東京 構造計画研究所(本所新館東京) [ポスター講演]複数UCAを用いたOAM多重伝送において搬送波周波数がシステム容量に与える影響
齋藤周平伊藤有希菅沼碩文早大)・小川賀代日本女子大)・前原文明早大SRW2019-38 SeMI2019-82 CNR2019-32
UCA (Uniform Circular Array) アンテナによるOAM (Orbital Angular Mom... [more] SRW2019-38 SeMI2019-82 CNR2019-32
pp.61-62(SRW), pp.81-82(SeMI), pp.59-60(CNR)
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-10
13:25
大阪 I-Siteなんば(大阪) 複数のUCAを用いたOAM多重伝送においてアンテナ軸ずれがシステム容量に与える影響に関する検討
伊藤有希齋藤周平菅沼碩文早大)・小川賀代日本女子大)・前原文明早大RCS2019-101
UCA (Uniform Circular Array)アンテナによるOAM (Orbital Angular Mome... [more] RCS2019-101
pp.1-6
RCS, NS
(併催)
2018-12-20
11:45
広島 尾道市民会館 UCAによるOAM-MIMO伝送への逐次干渉除去の適用に関する一検討
齋藤周平菅沼碩文早大)・小川賀代日本女子大)・前原文明早大RCS2018-221
UCA(Uniform Circular Array)によるOAM(Orbital Angular Momentum)伝... [more] RCS2018-221
pp.31-36
ASN, SRW
(併催)
2018-11-05
13:00
東京 東京電機大学 東京千住キャンパス [ポスター講演]OAM多重へのUCA多重数がシステム容量に与える影響
齋藤周平菅沼碩文早大)・小川賀代日本女子大)・前原文明早大ASN2018-66 SRW2018-31
UCA(Uniform Circular Array)アンテナによるOAM(Orbital Angular Moment... [more] ASN2018-66 SRW2018-31
pp.69-70(ASN), pp.45-46(SRW)
MW 2017-11-09
10:00
沖縄 宮古島マリンターミナルビル 2つの等間隔円形アレーアンテナのMIMO固有モード伝送とOAM伝送の類似性
平野拓一東工大MW2017-111
近年、光分野で提案されたOAM(orbital angular momentum)と呼ばれる新しい通信方式が無線通信分野... [more] MW2017-111
pp.1-4
SR, SRW
(併催)
2016-05-17
14:00
海外 Hotel Lasaretti, Oulu, Finland [ポスター講演]Toward Realization of a New Wireless Transmission Technology: Orbital Angular Momentum (OAM) Multiplexing
Doohwan LeeHirofumi SasakiHiroyuki FukumotoTadao NakagawaNTTSR2016-16 SRW2016-13
 [more] SR2016-16 SRW2016-13
pp.57-58(SR), pp.45-46(SRW)
AP 2008-03-14
11:35
愛知 南山大 UCAにおけるESPRIT法の精度向上について
松原 隆久保正男防衛大AP2007-190
一様円形アレーにおけるESPRIT到来方向推定法としてUCA-ESPRIT法などが提案されているが,それらではベッセル関... [more] AP2007-190
pp.101-105
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会