お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT, EMM
(共催)
2018-05-17
14:00
東京 東京工業大学(大岡山キャンパス) 双方向リレー通信路における空間結合LDPC符号の漸近解析
高邉賢史和田山 正名工大)・林 正人名大IT2018-1 EMM2018-1
近年,無線双方向リレー通信路における帯域効率向上と消費電力低減の観点から計算-転送方式が注目を集めている.計算-転送方式... [more] IT2018-1 EMM2018-1
pp.1-6
WBS, IT, ISEC
(共催)
2018-03-09
11:40
東京 東京理科大(葛飾キャンパス) 双方向リレー通信路におけるLDPC符号の漸近性能解析
石松佑太高邉賢史和田山 正名工大)・林 正人名大IT2017-131 ISEC2017-119 WBS2017-112
計算-転送方式(compute-and-forward)は、無線通信の双方向リレー通信路に対し、帯域効率を向上させる。
... [more]
IT2017-131 ISEC2017-119 WBS2017-112
pp.167-172
RCS, NS
(併催)
2013-12-18
10:55
香川 高松市文化芸術ホール Two-wayリレー通信路のための分散SISO畳込み符号の設計
石井光治香川大)・Yonghui LiBranka Vuceticシドニー大RCS2013-206
我々は,One-wayリレー通信路に軟入力軟出力(SISO:Soft-Input Soft-Output)符号化を用いる... [more] RCS2013-206
pp.1-6
IT 2013-01-21
10:30
東京 電気通信大学 双方向リレーチャネルにおけるダイバーシチマルチプレキシングトレードオフ
菅井熱志松本隆太郎植松友彦東工大IT2012-49
2つの情報源ノードが中継局を介してデータのやりとりをする双方向リレーチャネルにおいて,両方の情報源ノードは1本,中継局は... [more] IT2012-49
pp.1-6
CS 2012-07-13
09:20
鹿児島 知名町公民館(沖永良部島) 物理層ネットワーク・LDPC符号化信号に対するBP復号の特性解析
小畑祐一梅原大祐京都工繊大)・山本高至村田英一京大)・田野 哲岡山大)・守倉正博吉田 進京大CS2012-40
本稿では,双方向中継通信路におけるLDPC (Low Density Parity Check) 符号を適用した物理層ネ... [more] CS2012-40
pp.95-100
CAS, CS, SIP
(共催)
2012-03-08
10:55
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 PNC-OFDMのマルチプルアクセスリンクにおけるプレコーディングの一考察
梅原大祐京都工繊大)・山本高至村田英一京大)・田野 哲岡山大)・守倉正博吉田 進京大CAS2011-124 SIP2011-144 CS2011-116
双方向無線中継通信路に対して,物理層ネットワークコーディング(Physical-Layer Network Coding... [more] CAS2011-124 SIP2011-144 CS2011-116
pp.97-102
SR, RCS, SRW
(併催)
2012-03-08
10:25
神奈川 YRP 送信ビームフォーミングを用いたMIMO双方向中継の実験
ヴァ ヴッター水谷圭一木田祐太郎阪口 啓荒木純道東工大)・宮本健宏日本電業工作SR2011-125
近年,ユティリティネットワークやセンサーネットワークの通信基盤としてマルチホップ中継ネットワークが注目されている.しかし... [more] SR2011-125
pp.147-153
NS, RCS
(併催)
2011-12-15
15:30
山口 山口大学 双方向MIMO中継ネットワークにおける分散型電力・送受信ビーム同時最適化
タン ザカンリンドラ ラマモンジソン阪口 啓荒木純道東工大NS2011-131 RCS2011-244
大容量や高信頼性のため, 双方向MIMO中継ネットワークが注目を集めている.
本稿では双方向MIMO中継ネットワークに... [more]
NS2011-131 RCS2011-244
pp.73-77(NS), pp.69-73(RCS)
CS 2011-11-17
09:15
北海道 北海道 川湯温泉 多値CoMP物理層ネットワークコーディングによる双方向中継通信路のスループット解析
梅原大祐京都工繊大)・山本高至村田英一京大)・田野 哲岡山大)・守倉正博吉田 進京大CS2011-48
本稿では,双方向中継通信路における多値CoMP-PNC方式のMAC (Medium Access Control)層のス... [more] CS2011-48
pp.7-12
CS, SIP, CAS
(共催)
2011-03-03
09:20
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) CoMP物理層ネットワークコーディングによる双方向中継通信路の通信路容量
梅原大祐田野 哲守倉正博山本高至村田英一吉田 進京大CAS2010-103 SIP2010-119 CS2010-73
本稿では,コヒーレントCoMP (Coordinated Multi-Point)による無線分散ネットワークに適した物理... [more] CAS2010-103 SIP2010-119 CS2010-73
pp.7-12
AN, USN, SR, RCS
(併催)
2010-10-27
14:20
大阪 大阪大学 Compressed Channel Sensing for Two-way Relay Network
Guan GuiUniv. of Electrical Science and Tech. of China/Tohoku Univ.)・Qun WanUniv. of Electrical Science and Tech. of China)・Fumiyuki AdachiTohoku Univ.RCS2010-110
 [more] RCS2010-110
pp.19-24
AN, USN, SR, RCS
(併催)
2010-10-28
14:30
大阪 大阪大学 [招待講演]物理層ネットワークコーディングの研究動向と今後の課題
四方博之関西大RCS2010-125 SR2010-58 AN2010-35 USN2010-31
無線通信のブロードキャスト性を活用する無線ネットワークコーディングは,
無線マルチホップネットワークにおけるスループッ... [more]
RCS2010-125 SR2010-58 AN2010-35 USN2010-31
pp.119-123(RCS), pp.129-133(SR), pp.65-69(AN), pp.65-69(USN)
SR, AN, USN
(併催)
2009-10-23
15:30
宮城 東北大学 ネットワーク符号を用いた双方向マルチホップ中継ネットワークの試作
水谷圭一東工大)・宮本健宏菅野崇理日本電業工作)・阪口 啓荒木純道東工大SR2009-70 AN2009-40 USN2009-43
近年,複数の無線中継ノードを配置して各ノード間に無線リンクを張ることによって無線ネットワークを構築する無線マルチホップ中... [more] SR2009-70 AN2009-40 USN2009-43
pp.127-133(SR), pp.119-125(AN), pp.101-107(USN)
SR 2009-07-29
13:00
東京 東工大 [技術展示]マルチチャネル双方向マルチホップ中継ネットワークの試作
水谷圭一東工大)・宮本健宏菅野崇理日本電業工作)・阪口 啓荒木純道東工大SR2009-32
無線マルチホップ中継ネットワークは従来の固定ネットワークシステムに対して,構築の柔軟性,接続性など多くの点において優れて... [more] SR2009-32
pp.61-67
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2009-03-04
14:35
神奈川 YRP 基地局連携プリコーディングを行うマルチユーザ分散アンテナシステムのための双方向伝搬路推定法の一検討
大澤良介村田英一山本高至吉田 進京大RCS2008-224
セルラに代表される集中アンテナシステムに代わるシステムとして分散アンテナシステム(DAS: Distributed An... [more] RCS2008-224
pp.71-76
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会