お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 276件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2020-03-17
16:50
京都 京都大学 大幾何マージン最小分類誤り学習法のベイズ誤り推定力に関する実験的評価
西山育宏同志社大)・渡辺秀行ATR)・片桐 滋大崎美穂同志社大PRMU2019-99
大幾何マージン最小分類誤り学習法は,標本空間内に学習標本を仮想的に増加させ,最小分類誤り確率,即ちベイズ誤りの推定精度を... [more] PRMU2019-99
pp.231-236
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2020-03-17
17:05
京都 京都大学 カーネル最小分類誤り学習法のベイズ誤り推定能力に関する実験的評価
山田浩嗣同志社大)・渡辺秀行ATR)・片桐 滋大崎美穂同志社大PRMU2019-100
カーネル最小分類誤り(KMCE: Kernel Minimum Classification Error)学習法によって... [more] PRMU2019-100
pp.237-242
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2020-03-14
10:50
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂 苦手行動の習慣化と認知トレーニングを併用した生活ナビゲーション支援システム
峰 祐佳近藤大也佐野睦夫阪工大)・大井 翔立命館大)・荒木英夫阪工大)・小山智美福添節代根塚 忍阪府障がい者自立センターWIT2019-54
高次脳機能障がい者の日常生活への復帰を目指したリハビリテーションを効率的に進めるには、片付けができない、予定をすぐに忘れ... [more] WIT2019-54
pp.85-90
IBISML 2020-03-11
11:35
京都 京都大学 動画像予測を用いた動作分類タスクの事前学習
中田秀基麻生英樹産総研IBISML2019-45
動画像は強い相関を持つ画像の集合であり、明示的なラベルなしでも利用できる有用な情報を含んでいる。われわれは、動画像の情報... [more] IBISML2019-45
pp.85-90
IBISML 2020-03-11
15:10
京都 京都大学 公平性が引き起こす敵対的攻撃に対する脆弱性
綿岡晃輝松原 崇上原邦昭神戸大IBISML2019-48
機械学習モデルを社会で活用する際に, 人種や性別に対して公平にすることは重要である. 近年, 分類器を 公平にする多くの... [more] IBISML2019-48
pp.101-105
ET 2020-03-07
13:50
香川 香川高等専門学校 視点の解釈に基づくリスクアセスメントの再定義と可視化システムによる妥当性調査
新田和也後藤田 中米谷雄介小野滋己八重樫理人林 敏浩今井慈郎喜田弘司最所圭三香川大ET2019-92
高度化・巧妙化する情報セキュリティの脅威が増す中,常時のセキュリティ対策の検討・実施,有事の際の緊急対応を専門に担うCS... [more] ET2019-92
pp.93-98
SIS 2020-03-06
15:00
埼玉 埼玉会館 音声強調ネットワークのためのSelf-Attention機構を用いた敵対的学習
杉浦陽介島村徹也埼玉大SIS2019-59
本稿は,音声強調ネットワークの性能改善に向けた新たな敵対的学習法を提案する.
提案手法では,まず生成した音声波形に対し... [more]
SIS2019-59
pp.125-129
NC, MBE
(併催)
2020-03-05
09:30
東京 電気通信大学 Adversarial Trainingの考察に基づくAdversarial Examplesへの耐性の向上
小宮山亮太服部元信山梨大NC2019-90
ニューラルネットワークは高い汎化性能が得られることから様々なタスクにて使用されている.
しかし高性能なモデルであっても... [more]
NC2019-90
pp.83-88
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-02
13:00
沖縄 沖縄産業支援センター 模擬難聴システムWHISを用いた発声訓練音声の発声特徴量と聴覚特徴量
東山宗一吉木華子河原英紀入野俊夫和歌山大EA2019-113 SIP2019-115 SP2019-62
本研究では, 模擬難聴システムを用いた発声訓練による明瞭性変化と特徴量変化の関係について調査した. 発声された音声の特徴... [more] EA2019-113 SIP2019-115 SP2019-62
pp.71-76
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-03
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター [ポスター講演]日本語end-to-end音声合成を用いた韻律シンボル教示とその音響的実現に関する音声教育的考察
吉澤風希東大)・熊野 正NHK)・峯松信明東大)・栗原 清NHKEA2019-137 SIP2019-139 SP2019-86
日本語教育における韻律シンボル教示の効果を検討するために、end-to-end音声合成システムの学習プロセスを人間の学習... [more] EA2019-137 SIP2019-139 SP2019-86
pp.207-212
HIP, ASJ-H
(共催)
2020-02-16
12:40
沖縄 琉球大学医学部 バーチャルリアリティを用いた一次救命処置訓練システムの開発
渡辺皓太早大)・神長伸幸ミイダス)・菊池英明早大HIP2019-91
本研究では,バーチャルリアリティ環境で一次救命処置訓練ができるシステムを開発した.本システ ムの特徴は,ユーザの発話音声... [more] HIP2019-91
pp.73-78
MI 2020-01-29
10:05
沖縄 沖縄県青年会館 正常データセットの教師なし学習に基づく病変検出支援システム画像特徴量の汎用的生成に関する検討 ~ 少規模なデータセットを用いた特徴量生成の実験的検証 ~
牛房和之根本充貴木村裕一永岡 隆山田誉大田中敦子近畿大)・林 直人東大医学部附属病院MI2019-68
コンピュータ検出支援(CADe)システムにおいて画像特徴量は重要な要素である.本研究では,特徴量の病変や医用画像モダリテ... [more] MI2019-68
pp.15-18
MI 2020-01-30
13:25
沖縄 沖縄県青年会館 病理画像の染色変換に本質的な特徴の抽出と可視化の試み
古賀諒一橋本典明横田達也名工大)・中黒匡人高野 桂中村栄男名大医学部附属病院)・竹内一郎本谷秀堅名工大MI2019-116
本稿では病理画像の染色変換手法を提案する.悪性リンパ腫の HE 染色病理画像にはがん領域と非がん領域が含まれており,HE... [more] MI2019-116
pp.215-218
ET 2020-01-25
11:20
和歌山 和歌山県JAビル 教員養成段階における実践的指導力の育成を目指した模擬授業の在り方 ~ 教師行動の量的分析に着目して ~
後藤壮史王寺小)・大井 翔立命館大ET2019-71
本研究では,実際の授業と模擬授業における教師行動の違いを明らかにし,より実践的な模擬授業の在り方を検討することを目的とし... [more] ET2019-71
pp.11-14
NLP, NC
(併催)
2020-01-24
13:50
沖縄 宮古島マリンターミナル エッジAIに向けた三値バックプロパゲーション法とそのFPGA実装
金子竜也山岸善治百瀬 啓浅井哲也北大NLP2019-95
本論文は,エッジAIに向けたニューラルネットワーク(NN)の学習アルゴリズムとそのFPGA実装に関するものである.
N... [more]
NLP2019-95
pp.53-58
EA 2019-12-12
13:00
福岡 九州工業大学戸畑キャンパス(北九州市) [招待講演]聴能形成 ~ 九州大学における音響技術者のための音響教育プログラム ~
河原一彦九大EA2019-68
聴能形成は,音響技術者のための,音の物理的な性質とその音の聴覚印象の対応をとる聴覚訓練,イヤートレーニングの一つである。... [more] EA2019-68
pp.17-22
SR 2019-12-05
13:50
沖縄 石垣市民会館(石垣島) [ポスター講演]Self-trainingを用いた半教師あり学習によるeNodeBログデータの品質状態解析に関する研究
吉田祥太東京都市大)・諸星敦史富士通エフサス)・塩本公平東京都市大)・エン チンラムバックスタッド セバスチャンエリクソン・ジャパンSR2019-92
年々トラフィックの増大するLTEネットワークにおいて,その基地局であるeNodeBに障害が発生した際に早急に原因を突き止... [more] SR2019-92
pp.29-36
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2019-12-04
14:55
東京 産総研臨海副都心センター(東京) 医療福祉教育共用を目指した言語機能訓練支援システムの開発
佐久間実緒仙台高専)・小野重遥北陸先端大)・佐久間千恵金上病院)・○與那嶺尚弘沖縄高専WIT2019-37
言語聴覚士の言語訓練のリハビリテーションの準備・管理にかかる負担を軽減するために,Androidタブレット端末を用いた言... [more] WIT2019-37
pp.39-44
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
10:30
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]呼制御プロトコルにおけるエラー自動識別手法
兎本圭脩阿多信吾阪市大)・千村保文中村信之八百健嗣OKI
IP 電話の利用者は増加し,呼制御部分ではさまざまな要因によりエラーが発生する.エラーを識別し分析 することで端末間の相... [more]
AP, RCS
(併催)
2019-11-21
09:50
佐賀 佐賀大学 増幅器の利得変動に対処した自己干渉キャンセラの部分的再学習
石井建至小松和暉宮路祐一上原秀幸豊橋技科大RCS2019-215
帯域内全二重は,周波数利用効率とスループットの改善が期待されるが,その実現には自己干渉の除去が必須である.これまでに提案... [more] RCS2019-215
pp.73-78
 276件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会