電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD 2016-03-01
11:20
沖縄 沖縄県青年会館 タイミングエラー耐性を持つAES暗号回路の設計
吉田慎之介史 又華柳澤政生戸川 望早大VLD2015-123
近年,情報化の進展に伴い暗号回路の重要性が増加している.AESは理論的に安全な暗号技術として広く知られているが,クロック... [more] VLD2015-123
pp.73-78
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2016-01-21
13:25
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 動的遅延ばらつきに対する適応性を考慮したフロアプラン指向高位合成手法の検討
井川昂輝柳澤政生戸川 望早大VLD2015-105 CPSY2015-137 RECONF2015-87
本稿では,動的遅延ばらつき対する適応性を考慮した高位合成手法を提案する.製造ばらつきに対して提案されたマルチシナリオ高位... [more] VLD2015-105 CPSY2015-137 RECONF2015-87
pp.209-214
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2015-12-03
12:05
長崎 長崎県勤労福祉会館 タイミングエラー予測回路によるデータ依存最適化回路設計とそのFPGA評価
川村一志柳澤政生戸川 望早大VLD2015-66 DC2015-62
LSI内部のパス遅延及び遷移確率は入力データに応じて様々に変動する.
この性質を利用することで計算精度をわずかに落とし... [more]
VLD2015-66 DC2015-62
pp.183-188
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2014-11-26
09:40
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) タイミングエラー予測回路による再構成可能デバイス上でのデータ依存最適化回路設計
川村一志阿部晋矢史 又華柳澤政生戸川 望早大VLD2014-80 DC2014-34
LSI内部の各パス遅延は入力データに応じて様々に変動する.
この性質を利用することで,計算精度をわずかに落としながらも... [more]
VLD2014-80 DC2014-34
pp.51-56
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2014-11-26
10:05
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) 回路面積を考慮したSuspicious Timing Error Prediction回路の挿入位置決定手法の改良と評価
吉田慎之介史 又華柳澤政生戸川 望早大VLD2014-81 DC2014-35
近年,半導体技術の進展に伴いタイミングエラー発生の危険性が増加している.STEPはタイミングエラーを事前に予測できる手法... [more] VLD2014-81 DC2014-35
pp.57-62
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-27
14:55
鹿児島 鹿児島県文化センター チェックポイント観測によるタイミングエラー予測手法
五十嵐博昭史 又華柳澤政生戸川 望早大VLD2013-67 DC2013-33
プロセス技術の微細化によりLSIのタイミング設計が難しくなっており,タイミングエラー対策手法の重要性が高まっている.既存... [more] VLD2013-67 DC2013-33
pp.39-44
NS, RCS
(併催)
2010-12-17
13:40
岡山 岡山大学 Opportunisticな路車通信における車両の移動予測を用いた送信タイミング制御の性能評価
青木 良久保広行新熊亮一高橋達郎京大NS2010-136
近年の目覚ましい無線通信技術の進歩により,高速無線通信を用いて,いつでも,どこでもネットワークに接続することが可能な環境... [more] NS2010-136
pp.185-190
SP 2008-10-23
17:00
熊本 熊本大 Model-based duration analysis on English natives and Thai learners
Chatchawarn HansakunbuntheungWaseda Univ.)・Hiroaki KatoATR)・Yoshinori SagisakaWaseda Univ.SP2008-62
This paper presents an English timing evaluation method to c... [more] SP2008-62
pp.37-40
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会