お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, ICTSSL, NWS
(連催)
2020-10-22
14:25
ONLINE オンライン開催 データ蓄積のための情報フローティングのモデル化に関する考察
中野敬介新潟大)・宮北和之新潟国際情報大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
RCS 2019-06-20
14:50
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 非線形自己干渉キャンセラのための二次元正規直交ラゲール多項式を用いた理論的性能解析
小松和暉宮路祐一上原秀幸豊橋技科大RCS2019-76
帯域内全二重通信は周波数利用効率を向上させるが,実現するためには自己干渉の除去が必要である.自己干渉は送信機や受信機の増... [more] RCS2019-76
pp.239-244
ICTSSL 2019-05-30
15:00
北海道 北海道中小企業会館 情報フローティングによる情報の蓄積に関する考察
中野敬介宮北和之柄沢直之新潟大)・田村 裕中大ICTSSL2019-1
情報フローティングとは,移動体同士の直接無線通信を送信可能エリアと呼ばれる領域だけで行うことにより,不必要な情報拡散を防... [more] ICTSSL2019-1
pp.1-6
RCS, AP
(併催)
2018-11-21
10:40
沖縄 沖縄産業支援センター 非線形自己干渉キャンセラのためのラゲール陪多項式を用いた理論的性能解析
小松和暉宮路祐一上原秀幸豊橋技科大RCS2018-194
帯域内全二重通信は周波数利用効率を向上させるが,実現するためには自己干渉の除去が必要である.
自己干渉は送信機や受信機... [more]
RCS2018-194
pp.97-102
ICTSSL 2018-07-18
10:50
東京 NTT武蔵野研究開発センター [記念講演]情報フローティングと交通制御に関する研究
宮北和之中野敬介新潟大ICTSSL2018-24
エピデミック通信とは,移動端末間の直接無線通信と端末の移動により情報を拡散して宛先に情報を伝える手法である.情報フローテ... [more] ICTSSL2018-24
pp.45-50
RCS 2017-04-25
09:25
香川 ことひら温泉 琴参閣 無線共存ネットワークのための再送付き受信機駆動型MACプロトコルの性能解析
田邉 稜石橋功至電通大)・川田拓也相澤礼奈東京ガスRCS2017-16
端末間の時間同期を必要とせず,効率的な間欠通信を実現するプロトコルとしてIRDT(Intermittent Receiv... [more] RCS2017-16
pp.77-82
ICTSSL 2017-03-02
13:55
新潟 新潟大学 情報フローティングによる交通制御に関する考察
宮北和之中野敬介新潟大ICTSSL2016-70
エピデミック通信における移動端末同士の直接通信を限られた領域(送信可能領域:TA)だけで行わせることにより,特定の領域に... [more] ICTSSL2016-70
pp.5-10
RCS, SR, SRW
(併催)
2017-03-02
09:50
東京 東京工業大学 システムレベルにおけるOFDMとSC-FDEの理論通信路容量比較評価に関する検討
齋藤周平菅沼碩文前原文明早大SRW2016-87
OFDMとSC-FDEは,ガードインターバルを用いたブロック伝送により周波数選択性フェージングを効果的に抑圧できることか... [more] SRW2016-87
pp.111-116
CAS, NLP
(共催)
2016-10-28
11:00
東京 日立中央研究所 [招待講演]移動ネットワーク問題に関する基礎研究 ~ 情報フローティングの性能評価 ~
宮北和之中野敬介新潟大CAS2016-54 NLP2016-80
移動端末間の直接無線通信と端末の移動により情報を拡散して宛先に情報を伝える手法として,エピデミック無線通信がある.エピデ... [more] CAS2016-54 NLP2016-80
pp.85-90
WBS 2016-10-06
13:00
神奈川 防衛大学校 [ポスター講演]SC-FDEにおける誤り訂正を考慮した理論ビット誤り率の解析に関する一検討
齋藤周平菅沼碩文前原文明早大WBS2016-42
SC-FDEはPAPRを低く抑えつつ,周波数選択性フェージングを克服できることから,低コストな送信機構成が求められる広帯... [more] WBS2016-42
pp.59-63
CAS 2016-01-29
11:30
東京 機械振興会館 インフォメーションフローティングにおける移動体の行動変化と性能評価
中野敬介宮北和之新潟大CAS2015-74
エピデミック無線通信とは,移動端末間の直接無線通信と情報をもつ端末の移動により情報を拡散して宛先に情報を伝えるという手法... [more] CAS2015-74
pp.73-78
RCS, SR, SRW
(併催)
2015-03-04
10:50
東京 東京工業大学 トレリスシェイピングされたM-QAM変調信号の受信誤り率に関する理論的検討
吉沢竜太落合秀樹横浜国大RCS2014-312
トレリスシェイピング(TS: Trellis Shaping)は,1992年にForneyによってQAM変調信号の平均電... [more] RCS2014-312
pp.65-70
NS, IN
(併催)
2014-03-07
14:30
宮崎 宮崎シーガイア HetNetにおける高品質な通信を実現する快適経路の解析モデル提案とその実機検証
金井謙治甲藤二郎早大)・村瀬 勉NECNS2013-268
我々は,高品質な通信を実現する快適経路の解析モデル提案をこれまで行ってきた.本稿では,より現実的な環境下として,HetN... [more] NS2013-268
pp.531-536
WBS, MICT
(併催)
2013-07-09
13:00
高知 高知市文化プラザかるぽーと [ポスター講演]非線形ひずみ存在下における受信ダイバーシチを適用したアップリンクOFDMA信号の理論BERの導出法
西村 慶竹渕翔矢前原文明早大WBS2013-17
OFDM信号は周波数利用効率に優れており,ガードインターバルを用いて周波数選択性フェージングの影響を抑圧できる反面,高い... [more] WBS2013-17
pp.21-26
RCS, SR, SRW
(併催)
2013-03-01
15:30
東京 早稲田大学 非線形増幅を伴うアップリンクOFDMA信号の理論BERの導出法に関する検討
西村 慶竹渕翔矢前原文明早大RCS2012-353
OFDM信号は周波数利用効率に優れており,ガードインターバルを用いて周波数選択性フェージングの影響を抑圧できる反面,高い... [more] RCS2012-353
pp.411-416
EMM 2013-01-30
14:10
宮城 東北大学 加法と乗法のハイブリッド電子透かしの性能に対する理論的評価
池田成吾吉田真紀藤原 融阪大EMM2012-104
画像への電子透かしの性能に関する主要な要件は,透かし入り画像の画質と透かし検出の正しさの向上である.我々はこれまでに,加... [more] EMM2012-104
pp.77-82
NS, IN
(併催)
2012-03-09
15:40
宮崎 宮崎シーガイア 多点観測型移動ターゲット捕捉センサネットワークの性能解析
前田祐樹川原憲治九工大IN2011-190
センサネットワークの主要なアプリケーションとして移動ターゲット捕捉がある.これまで,省電力化を考慮するために各センサノー... [more] IN2011-190
pp.317-322
SAT, RCS
(併催)
2010-08-26
14:20
鹿児島 鹿児島大学 基地局協調セルラーシステムの理論的解析
赤岩芳彦電通大RCS2010-85
基地局協調マルチセル環境下におけるセルラーシステムの特性を理論的に解析した.電波伝搬モデルとして,距離減衰,シャドウイン... [more] RCS2010-85
pp.43-48
IT, ISEC, WBS
(共催)
2010-03-05
09:50
長野 信州大学長野(工学)キャンパス 非線形増幅を伴う連続時間OFDM信号の理論ビット誤り率特性
後藤侑一郎山北晃大前原文明早大IT2009-117 ISEC2009-125 WBS2009-96
OFDM信号は周波数利用効率に優れており,ガードインターバルを用いて周波数選択性フェージングの影響を抑圧できる反面,
... [more]
IT2009-117 ISEC2009-125 WBS2009-96
pp.301-305
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2010-03-04
11:10
神奈川 YRP 基地局連携マルチユーザMIMOにおけるユーザ組合せ選択法
草島直紀ガルシア イアン阪口 啓荒木純道東工大)・金子尚史岸 洋司KDDI研RCS2009-290
従来のセルラネットワークではセル端における端末の通信品質の劣化が問題となっており,解決技術の一つとして基地局連携マルチユ... [more] RCS2009-290
pp.185-190
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会