お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 76件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SC 2022-05-27
15:10
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]A Transformer for Long Medical Documents
Cherubin MugishaIncheon PaikUoASC2022-8
Natural language processing models are advancing technology ... [more] SC2022-8
pp.43-53
CQ, CS
(併催)
2022-05-12
14:45
福井 福井 (福井県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
研究会発表題名分析にみるサービス品質研究の動向
山崎達也新潟大CQ2022-6
インターネット上の通信サービスが開始された頃より,コミュニケーションクオリティ(CQ)研究専門委員会は活動を始動し,通信... [more] CQ2022-6
pp.26-31
KBSE 2022-03-09
14:35
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 火災状況の自動理解のためのオントロジー構築に向けた出火原因の自動検出
松場建都中村匡秀神戸大)・佐伯幸郎高知工科大KBSE2021-45
神戸市消防局の作成している火災調査報告書には,出火原因や,火災に至った問題点などの情報が含まれているが,これらの情報を集... [more] KBSE2021-45
pp.24-29
NLC 2021-09-16
10:50
ONLINE オンライン開催 ブラウザベースのテキストマイニングによる共起ネットワーク可視化・分析システムの提案
安武 凌東京電機大)・野中健一立教大)・岩井将行東京電機大NLC2021-9
近年KH Coderやユーザーローカルのテキストマイニングツールなど,様々なテキストマイニングツールが開発されている.文... [more] NLC2021-9
pp.17-19
MVE, IMQ, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2021-03-01
09:20
ONLINE オンライン開催(崇城大学から変更) 時系列を考慮したモバイルユーザのコンテキスト分析と推定手法の比較検討
清水寛生菅沼 睦亀山 渉早大CQ2020-107
近年,顧客行動分析等の分野において,モバイルユーザの行動分析への需要が高まっている.筆者らの研究では,生体情報を含むセン... [more] CQ2020-107
pp.1-5
NLC 2021-02-18
10:30
ONLINE オンライン開催 被害状況判断のための災害時ツイート分類および特徴分析による改良
及川佑人プタシンスキ ミハウ桝井文人北見工大NLC2020-22
災害時の救助活動において有用なツイートを抽出する研究が盛んに行われている.これまでの研究では,特定の住所や場所を含むツイ... [more] NLC2020-22
pp.7-12
NLC 2021-02-18
13:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]4半世紀にわたるテキストマイニングの歩みの振り返りと今後の展望
那須川哲哉日本IBMNLC2020-25
大量のテキストデータから有益な知識を獲得しようというテキストマイニングは,1990年代中頃から取り組みが盛んになり,イン... [more] NLC2020-25
p.23
ICM 2020-03-03
14:50
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
[奨励講演]機械学習を用いたネットワーク保守センター向け回答推奨システムの拡張
小島祐治富士通)・山下真司富士通研)・藍 高棠青木泰彦富士通)・上原洋之富士通ネットワークソリューションズ)・若尾 学林 真佐雄富士通ICM2019-61
ネットワーク保守センターは,ネットワーク機器の故障発生時におけるユーザからの問合せ(メール文面,及び,機器ログ)に対して... [more] ICM2019-61
pp.111-116
IA 2019-11-15
11:00
東京 関西学院大学 東京丸の内キャンパス(サピアタワー) Information Retrieval with Natural Language Processing for Disease Detection using Wikipedia Database
Wanchaloem NaddaWaraporn BoonchiengEkkarat BoonchiengCMUIA2019-38
Nowadays, the detection of disease from symptoms is importan... [more] IA2019-38
pp.65-66
ICM 2019-07-12
09:50
北海道 旭川市国際会議場 機械学習を用いたネットワーク保守センター向け回答推奨システムの開発
山下真司富士通研)・小島祐治青木泰彦富士通)・上原洋之富士通ネットワークソリューションズ)・若尾 学林 真佐雄富士通ICM2019-17
ネットワーク保守センターは,ネットワーク機器の故障発生時におけるユーザからの問合せ(主にメール文面)に対して,原因分析を... [more] ICM2019-17
pp.65-70
SS 2019-03-04
14:45
沖縄 沖縄産業支援センター 機械学習による要求文書からの開発バックログ作成支援
石塚 凌鷲崎弘宜早大)・斎藤 忍應治沙織NTTSS2018-62
システム運用の過程で利用者から大量の要望(チケット)が寄せられる.システム開発者は寄せられたチケットの中から次期開発で必... [more] SS2018-62
pp.61-66
AI 2018-12-07
13:25
福岡 九州大学 伊都キャンパス 情報学分野における文献調査のための関連語推薦
安川美智子群馬大AI2018-26
近年,出版される論文が膨大な数となっており,重要な論文を発見するための手がかりとなる情報が必要である.本稿では情報学分野... [more] AI2018-26
pp.5-10
NLC, IPSJ-DC
(連催)
2018-09-06
14:00
東京 成蹊大学 顧客理解のためのテキストアナリティクスとデータマイニングの融合分析(原稿なし)
市瀬 眞NTTドコモNLC2018-14
お客さまから日々頂くお問い合わせやご意見,ご要望といった“お客さまの声(VoC:Voice of Customer)”を... [more] NLC2018-14
pp.31-36
NLC, IPSJ-DC
(連催)
2018-09-07
14:00
東京 成蹊大学 機械学習とテキストマイニングの組合せによる知識探索 ~ 地域ブランディングに関する新聞記事の内容分析 ~
大森寛文明星大NLC2018-22
本研究の目的は,機械学習とテキストマイニングの組合せによる知識探索方法について考察することである.今日,大量のデータを反... [more] NLC2018-22
pp.85-90
DE 2018-06-22
10:10
東京 株式会社LIFULL [ショートペーパー]ヒット商品による株価上昇のパターン分析 ~ ラブライブの場合 ~
田代壮馬白田由香利学習院大DE2018-1
 [more] DE2018-1
pp.1-4
EMM 2017-11-07
10:25
鹿児島 鹿児島大学 稲盛アカデミー棟 EMMの講演データの簡単な解析 ~ 2011年5月から2017年3月まで ~
日置尋久京大EMM2017-62
本稿では,2011年度から2016年度までにEMM研究会で発表された講演データについて調査,分析した結果を示す.具体的に... [more] EMM2017-62
pp.39-44
NLC 2017-09-07
10:10
東京 成蹊大学 ピンポイントフォーカス型テキストマイニング手法の研究
菰田文男埼玉学園大)・中山厚穂首都大東京NLC2017-13
テキストマイニングには出現頻度の多い語に着目しテキスト全体の捉える鳥瞰図描画型と,出現頻度は少ないが特定の文脈で重要な意... [more] NLC2017-13
pp.1-6
NLC 2017-09-08
14:00
東京 成蹊大学 ニュース配信システムにおけるパーソナライズの設計と導入
米田 武久保光証関 喜史GunosyNLC2017-28
ニュース推薦システムのパーソナライズは更新性やログの偏りにより困難を伴う事が知られている. 本研究では, 単語の分散表現... [more] NLC2017-28
pp.71-74
NLC 2017-09-08
16:45
東京 成蹊大学 決算短信からの業績要因文の抽出
酒井浩之松下和暉成蹊大NLC2017-33
本研究では、決算短信から業績要因を含む文(例えば「半導体製造装置の受注が好調でした。」)を抽出する手法を提案する.決算短... [more] NLC2017-33
pp.87-91
NLC, IPSJ-IFAT
(連催)
2017-02-10
15:10
大阪 大阪・梅田 ティーオージー会議室 Dating Serviceのデータを用いたWord2Vecによる趣味・嗜好の類似度算出
明畠利樹中西健太郎岩本拓也ミクシィNLC2016-51
Dating Serviceはユーザがインターネットを通じて,恋人になりうる相手を探せるサービスである.
従来のDat... [more]
NLC2016-51
pp.81-84
 76件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会