電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 472件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EST 2020-01-30
14:50
大分 別府国際コンベンションセンター(小会議室31) 数値解析に基づくマラソン中の生理応答推定と完走率の関係
神谷俊樹平田晃正名工大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
EID, ITE-IDY, IEE-EDD
(連催)
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-23
13:50
鳥取 鳥取大鳥取キャンパス [ポスター講演]Eu3+付活複合酸化物赤色蛍光体のPL温度特性と電荷移動状態(CTS)の相関性
川島美沙木下 顕早馬拓哉中本広大石垣 雅鳥取大)・國本 崇徳島文理大)・大観光徳鳥取大EID2019-7
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] EID2019-7
pp.37-40
EA, US
(併催)
2020-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]進行波型熱音響システムにおけるエネルギー変換に関する検討 ~ スタック内部温度分布と仕事流生成量の関係 ~
川島裕斗同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・大西 陸倉田侑弥白木一希黒木大地渡辺好章同志社大US2019-82
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] US2019-82
pp.67-72
OFT 2020-01-17
09:50
愛知 自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター グレーデッドインデックス型フォトニック結晶ファイバを用いた温度・歪みセンサの理論検討
横田浩久井関柊斗今井 洋茨城大OFT2019-54
半径方向にα乗の空孔径分布を有するグレーデッドインデックス型フォトニック結晶ファイバ(GI-PCF)は,等価屈折率分布が... [more] OFT2019-54
pp.39-42
OME 2019-12-20
16:50
佐賀 アバンセ(佐賀市:佐賀駅徒歩10分) [招待講演]pHおよび温度を感知して自律拍動する高分子カプセルの創製
成田貴行高﨑夕希本田貴浩大石祐司佐賀大OME2019-47
生体内では心臓の自己振動運動や細胞間通信におけるカルシウムシグナル等、多くのリズミカルな活動が観察される。そのような活動... [more] OME2019-47
pp.49-52
NC, MBE
(共催)
2019-12-06
13:25
愛知 豊橋技術科学大学 固有顔を用いた顔面熱画像の領域分割アルゴリズムの提案
羽角祐樹大岩孝輔野澤昭雄青学大MBE2019-62 NC2019-53
近年,非接触的生体計測指標の1つとしてサーモカメラにより非接触的に取得することのできる顔面皮膚温が提案されている.顔面各... [more] MBE2019-62 NC2019-53
pp.101-105
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催)
(連催) [詳細]
2019-11-22
09:55
山口 海峡メッセ下関 べき乗間隔で配列されたパルスにより生成されるコム状ブリルアンスペクトル
大川美優川上翔平三宅大樹伊藤文彦島根大OFT2019-40
べき乗間隔で配置された短パルス列をポンププローブ光として使用する相関解析法を提案する.提案するパルス列によって生じる利得... [more] OFT2019-40
pp.23-27
QIT
(第二種研究会)
2019-11-19
10:40
東京 学習院大学 マルコフおよび非マルコフ過程のもとでの単一モード・ガウシアン状態の温度とエントロピー生成率
青木隆明産総研/東大)・松崎雄一郎産総研
多数の量子調和振動子(環境)と結合した,一個の量子調和振動子(着目系)を解析する.全系をガウシアン状態に限定することによ... [more]
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-13
15:00
愛媛 愛媛県男女共同参画センター 超低電圧向けオンチップリークモニタ型温度センサ回路の提案と評価
佐藤大介宇佐美公良芝浦工大VLD2019-33 DC2019-57
微細化によるリーク電流の増加は、低消費電力が要求されるデバイスでは大きな問題である。リーク電流は温度に対して指数関数的に... [more] VLD2019-33 DC2019-57
pp.45-50
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-13
15:25
愛媛 愛媛県男女共同参画センター MOSFETの統計的選択によるレファレンス不要なCMOS温度センサの設計
原田彰吾イスラム マーフズル久門尚史和田修己京大VLD2019-34 DC2019-58
近年,限られた電力のもとで動作するシステムにおいて,低消費電力の温度センサが求められている.
${rm mu W}$未... [more]
VLD2019-34 DC2019-58
pp.51-56
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-14
09:15
愛媛 愛媛県男女共同参画センター 単発DCストレス測定による負バイアス温度不安定性のAC特性を再現可能なモデル
保坂 巧埼玉大)・西澤真一福岡大)・岸田 亮東京理科大)・松本高士東大)・小林和淑京都工繊大VLD2019-35 DC2019-59
本論文ではコンパクトな負バイアス温度不安定性(NBTI)モデルを提案する.提案モデルは反応拡散(tn)およびホールトラッ... [more] VLD2019-35 DC2019-59
pp.57-62
US 2019-11-11
13:25
静岡 静岡大学 超音波照射による油中の温度に与える影響
山田悠太郞愛知工大)・畑中信一電通大)・佐藤正典本多電子)・小塚晃透愛知工大US2019-58
超音波を媒質中に伝搬させることにより、媒質を加熱することが可能である。また、任意の箇所を遠隔で局所加熱することができれば... [more] US2019-58
pp.7-10
CPM 2019-11-07
15:25
福井 福井大学 文京キャンパス 触媒反応支援CVD法におけるZnO膜への窒素ドーピング
伊庭竜太神林広樹安達雄大長岡技科大)・大石耕一郎片桐裕則長岡高専)・安井寛治長岡技科大CPM2019-47
我々は、白金(Pt)ナノ粒子表面での水素と酸素の燃焼反応により生成した高エネルギーH2Oと有機金属ガス(DMZn)を気相... [more] CPM2019-47
pp.15-19
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2019-10-24
12:55
宮城 東北学院大学(工学部1号館3階第2会議室) 都市空間における熱中症リスク評価に関する検討
神谷俊樹平田晃正名工大)・大西 領海洋研究開発機構EMCJ2019-43 MW2019-72 EST2019-51
暑熱環境などの熱ストレスが人体に与えるリスクを定量的に評価するためには,体温上昇,発汗などの時間変化を把握することが重要... [more] EMCJ2019-43 MW2019-72 EST2019-51
pp.39-44
MRIS, ITE-MMS, IEE-MAG
(連催)
2019-10-18
11:30
福岡 九州大学 (西新プラザ) パラジウム水素化物の作製およびその超伝導転移の観測
廣田壮平司 文稲垣祐次河江達也九大MRIS2019-32
PdHxは水素濃度x(x = H/Pd)が0.75以上になると超伝導が出現することが,1970年代の初めに報告されている... [more] MRIS2019-32
pp.101-104
OFT 2019-10-11
11:55
新潟 駅まえオフィス貸会議室(新潟) 光ファイバ温度分布計測装置の最近の適応事例
永井竜二橋場圭一湯 京龍住友電工OFT2019-37
今日、ラマン散乱光を利用した光ファイバ温度分布計測装置(弊社登録商標:オーピサーモ、OPTHERMO)は電力ケーブルやイ... [more] OFT2019-37
pp.27-31
AI 2019-09-13
15:50
鹿児島 霧島自然ふれあいセンター 敵対的物理モデル損失を用いた海水表面温度画像のノイズ除去と欠損修復
平原暢之薗頭元春笠原秀一飯山将晃京大AI2019-24
海水表面温度の情報は海に関わる産業にとって有用な情報であり,人工衛星からのセンシングによってリアルタイムかつ広範囲な計測... [more] AI2019-24
pp.31-36
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2019-08-29
16:50
北海道 道東経済センタービル [招待講演]シリカガラスのガラス形成過程とファイバの低損失化
齋藤和也豊田工大OCS2019-24
光ファイバの低損失化はファイバ通信の根源的な課題の1つであり、多くの研究が行われて低損失化が進められてきたが、近年の情報... [more] OCS2019-24
pp.23-28
MW
(第二種研究会)
2019-06-26
- 2019-06-28
海外 RUS(タイ・バンコク) Design of a 30GHz band Coplanar type H-slot Resonator with High Temperature Superconductor
Shota KanaotoYoshinori KogamiTakashi ShimizuUtsunomiya Univ.
A narrowband millimeter wave bandpass filter (BPF) with low ... [more]
US 2019-05-20
15:15
東京 機械振興会館 ゾルゲル複合体超音波トランスデューサにおける非圧電体ゾルゲル相の影響
小林牧子前田大地熊本大US2019-13
ゾルゲル複合体はその耐熱性から高温用超音波トランスデューサとしての応用が期待されている.ゾルゲル複合体は粉体相とゾルゲル... [more] US2019-13
pp.23-26
 472件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会