お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMM 2021-03-05
10:20
ONLINE オンライン開催 味に関する視覚的主観評価決定要因の機械学習モデルによる分析
佐藤好幸東北大)・松原和也和田有史立命館大)・坂井信之塩入 諭東北大EMM2020-77
本研究では,食べ物画像を見たときの,味の視覚的判断に関するヒトの主観的評価(甘そうか,辛そうかなど)に関する実験を行い,... [more] EMM2020-77
pp.58-62
MVE, IMQ, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2021-03-01
16:05
ONLINE オンライン開催(崇城大学から変更) ディープラーニングを用いた料理画像から味の予測システム
吉岡明信陳 キュウ工学院大IMQ2020-17 IE2020-57 MVE2020-49
近年,ソーシャルメディア等には大量の料理画像が掲載され,人々の生活に身近な存在になっている.しかし,自分が知らない料理の... [more] IMQ2020-17 IE2020-57 MVE2020-49
pp.34-39
HIP, ASJ-H
(共催)
2020-02-16
10:25
沖縄 琉球大学医学部 Effects of modulated facial expression feedback on taste perception
Rong MaKatsunori OkajimaYNUHIP2019-88
 [more] HIP2019-88
pp.57-61
NS 2019-01-17
14:50
長崎 長崎県美術館 ユーザの嗜好に基づくキャッシュ制御の一検討
北村 司関西大)・上山憲昭福岡大)・山本 幹関西大NS2018-180
近年,インターネットトラヒックの大部分はYouTubeやNetFlixなどの動画トラヒックが占めている.そこで,オリジナ... [more] NS2018-180
pp.13-18
NC, MBE
(併催)
2018-12-15
13:25
愛知 名古屋工業大学 眼窩前頭皮質における味覚ワーキングメモリの神経機構
アンタケ チャダーポーン 玲羅樫森与志喜電通大NC2018-32
味識別は,栄養の摂取や危険な食べ物の回避など,生命活動にとって重要な機能である.近年の研究では,遅延見本合わせのタスクを... [more] NC2018-32
pp.23-28
CPM 2018-08-10
09:50
青森 弘前大学文京町地区キャンパス アンケート分析によるエゾシカ肉の旨味評価と電気的測定評価との関連
武山真弓北見工大)・横川慎二電通大)・佐藤 勝安井 崇北見工大CPM2018-15
エゾシカの頭数増加による農林業被害を減少させるために、エゾシカの利活用が積極的に検討されている。しかし、その需要は大きく... [more] CPM2018-15
pp.33-38
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-08
14:30
沖縄 沖縄産業支援センター 画像付き料理レシピからの味推定の改良 ~ 調理手順の利用に関する検討 ~
伊藤耀一朗名大)・道満恵介中京大)・川西康友平山高嗣井手一郎出口大輔村瀬 洋名大IMQ2017-35 IE2017-127 MVE2017-77
料理レシピがもつ、料理の完成画像の画像特徴、食材一覧を基にした素材特徴、レシピテキスト上の調理手順中の動詞を基にした手順... [more] IMQ2017-35 IE2017-127 MVE2017-77
pp.59-60
ITE-HI, ITE-CE
(共催)
HIP
(連催) [詳細]
2016-12-21
14:00
宮城 東北大学電気通信研究所 レモン飲料の味知覚,嗜好性における,酸および糖の交互作用について
丸山弘明東北大/サッポロホールディングス)・荒木茂樹サッポロホールディングス)・坂井信之東北大HIP2016-71
私たちは, 味覚の他, 様々な感覚を複合的に用いて食品の味を知覚している. レモンは爽やかな香りと強い酸味を風香味に持つ... [more] HIP2016-71
pp.49-52
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと 美味しいと機能を感じない ~ 機能性飲料に対する信念と味評価 ~
本田秀仁堀江 麗植田一博東大
機能性飲料に対する信念と味評価について、WEB調査と行動実験に基づいて検討を行った。具体的には機能性炭酸飲料を題材として... [more]
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2016-03-07
15:30
沖縄 名桜大 飲料の彩度変化が味の濃さと明瞭さに与える影響
西村幸泰橋田朋子早大IMQ2015-42 IE2015-141 MVE2015-69
筆者らは視覚情報を操作することで味覚を変化させることを目指し,ヘッドマウントディスプレイ上で食品の彩度を置換提示するシス... [more] IMQ2015-42 IE2015-141 MVE2015-69
pp.79-83
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2015-05-19
13:00
沖縄 沖縄産業支援センター 鏡の前だと一人で食べてもおいしく感じる
中田龍三郎名大)・久保(川合) 南海子愛知淑徳大)・川合伸幸名大HCS2015-5 HIP2015-5
他者と食を共にする(共食)とおいしさが向上するのはコミュニケーションによって気分が高まるためであると解釈されてきた。共食... [more] HCS2015-5 HIP2015-5
pp.45-48
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2015-03-03
14:00
東京 成蹊大学 6号館6階 料理画像及び素材一覧に基づく料理の食味表現推定
松長大樹名大)・道満恵介中京大)・平山高嗣井手一郎出口大輔村瀬 洋名大IMQ2014-34 IE2014-95 MVE2014-82
近年, 楽天レシピのような投稿型料理レシピサイトが普及し, Web上の料理レシピが増えている. これに対してユーザは, ... [more] IMQ2014-34 IE2014-95 MVE2014-82
pp.41-46
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2015-03-04
14:25
東京 成蹊大学 6号館6階 負電荷人工甘味料に応答する味覚センサに関する研究
岡崎広昂安浦雅人田原佑助都甲 潔九大IMQ2014-59 IE2014-120 MVE2014-107
本研究では,負電荷人工甘味料に応答する味覚センサの開発を目的として,負電荷人工甘味料に対する味覚センサの応答と,甘味料の... [more] IMQ2014-59 IE2014-120 MVE2014-107
pp.153-158
MVE, IE, IMQ, CEA
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2014-03-06
13:35
大分 別府国際コンベンションセンタ 料理レシピに対するコメントを教師信号とした学習による料理レシピの味推定に向けた検討
松長大樹名大)・道満恵介中京大)・井手一郎出口大輔村瀬 洋名大IMQ2013-37 IE2013-146 MVE2013-75
近年, 楽天レシピのような投稿型料理レシピポータルサイトが普及し, Web 上には大量の料理レシピが存在
する. 膨大... [more]
IMQ2013-37 IE2013-146 MVE2013-75
pp.71-72
MVE, IE, IMQ, CEA
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2014-03-06
15:20
大分 別府国際コンベンションセンタ [招待講演]味と匂いを測る感性バイオセンサ開発の現状と将来
都甲 潔九大IMQ2013-45 CQ2013-95 IE2013-154 MVE2013-83
味を測るセンサである味覚センサと匂いを測るセンサである匂いセンサを合わせて感性バイオセンサと呼ぶ.味覚センサの受容部は脂... [more] IMQ2013-45 CQ2013-95 IE2013-154 MVE2013-83
pp.109-112(IMQ), pp.45-48(CQ), pp.109-112(IE), pp.109-112(MVE)
MBE 2014-01-24
16:00
佐賀 佐賀大学 味・匂い・視覚のセンサ情報を用いたトマトのおいしさ評価
田原祐助志堂寺和則林 健司都甲 潔九大MBE2013-102
人間が感じる「食のおいしさ」は総合感性情報であり,味覚のみならず,嗅覚,視覚, 触覚,聴覚の寄与により表現される.我々は... [more] MBE2013-102
pp.45-48
IE, MVE
(共催)
2012-03-12
14:00
富山 富山大学 電気味覚の応用による食メディア開発
中村裕美明大)・宮下芳明明大/JSTIE2011-141 MVE2011-103
本稿は電気味覚による味質変化の食メディアへの応用について横断的に提案および考察を行ったものである.これまで電気味覚は直接... [more] IE2011-141 MVE2011-103
pp.49-54
MBE, NC
(併催)
2010-11-18
10:15
宮城 東北大学 種々の旨味溶液に対する混合脂質膜の電気・光学的応答パターン
川幡真史三澤顕次山下政司清水久恵北海道工大MBE2010-38
本研究は、旨味成分を含む種々の食品について、味のセンシング手法に関する検討を行ったものである。筆者らの従来の研究では、混... [more] MBE2010-38
pp.15-19
OME 2010-10-22
16:05
東京 NTT武蔵野研究開発センター 同一基板上マルチチャネル型味覚センサチップの開発
田原祐助池田晃裕羽原正秋都甲 潔九大OME2010-53
本研究は,同一基板上に複数の脂質膜チャネルを有する味覚センサチップの開発を目的としている.味覚センサに用いられる脂質膜は... [more] OME2010-53
pp.37-40
HIP, ITE-HI, ITE-CE
(連催)
2010-10-14
13:10
宮城 東北大学電気通信研究所 [招待講演]味は舌で感じているのだろうか? ~ マルチモーダル知覚としての「味」と「おいしさ」 ~
坂井信之神戸松蔭女子学院大HIP2010-46
我々は食物を摂取したときに感じる感覚を味覚と表現するが、これは専門的な用語(ヒトの感覚器官からみた感覚)の味覚とは異なる... [more] HIP2010-46
pp.1-4
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会