お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 102件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MWPTHz, EST, MW, EMT, OPE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2022-07-19
16:10
北海道 旭川市民文化会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
木材および石材表面によるテラヘルツ帯散乱シミュレーション
吉野理玖吉田利哉実野邦久早大)・稲垣恵三NICT)・川西哲也早大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
NLP 2021-11-19
15:45
広島 広島工業大学広島校舎201号室 スピン軌道相互結合が作用する電子のカオス的運動の古典解析
山中 蓮藤坂尚登広島市大NLP2021-41
量子系の主なカオス研究は,古典極限でカオス性を示す量子系や非自律量子系であり,古典極限でない自律量子系を対象とすることは... [more] NLP2021-41
pp.27-31
RISING
(第三種研究会)
2021-11-17
09:00
東京 東京都内+EventIn
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
UAVを用いたIoTデータ収集ネットワークの性能解析
佐々木公威木村達明滝根哲哉阪大
近年,医療・生活・交通などの様々な場面で生成される多様な情報を収集するための手段として,Internet of Thin... [more]
RCS, SAT
(併催)
2021-08-27
15:20
ONLINE オンライン開催 ミリ波通信路における確率的遮蔽を考慮した低演算量ロバストビームフォーミング設計に関する一検討
内村颯汰電通大)・飯盛寛貴アブレウ ジュゼッペJUB)・石橋功至電通大RCS2021-116
本稿では,ミリ波通信において確率的に発生する伝播経路の遮蔽に対して,ロバストな複数基地局連携ビームフォーミング設計手法を... [more] RCS2021-116
pp.91-96
RCS, SR, NS, SeMI, RCC
(併催)
2021-07-14
14:55
ONLINE オンライン開催 UAVを用いたデータ収集ネットワークの性能解析
佐々木公威木村達明滝根哲哉阪大RCC2021-26 NS2021-36 RCS2021-81 SR2021-24 SeMI2021-12
近年,医療・生活・交通・工業などの様々な場面で生成される多様な情報を収集するための手段として, Internet of ... [more] RCC2021-26 NS2021-36 RCS2021-81 SR2021-24 SeMI2021-12
pp.23-28(RCC), pp.25-30(NS), pp.25-30(RCS), pp.28-33(SR), pp.7-12(SeMI)
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
(連催) [詳細]
2021-06-29
15:25
ONLINE オンライン開催 確率的ハイブリッド力学系の有限要素解析に基づくヒト立位姿勢間欠制御モデルの有限状態マルコフ鎖近似
鈴木康之十亀敬伍中村晃大野村泰伸阪大NC2021-16 IBISML2021-16
姿勢の間欠制御モデルは,身体の柔軟性と立位姿勢の安定性を同時に実現することで,ヒト静止立位中の姿勢ゆらぎを定量的に再現で... [more] NC2021-16 IBISML2021-16
pp.108-113
NC, MBE
(併催)
2021-03-03
16:25
ONLINE オンライン開催 確率共鳴下における聴覚周波数分解能とノイズ強度の関係について
大野嵩太黒柳 奨名工大MBE2020-45
一般に、ノイズは信号に対して悪影響を与えるものとして知られている。しかし特定の系においては確率共鳴という現象が発生し、ノ... [more] MBE2020-45
pp.28-31
CS 2020-07-17
10:20
北海道 りぷら(利尻富士町)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マルチアンテナ受信機における雑音を利用した1bitアナログ-ディジタル変換器の特性解析
中島康雄山里敬也名大)・荒井伸太郎岡山理科大)・齋藤将人琉球大)・羽多野裕之三重大)・田中宏哉田所幸浩豊田中研CS2020-20
分解能が1bitのアナログ-ディジタル変換器(ADC)を用いた受信機は,ミリ波通信におけるマルチアンテナ受信機など,省電... [more] CS2020-20
pp.25-26
R 2020-06-11
14:25
ONLINE オンライン開催 ファクターコピュラを用いたシステムにおける従属故障のモデリングと信頼性評価の一考察
太田修平神奈川大)・木村光宏法政大R2020-2
もしシステムを構成するコンポーネントが,互いに従属して故障する場合(すなわち従属故障の場合),その従属性を考慮しなければ... [more] R2020-2
pp.7-12
NC, MBE
(併催)
2020-03-06
13:50
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
軌道領域減少信号と確率的ノイズの印加によるカオス-カオス間欠性同期の制御
信川 創千葉工大)・我妻伸彦東邦大)・西村治彦兵庫県立大NC2019-111
カオス結合システムでは,様々な種類の非線形同期現象が生じることが知られており,近年,医用工学への応用が進められている.こ... [more] NC2019-111
pp.201-206
NC, MBE
(併催)
2020-03-06
13:25
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
フォッカープランク方程式の有限要素解析に基づくヒト立位姿勢間欠制御モデルの離散時間有限マルコフ鎖近似
十亀敬伍中村晃大鈴木康之野村泰伸阪大MBE2019-96
我々はヒト静止立位姿勢の神経制御戦略として間欠制御仮説を提唱している.この仮説に基づく間欠制御モデルは,時間遅れ比例微分... [more] MBE2019-96
p.83
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2020-03-02
10:00
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
2種類の損傷を考慮したバックアップ手法の改良
蓮池大我満保雅浩金沢大ICSS2019-68
コンピューターを使用する上でデータの安全性,特に,可用性を確保するためにデータを定期的にバックアップすることが重要となる... [more] ICSS2019-68
pp.1-6
NLP, CAS
(共催)
2019-10-22
15:55
岐阜 岐阜大学 ナノカーボン電子の確率的古典粒子モデルに関する考察
早川翔太・○中村伊吹藤坂尚登広島市大CAS2019-35 NLP2019-75
グラフェン上の電子は質量ゼロのディラック方程式の解である擬似スピンを持つ電子波動として表現される.スピンを考慮した電子の... [more] CAS2019-35 NLP2019-75
pp.61-66
MBE 2019-07-20
13:00
徳島 徳島大学 単純な確率的ハイブリッド力学系のフォッカープランク方程式を用いた解析
十亀敬伍中村晃大鈴木康之野村泰伸阪大MBE2019-22
我々はヒト静止立位姿勢の制御モデルとして, (時間遅れ) 比例微分フィードバック制御トルクが作用する状況(制御オン) と... [more] MBE2019-22
pp.19-24
NLP 2019-05-11
10:50
大分 J:COM ホルトホール大分 敵対的生成ニューラルネットワークを用いた擬為替レートの生成について
中根滉稀高田宗樹平田隆幸福井大NLP2019-13
AIや自動売買アルゴリズムなどによる投資は身近なものになってきた。自動で投資を行えることで、専門的な知識を必要としないと... [more] NLP2019-13
pp.71-76
OME, SDM
(共催)
2019-04-26
13:10
鹿児島 屋久島環境文化村センター ネットワーク型分子システムによる情報処理
松本卓也阪大SDM2019-4 OME2019-4
分子ニューラルネットワークを用いた非ノイマン型情報処理に向けた試みを紹介する。ニューラルネットワークを分子システムで構成... [more] SDM2019-4 OME2019-4
pp.13-17
SITE 2018-12-06
11:45
東京 日本大学 駿河台キャンパス1号館 確率測度的テクストと決定論的テクストを循環させる逆強化学習システムの倫理とは何か
森住哲也神奈川大SITE2018-62
インターネットに於いて,システムは決定論に基づく論理学的視点によって設計・運用されている.確かに決定論的にシステムを設計... [more] SITE2018-62
pp.17-23
RCS, AP
(併催)
2018-11-20
10:25
沖縄 沖縄産業支援センター 干渉波を利用した確率共鳴受信機による微弱信号検出 ~ PSK変調方式を用いた場合の特性評価 ~
平岡真太郎山里敬也名大)・荒井伸太郎岡山理科大)・田所幸浩田中宏哉豊田中研RCS2018-179
確率共鳴は, 適切な強度の雑音を加えることでシステムの性能が向上する非線形現象である, 先行研究において, 確率共鳴現象... [more] RCS2018-179
pp.7-12
SAT, RCS
(併催)
2018-08-10
15:45
岩手 岩手大学 Blockage Aware Beam Allocation in mmWave Using Reinforcement Learning
Yuva Kumar S.Fereidoun H. PanahiTomoaki OhtsukiKeio Univ.RCS2018-149
With the advent of the fifth generation (5G) systems, there ... [more] RCS2018-149
pp.99-104
NLP 2018-04-26
10:45
熊本 熊本大学 確率過程量子化による量子カオスの一考察
松浦圭太藤坂尚登福島 勝広島市大NLP2018-2
線形波動方程式により記述される量子系のカオスを波動関数の時間発展に見出すことはできない.また,量子論的不確定性あるいは量... [more] NLP2018-2
pp.5-8
 102件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会