お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OME 2013-03-08
16:00
東京 機械振興会館 B1-2 静電塗布法を用いた積層型有機薄膜太陽電池
福田武司高木健次Liao Yingjie本多善太郎鎌田憲彦埼玉大OME2012-113
ウェットプロセスでp-nもしくはp-i-n積層型有機薄膜太陽電池を形成するためには、p型とn型の有機材料を溶解する溶媒を... [more] OME2012-113
pp.35-38
OME 2012-10-17
16:40
東京 機械振興会館 B1F 3号室 静電塗布法を用いたフラーレン誘導体薄膜の成膜
高木健次武志一正福田武司埼玉大/理研)・鎌田憲彦埼玉大)・朱 正明山形 豊理研)・田島右副理研/埼玉大OME2012-54
ウェットプロセスでp-nもしくはp-i-n積層型有機薄膜太陽電池を形成する為には、p型とn型の有機材料を溶解する溶媒を選... [more] OME2012-54
pp.45-48
OME 2012-05-24
14:30
東京 NTT武蔵野研究開発センター ナノミスト堆積(NMD)法を用いた有機薄膜の成膜とOLEDへの応用
菊池昭彦入江崇之上智大OME2012-24
エレクトロスプレー法の一種であり、ノズル近傍に引出電極を装荷したナノミスト堆積(NMD)法を用いて、緑色発光高分子である... [more] OME2012-24
pp.25-29
OME 2011-05-27
15:20
東京 NTT武蔵野研究開発センター 静電塗布法における有機薄膜の表面平坦性改善と有機薄膜太陽電池
高木健次浅野 俊福田武司埼玉大/理研)・本多善太郎鎌田憲彦埼玉大)・朱 正明山形 豊青山哲也田島右副理研OME2011-20
ウェットプロセスでバルクヘテロジャンクション型有機薄膜太陽電池を形成する為には、p型とn型の有機材料を溶解する溶媒を選択... [more] OME2011-20
pp.31-34
CPM 2010-10-28
14:50
長野 信州大学 工学部 地域共同研究センター3階研修室 超音波噴霧熱分解法によるZnOナノワイヤーの作製 ~ 溶媒の違いによる結晶形状への影響 ~
ミョー タン テイ・○安松 洋田中孝典橋本佳男信州大CPM2010-95
超音波噴霧熱分解法においてZnOナノワイヤーの形状制御が可能であることを確認し,原料溶液の添加物及び溶媒におけるメタノー... [more] CPM2010-95
pp.23-26
OPE, OME
(共催)
2009-11-13
09:45
東京 機械振興会館 エレクトロスプレー法による高分子半導体微粒子の形成
廣瀬悠人名取 至田中邦明・○臼井博明東京農工大OME2009-54 OPE2009-149
エレクトロスプレーデポジション(ESD) 法は、溶液に高い電界をかけてノズルから噴霧して基板上に製膜する方法である。可溶... [more] OME2009-54 OPE2009-149
pp.7-12
OME 2008-03-13
10:00
京都 京都リサーチパーク(KRP) 光電子デバイスのための真空スプレー法による高分子薄膜作製 ~ スプレービームと製膜初期過程の解析 ~
莫 暁亮溝黒登志子・○谷垣宣孝平賀 隆産総研)・梅原 登高木一義山本純夫テクニカルサポートOME2007-89
有機薄膜作製技術である真空スプレー法を改良するため,スプレービーム,製膜の初期過程を評価した.真空スプレー法において重要... [more] OME2007-89
pp.1-6
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会