お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, EMM
(共催)
2019-11-22
15:30
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス(野々市市) [ポスター講演]2台のパラメトリックスピーカの上下配置による前後左右音像定位の検討
福田隆人古田昇輝青木茂明島内末廣金沢工大EA2019-56 EMM2019-84
頭部伝達関数(HRTF)を使用する2台のパラメトリックスピーカを用いた音像定位では,スピーカと聴取者の方位角や距離が影響... [more] EA2019-56 EMM2019-84
pp.19-22
EA 2018-02-15
15:30
広島 県立広島大学 屋外拡声放送を用いた反射位置推定システムのGUIに関する検討
鈴木優太苣木禎史千葉工大EA2017-95
屋外拡声放送は避難勧告など,重要な役割を担っている。
しかし,1つの屋外スピーカから放射された音が山などの自然物や建物... [more]
EA2017-95
pp.13-18
US, EA
(併催)
2018-01-23
13:00
大阪 関西大学 [ポスター講演]差音の音場特性と音像定位の関係性
星 秀斗野村英之電通大US2017-90
本報告では, パラメトリックスピーカおよびダイナミックスピーカの音場と音像定位の関係について比較を行う. まず両スピーカ... [more] US2017-90
pp.45-49
ET 2017-12-02
13:50
石川 金沢工業大学 多人数聴衆向けAR型足音TAエージェントの各自参加状態に応じた効果
北岸佑樹米澤朋子関西大ET2017-73
本研究では,パラメトリックスピーカによって足音の音場を任意の床面上で生成,移動させることで表現されるAR型足音TAエージ... [more] ET2017-73
pp.27-32
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-02
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター [ポスター講演]エンドファイアアレイからなる肩掛け型ウェアラブルスピーカによる音像定位
今泉健太羽田陽一電通大EA2016-120 SIP2016-175 SP2016-115
私たちは,ヘッドホンに代わる新たな個人用の再生システムとして,2つのエンドファイアアレイからなる肩掛け型スピーカアレイを... [more] EA2016-120 SIP2016-175 SP2016-115
pp.219-224
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと 一対の超指向性スピーカによる音像定位方向の操作
森賀正貴善甫啓一水谷孝一若槻尚斗川本雅之筑波大
多くの視覚障害者が目的地への移動中に音による情報を頼りに通行を行っている.
特定の場所にいる支援対象者に対し目的地方向... [more]

US, EA
(併催)
2016-01-29
10:00
大阪 関西大学 100周年記念会館 複数の携帯端末の同期・位置推定手法による閉鎖空間の音響環境構築
伊納洋佑石川佑樹中 祐介米澤朋子関西大EA2015-58
本研究では,複数のスマートデバイスを用いてマルチスピーカアレイを構築し,音源配置による音声情報提供システムを提案する.マ... [more] EA2015-58
pp.19-26
EA 2015-12-12
09:00
石川 金沢大学 サテライト・プラザ [ポスター講演]パラメトリックスピーカを用いた前後左右方向への音像制御
伊藤昂輝桐山明奈藤原 格青木茂明金沢工大EA2015-51
パラメトリックスピーカは非常に少ない指向特性を有している。近年ではパラメトリックスピーカを複数台用いることで、臨場感のあ... [more] EA2015-51
pp.55-58
US 2014-11-13
16:10
石川 金沢工業大学 前方に配置したパラメトリックスピーカを用いた音像定位の検討
清水一博伊藤昂輝青木茂明金沢工大US2014-64
パラメトリックスピーカは従来型のダイナミックスピーカに比べ,非常に鋭い指向性を有している.そのため従来のスピーカを2個用... [more] US2014-64
pp.35-38
EA, US
(併催)
2014-01-27
13:50
大阪 関西大学 100周年記念会館 パラメトリックスピーカにおける両耳間レベル差及び時間差のモデル化
窪田 岳鎌倉友男野村英之電通大US2013-88
本研究では,パラメトリックスピーカによる両耳間レベル差(Interaural Level Difference:ILD)... [more] US2013-88
pp.37-40
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2013-12-18
- 2013-12-20
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 集団の行動把握・予測のための環境設置型計測システムの構築 ~ 複数の指向性マイクを用いた話者位置推定の検討 ~
村田裕章中山雅野藤田桂英清水郁子堀田政ニ藤波香織近藤敏之中條拓伯齋藤隆文藤田欣也東京農工大
我々は集団を対象に行動や状態を把握・予測し,適切なフィードバックを行う知的空間の実現をめざし,複数種類のセンサを用いた環... [more]
US, EA
(併催)
2013-01-24
13:30
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 超指向性スピーカを用いた鉛直方向の音像制御の検討
前田久美西野隆典成瀬 央三重大US2012-93 EA2012-124
立体音響を実現する5.1 ch システムなど,音像位置を制御するシステムでは,水平面上の音像制御が主である場合があり,上... [more] US2012-93 EA2012-124
pp.31-36
US 2012-11-29
15:50
静岡 静岡大学 パラメトリックスピーカを用いたステレオ再生の音像定位
青木茂明鳥羽正義辻田典久金沢工大US2012-77
我々は従来のスピーカを左右に設置したステレオ再生において音像の定位感を得ている。パラメトリックスピーカは超指向性のスピー... [more] US2012-77
pp.39-44
US 2012-11-29
16:15
静岡 静岡大学 パラメトリックスピーカの2チャンネル駆動による音像定位
眞城弘海鎌倉友男野村英之電通大US2012-78
近年, 高い臨場感を持つ音場再生技術の進歩とともに, より少ないチャンネル数で再現するサラウンド音響への需要も高まってき... [more] US2012-78
pp.45-50
EA 2012-06-08
11:00
静岡 (株)ヤマハ 球状スピーカアレーを用いた放射特性制御のシミュレーション
林 貴哉宮部滋樹山田武志牧野昭二筑波大EA2012-36
本稿では球状スピーカアレーによる距離減衰制御システムについて述べる.
従来研究において,球面調和領域における波の伝搬モ... [more]
EA2012-36
pp.19-24
EA 2011-08-10
14:45
宮城 東北大学電気通信研究所 第1種Rayleigh積分と窓枠型スピーカアレイによる音場再生
時岡 綾東工大)・安藤彰男東工大/NHKEA2011-65
映像ディスプレイの周囲にしかスピーカを設置できない場合には、ディスプレイのサイズ拡大ととも に、ディスプレイ上における音... [more] EA2011-65
pp.93-98
EA 2010-10-21
17:20
石川 金沢市近江町交流プラザ マルチチャネルスピーカによる仰角・俯角における仮想音源再生の検討
風間亮介穗刈治英島田正治長岡技科大EA2010-66
仰角・俯角への高い精度の音像定位を目標として,仰角・俯角平面上にスピーカの設置を行った8ch配置・10ch配置を提案した... [more] EA2010-66
pp.49-54
EA 2010-08-09
13:30
宮城 東北大学 指向性スピーカと波面合成法を用いた近接三次元音場再生システムの性能比較評価
木村敏幸NICT)・山肩洋子京大)・勝本道哲NICT)・岡本拓磨東北大)・矢入 聡仙台高専)・岩谷幸雄鈴木陽一東北大EA2010-44
立体テレビや立体遠隔通信会議などの超臨場感コミュニケーションを実現するためには,近接三次元音場再生技術を開発することが非... [more] EA2010-44
pp.7-12
MVE, ITE-HI
(連催)
2010-06-29
09:30
東京 東京大学山上会館 超指向性スピーカによる大画面上音像提示システム
木村健太郎東大)・宝珠山 治東大/NEC)・谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2010-23
超音波超指向性スピーカと回転放物面による拡散板を用い,音をスクリーン上で拡散させることで,音像を壁一面の大型スクリーン上... [more] MVE2010-23
pp.1-6
PRMU, SP, MVE, CQ
(共催)
2010-01-22
14:50
京都 京大 視覚・聴覚を併用した複合現実感システムの開発(5) ~ ヘッドホンとスピーカの併用による音提示法の拡張 ~
吉野将治村井嘉彦森勢将雅西浦敬信木村朝子柴田史久田村秀行立命館大CQ2009-101 PRMU2009-200 SP2009-141 MVE2009-123
複合現実感(MR)の研究は視覚情報に対するものが主流である中,我々はこれまでに聴覚に関してもMRを実現し,視覚的MRと共... [more] CQ2009-101 PRMU2009-200 SP2009-141 MVE2009-123
pp.305-310
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会