お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
R 2020-10-16
13:50
ONLINE オンライン開催 GUIを考慮した深層学習に基づく最適メンテナンス時刻の推定に関する考察
柳澤 拓田村慶信東京都市大)・山田 茂鳥取大R2020-21
これまでに提案されてきたソフトウェア信頼性モデルの多くはソフトウェア開発におけるテスト工程を対象としたモデルである.
... [more]
R2020-21
pp.13-18
SRW 2018-08-20
09:55
岡山 岡山大学 A Study of Channel Bonding Configuration and Performance for Raspberry Pi Access-Point in Wireless Local-Area Network
Rahardhita Widyatra Sudibyo・○Kyaw Soe LwinNobuo FunabikiMousumi SahaMinoru KuribayashiOkayama Univ.SRW2018-10
Nowadays, IEEE 802.11 wireless local-area networks (WLANs) h... [more] SRW2018-10
pp.7-12
CQ 2018-06-01
13:10
千葉 千葉大学西千葉キャンパス アカデミック・リンク・センター QoE Assessment of Object Softness in Remote Robot System with Haptics -- Comparison of Stabilization Control --
Qin QianYutaka IshibashiNITech)・Pingguo HuangSeijoh Univ.)・Yuichiro TateiwaNITech)・Hitoshi WatanabeTokyo Univ of Science)・Kostas E. PsannisUniv of MacedoniaCQ2018-27
 [more] CQ2018-27
pp.55-60
CQ 2018-01-19
14:25
東京 国立情報学研究所 力覚を用いた遠隔ロボットシステムにおける物体の柔らかさの評価 ~ 衝突時反力制御と安定化制御の比較 ~
有馬 僚名工大)・黄 平国星城大)・石橋 豊立岩佑一郎名工大CQ2017-98
本報告では,利用者がビデオを見ながら触覚インタフェース装置を用いて,力覚センサを有する産業用ロボットを遠隔操作する,遠隔... [more] CQ2017-98
pp.75-80
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) BubbleFlick:スマートウォッチ向け日本語かなフリック入力インターフェースの改良と30日間の連続評価
東條貴希加藤恒夫山本誠一同志社大
スマートウォッチ向けに操作性のよい日本語文字入力方式が確立されれば,日本語を使用するユーザにとってスマートウォッチの利便... [more]
CQ 2017-07-27
14:15
兵庫 神戸大学 力覚を用いた遠隔ロボットシステムにおける物体の柔らかさの識別実験 ~ 安定化制御の効果 ~
田口英次郎石橋 豊名工大)・黄 平国星城大CQ2017-38
本報告では,一人の利用者が触覚インタフェース装置を用いて,遠隔の産業用ロボットを操作するシステムにおいて,複数の物体の柔... [more] CQ2017-38
pp.55-60
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2017-01-20
16:25
京都 京都大学 吉田キャンパス 百周年時計台記念館 FunCushion:プッシュ入力と発光出力機能を有するクッション型インタフェース
池田昂平東大)・小泉直也電通大)・苗村 健東大PRMU2016-151 MVE2016-42
日常の生活空間にはクッションやソファ等の柔軟物が存在する.これらの柔軟物の布地上での発光出力を実現する事ができれば,従来... [more] PRMU2016-151 MVE2016-42
pp.347-352
NS, CQ, ICM, NV
(併催)
2013-11-15
09:25
長崎 福江文化会館(五島列島) GUI制御と仮想環境によるシステム連携フレームワークの提案
小矢英毅中島 一増田 健丸山 勉NTTICM2013-32
オンプレミスシステムとクラウドサービスの連携など,システム間連携による業務効率化が注目されている.業務システムの多くは連... [more] ICM2013-32
pp.51-56
MSS, SS
(共催)
2013-03-06
14:40
福岡 休暇村志賀島 MetricsViewer: サービス指向リポジトリマイニングを活用したソフトウェアメトリクス可視化ツール
坂元康好柗本真佑中村匡秀神戸大MSS2012-81 SS2012-81
我々は先行研究においてサービス指向の考えを取り入れたリポジトリマイニングの実行フレームワーク
SO-MSR(Servi... [more]
MSS2012-81 SS2012-81
pp.127-132
SS 2011-10-27
15:05
石川 北陸先端科学技術大学院大学 ソフトウェア部品検索に適したファセット探索の一考察
駒水孝裕早瀬康裕北川博之筑波大SS2011-30
ソフトウェア再利用はソフトウェアの品質向上と開発工程数の低減に役立つと考えられており,再利用するソフトウェア部品を見つけ... [more] SS2011-30
pp.19-24
ET 2010-03-05
14:40
高知 高知大 デュアルスクリーンプレゼンテーションを支援するツールの開発
遠藤慎也室田真男東工大ET2009-109
デュアルスクリーンのプレゼンテーションでは, スライド教材と共に, 他のソフトウェアの操作をすることがあるが, 発表者と... [more] ET2009-109
pp.31-36
IN, NS
(併催)
2009-03-04
14:40
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 協同ソフトウェア資産管理のためのWebアプリケーションの設計と開発
戸取暁俊・○籠谷裕人杉山裕二岡山大NS2008-181
大学や企業にとって,ソフトウェア資産の厳格な管理と適正な使用は社会的責務の一つである.本研究室においても,定期的にソフト... [more] NS2008-181
pp.217-222
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会