お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 199件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ, CS
(併催)
2020-06-25
13:30
ONLINE オンライン開催 ソーシャルネットワークのコミュニティ構造がTwitter上の投稿の拡散速度に与える影響の分析
津田奈子・○津川 翔筑波大CQ2020-6
ソーシャルメディア上に投稿された情報は、多くのユーザによって広く拡散され、実社会での流行に影響を与える可能性がある。そこ... [more] CQ2020-6
pp.31-36
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2020-03-06
14:20
福岡 九州工業大学 戸畑キャンパス Twitterユーザの影響力および拡散力の時系列変化の分析
上原みなみ津川 翔筑波大CQ2019-154
ソーシャルメディアを用いたバイラルマーケティングにおいては、ユーザ間で情報を大規模に拡散させることが重要である。情報拡散... [more] CQ2019-154
pp.101-106
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-05
15:05
東京 東京工業大学 [依頼講演]マルチホップメッシュネットワーク Wi-SUN FAN の最新研究開発状況
和泉吉浩NSSSRW2019-74
次世代のIoTインフラとして注目されているマルチホップメッシュネットワーク Wi-SUN FANの最新の研究開発状況とし... [more] SRW2019-74
pp.75-80
COMP 2020-03-01
10:50
東京 電気通信大学 Twitterを分析したApple Watchの販売予測システムの作成
八木義明伊與田光宏千葉工大COMP2019-47
あらまし 現在ではTwitterが急増しており、幅広い層から注目されているソーシャルメディアである。日本のユーザー数は4... [more] COMP2019-47
pp.17-21
HCS 2020-01-26
09:50
大分 J:COM ホルトホール大分 407会議室 (大分県大分市) 大学生のTwitter使用と心理的幸福感の関係
井上陽路叶 少瑜筑波大HCS2019-68
本研究では,①Twitter と対面による社会的ネットワークとそれぞれから得られたソーシャルサポートが相手との親密度によ... [more] HCS2019-68
pp.83-88
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
14:10
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]D2D型SNSにおける耐障害性を考慮した最適ネットワーク構成法
横井花深橘 拓至福井大
Device-to-Device (D2D)型ソーシャルネットワークサービス (D2D型SNS)は,D2D通信を行う物理... [more]
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
14:10
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]Store-Carry-Forwardを用いたデータ配信のスループット向上に関する実証的研究 ~ 深層学習による車両移動予測アルゴリズムの活用 ~
渡辺良人劉 巍荘司洋三NICT
Store-Carry-Forward(SCF)技術は,データ伝送をノードの物理的な移動を用いて実現する手法である.特に... [more]
NLP, CAS
(共催)
2019-10-22
11:05
岐阜 岐阜大学 情報エンジンを用いたソーシャル・ネットワークにおける情報拡散モデルの一考察
宮下正明太田裕也篠宮紀彦創価大CAS2019-28 NLP2019-68
近年のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS) の世界的な普及に伴い,情報の瞬時の拡散が実社会に大きな影響を与え... [more] CAS2019-28 NLP2019-68
pp.29-32
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-03
11:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]グラフ上の影響伝搬におけるランダムサンプリングの効率性に関する検討
脇坂悠生山下量之関西学院大)・津川 翔筑波大)・大崎博之関西学院大
近年、口コミマーケティング等への応用の期待から、ソーシャルネットワークにおける影響最大化問題が活発に研究されている。影響... [more]
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-03
11:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]データに基づく影響最大化アルゴリズムのリツイートデータを用いた評価
永瀬拓也津川 翔筑波大
ソーシャルネットワークにおいて影響力の強い少数のノード(シードノード) の集合を特定する影響最大化アルゴリズムの研究が活... [more]
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-03
11:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]多重ネットワークにおける誤情報拡散抑制手法の有効性に関する一考察
藤田結海津川 翔筑波大
ソーシャルネットワーク上でのフェイクニュースの拡散が問題となっている。そこで、ソーシャルネット ワークにおいて、フェイク... [more]
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-04
10:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]ソーシャルメディアにおけるユーザの影響力と拡散力の特徴分析
上原みなみ津川 翔筑波大
近年、ソーシャルメディア利用者が増加しており、ソーシャルメディアを用いて強い影響力を持つユーザ を発見する研究が活発に行... [more]
AI 2019-07-22
11:30
北海道 函館コミュニティプラザ Gスクエア 頂点併合と辺削除によるグラフ系列クラスタリングの効率化
木村至貴猪口明博関西学院大AI2019-5
本研究では,ソーシャルネットワークにおけるコミュニティの変化を検出するために,グラフ系列をクラスタリングする問題を扱う.... [more] AI2019-5
pp.21-26
CQ 2019-05-30
15:40
広島 広島市立大学 [招待講演]振動モデルを利用したオンライン社会ネットワークにおけるユーザダイナミクスの理解
高野知佐広島市大)・会田雅樹首都大東京CQ2019-22
近年,モバイルデバイスの普及やインターネット環境の整備に伴い,ソーシャルメディアを利用した情報交換が活発に行われている.... [more] CQ2019-22
p.55
NLP 2019-05-11
10:00
大分 J:COM ホルトホール大分 異なるネットワーク構造に対する情報拡散に関する一検討
宇戸 龍青木俊親木村貴幸日本工大NLP2019-11
災害での避難行動では,その限られた情報入手手段の影響から情報の真偽の区別が難しい.
このような状況下においてデマ情報が... [more]
NLP2019-11
pp.59-64
NS 2019-04-18
16:50
鹿児島 天文館ビジョンホール [招待講演]ソーシャルネットワーク分析手法とソーシャルアウェアネットワーク技術の研究動向
津川 翔筑波大NS2019-10
ソーシャルネットワークの分析手法を、情報ネットワークの制御に利用するソーシャルアウェアネットワーキング (sociall... [more] NS2019-10
pp.55-60
IN, NS
(併催)
2019-03-04
09:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター ネットワーク上の振動ダイナミクスにおける減衰係数推定法
菊地伸一会田雅樹首都大東京IN2018-84
ネットワークのダイナミクスを記述するモデルとして,振動モデルが提案されている.振動モデルでは,減衰係数が定数となるモデル... [more] IN2018-84
pp.1-6
IN, NS
(併催)
2019-03-04
09:20
沖縄 沖縄コンベンションセンター オンラインソーシャルネットワークにおける振動モデルの基礎方程式に関する摂動論について
平倉直樹会田雅樹首都大東京IN2018-85
ネット炎上などに代表されるオンラインソーシャルネットワーク上の爆発的なユーザダイナミクスは,
実世界の社会活動にも大き... [more]
IN2018-85
pp.7-12
SWIM 2019-02-22
13:10
東京 機械振興会館 HL7 FHIR for Achieving Interoperability of Social Determinants of Health
Boubacar SowHiroki SuguriMiyagi Univ.SWIM2018-21
 [more] SWIM2018-21
pp.1-6
NLC, IPSJ-IFAT
(連催)
2019-02-07
16:30
京都 龍谷大学大宮キャンパス [招待講演]防災・減災と自然言語処理:内閣府SIPにおける防災チャットボットの研究開発
萩行正嗣ウェザーニューズ)・大竹清敬NICTNLC2018-41
災害時、災害対応機関の人的・時間的リソースが限られるなか、自然言語処理などのAI 技術を活用した
効率的な災害対応が求... [more]
NLC2018-41
p.33
 199件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会