電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1〜7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MSS, SS
(共催)
2019-01-15
13:30
沖縄 沖縄県青年会館 外乱のある線形離散時間システムに対する自己駆動モデル予測制御器の一設計法
田頭史都潮 俊光阪大
自己駆動制御では,制御入力の更新時に次の制御入力の更新時刻を決定する.そのため,外乱が制御性能に与える影響は重要な問題で... [more] MSS2018-59 SS2018-30
pp.29-32
CAS, SIP, MSS, VLD
(共催)
2018-06-14
10:00
北海道 北海道大学フロンティア応用科学研究棟 マルチエージェントシステムの合意問題のための自己駆動型ピニング制御
安藤 駿小林孝一山下 裕北大
マルチエージェントシステムのピニング制御では,いくつかのエージェント(ピニングエージェント)に外部制御入力を付加する.本... [more] CAS2018-4 VLD2018-7 SIP2018-24 MSS2018-4
pp.17-21
NS, ASN, RCC, RCS, SR
(併催)
2017-07-20
16:20
北海道 北海道大学 [招待講演]IoT/M2Mのためのシステム制御理論
小林孝一北大
本講演では,IoT/M2Mに関連したシステム制御分野の研究を紹介する.制御対象や制御器が通信ネットワークを介して接続され... [more] RCC2017-40 NS2017-61 RCS2017-132 SR2017-55 ASN2017-49
pp.151-152(RCC), pp.165-166(NS), pp.205-206(RCS), pp.163-164(SR), pp.183-184(ASN)
RCC 2015-01-15
16:20
愛知 名古屋大学 制御入力列を送信する自己駆動/事象駆動モデル予測制御について
小林孝一平石邦彦北陸先端大
本論文では,ネットワーク化制御の手法である自己駆動/事象駆動モデル予測制御に対する新しい手法を提案する.多くの既存手法で... [more] RCC2014-73
pp.45-48
RCC
(第二種研究会)
2013-11-21
14:25
大阪 大阪市立大学文化交流センターホール 省エネルギーのためのスパース制御
永原正章京大
本研究では,連続時間信号のL0ノルムを最小化する新しいタイプの最適制御を考察する.ここで信号のL0ノルムとは,その信号の... [more]
MSS 2013-01-23
11:05
大阪 大阪国際会議場 1ステップ予測区間に着目した線形システムのSelf-Triggered最適制御
小林孝一平石邦彦北陸先端大
Self-Triggered 制御とは,サンプル値制御系において制御入力とサンプリング周期を同時に計算する制御方法である... [more] MSS2012-53
pp.45-48
MSS 2012-03-08
13:30
東京 JAIST東京サテライト コントローラの起動に関する評価を考慮したself-triggered予測制御
中尾将吾潮 俊光阪大
マイクロプロセッサ技術の発達により, 多くのコントローラはディジタルプラットフォーム上に実装されるようになった. しかし... [more] MSS2011-72
pp.1-4
 7件中 1〜7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会