お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MWP, PN, EMT
(共催)
PEM, IEE-EMT
(連催) [詳細]
2020-01-30
14:55
京都 同志社大学 Si3N4導波路を用いた自己位相変調に基づく非線形光デバイスの基礎的検討
高橋考二石原大輝海堀祐太阪大)・井上 卓浜松ホトニクス)・小西 毅阪大PN2019-42 EMT2019-82 MWP2019-56
窒化シリコン導波路は,シリコン導波路における二光子吸収の影響を抑制する新しいアプローチとして期待されている.本研究では,... [more] PN2019-42 EMT2019-82 MWP2019-56
pp.45-48
PEM
(ワークショップ)
2019-11-18
- 2019-11-19
三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市観光文化会館) Output Power Enhancement in Photonic-Based RF Generation by Optical Pulse Compression with a Dispersion Managed Fiber -- Simplified Compression Fiber --
Keisuke OdaKohei KudomiRyogo KatagiriMasayuki SuzukiHiroyuki TodaDoshisha Univ.
 [more]
EST, MW, OPE, MWP, EMT
(共催)
IEE-EMT, THz
(連催) [詳細]
2018-07-19
14:00
北海道 洞爺観光ホテル Output power enhancement in photonic-based RF generation by optical pulse compression with a dispersion managed highly-nonlinear fiber
Reinhard KaremberaTakashi YamaguchiHiroyuki TodaDoshisha Univ.EMT2018-27 MW2018-42 OPE2018-30 EST2018-25 MWP2018-26
 [more] EMT2018-27 MW2018-42 OPE2018-30 EST2018-25 MWP2018-26
pp.109-113
MWP, EMT, PN, LQE, OPE, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2014-01-24
14:00
京都 同志社大学(烏丸キャンパス) フォトニック結晶ファイバを用いた近赤外帯域全光強度リミッタの検討
村川卓弥永尾龍介小西 毅阪大PN2013-76 OPE2013-190 LQE2013-176 EST2013-125 MWP2013-96
近赤外帯域における光パルスのピークパワーの揺らぎ安定化を目的として,近赤外帯域全光強度リミッタの検討を行った.近赤外帯域... [more] PN2013-76 OPE2013-190 LQE2013-176 EST2013-125 MWP2013-96
pp.273-276
OFT 2013-05-23
14:00
沖縄 まりんぴあ宮古 試験光アポダイゼーションと非線形効果抑圧法を用いた200波高密度多重FDM-OTDR
飯田裕之戸毛邦弘伊藤文彦NTTOFT2013-1
これまで我々は海底線路網の診断技術として、従来のコヒーレントOTDR(C-OTDR)に比べ一桁以上測定時間を短縮する光周... [more] OFT2013-1
pp.1-4
CS, OCS
(併催)
2010-01-29
13:15
山口 海峡メッセ下関 利得波長帯可変型ラマン増幅と光ファイバ中の自己位相変調を利用した広帯域全光信号再生
松浦基晴來住直人電通大OCS2009-113
利得波長帯可変型ラマン増幅器をプリアンプとして利用し、後段の光ファイバ中で発生させた自己位相変調効果によって、広い波長域... [more] OCS2009-113
pp.79-82
OCS 2009-07-29
17:05
静岡 ウェルシティ湯河原 [招待講演]多段SPMデジタル補償・2次分布ラマン増幅による100-Gb/s x 10-ch PDM-OFDM-QPSK信号の12,015 km伝送
山崎悦史増田浩次佐野明秀吉松俊英小林孝行吉田英二宮本 裕石原浩一工藤理一松井宗大鷹取泰司NTTOCS2009-28
二次分布ラマン増幅による着信OSNR改善、及び多段SPM補償によるQ値改善技術について述べる.伝送路としてスパン長80.... [more] OCS2009-28
pp.49-54
PN 2009-03-09
11:25
沖縄 久部良(くぶら)多目的集会施設(与那国島) [奨励講演]信号形態変換に基づいた全光リミッタ ~ 理想的なリミッタ特性を求めて ~
後藤洋臣小西 毅伊東一良阪大PN2008-88
光通信ネットワークにおいて光信号に生じた強度揺らぎを補償することは,正確なデータ受信,および信号処理を行う上で必要不可欠... [more] PN2008-88
pp.23-28
OCS 2008-07-17
15:15
山梨 山梨大学 搬送波抑圧光単側波帯変調信号に対する自己位相変調ひずみの等化方式
高野勝美澤口裕紀石原昌幸佐々木浩平中川清司山形大OCS2008-28
光単側波帯(OSSB)変調信号は,信号の占有帯域幅が通常の変調方式に半分で済むため,周波数利用効率を高くでき,光ファイバ... [more] OCS2008-28
pp.41-46
PN, CS, OCS
(併催)
2008-06-13
15:15
北海道 千歳科学技術大学 遅延検波を利用したRZ-PSK方式の長距離伝送に関する数値的考察
須賀直樹前田譲治東京理科大OCS2008-16
伝送速度100Gbpsを実現するRZ-DPSKの長距離伝送において生じる伝送品質劣化を数値解析した。中継光増幅器のASE... [more] OCS2008-16
pp.33-38
PN 2008-03-14
10:20
沖縄 大濱信泉記念館(沖縄、石垣島) 波形整形を用いた入力信号歪みの導入による全光強度イコライザの補償範囲拡大の検討
後藤洋臣小西 毅西谷隆志榎 哲也伊東一良阪大PN2007-85
光通信ネットワークにおいて光信号に生じた強度揺らぎを補償することは,正確なデータ受信,信号処理を行う上で必要不可欠である... [more] PN2007-85
pp.65-68
OFT, OCS
(併催)
2005-08-26
14:35
秋田 秋田大学 ファイバ中のソリトン効果/自己位相変調によるスペクトル広がりを利用した全光アナログ-ディジタル変換
小田祥一朗丸田章博阪大
近年,電子デバイスの動作速度に制限を受けない,全光アナログ--ディジタル
変換の研究が盛んに行なわれている.本報告では... [more]
OCS2005-45
pp.57-62
OFT 2004-10-15
15:10
千葉 千葉大学 [招待講演]光ファイバ中の非線形光学効果を用いた超広帯域光源
多久島裕一小関泰之東大)・上原 昇santec)・菊池和朗東大
光ファイバに高強度の光パルスを注入すると、自己位相変調等の非線形光学効果を介して非常に広いスペクトルが得られる。この現象... [more] OFT2004-49
pp.21-26
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会