電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, ASJ-H
(共催)
2019-08-09
10:30
宮城 東北大学 Study on Robust Method for Blindly Estimating Speech Transmission Index using Convolutional Neural Network with Temporal Amplitude Envelope
Suradej DoungpummetJAIST)・Jessada KarunjanaNASDA)・Waree KongprawechnonSIIT)・Masashi UnokiJAISTEA2019-30
 [more] EA2019-30
pp.47-52
EA, EMM
(共催)
2016-11-18
11:35
大分 コンパルホール (大分) 室内インパルス応答のモデル化とその室内音響特性の検討
鵜木祐史石川大介柏原佑太小林まおり赤木正人北陸先端大EA2016-61 EMM2016-67
統計的室内インパルス応答(RIR)モデルは,実測のRIR のパラメータ表現化や室内音響指標の算出に広く利用されている.代... [more] EA2016-61 EMM2016-67
pp.79-84
ASJ-H
(共催)
EA, IPSJ-MUS
(連催) [詳細]
2016-10-14
14:30
石川 国民宿舎能登小牧台 (七尾) 変調伝達関数モデルを利用した音声伝送指標の検討
柏原佑太鵜木祐史北陸先端大EA2016-33
室内インパルス応答(RIR)は,直接音,初期反射,後部残響の三つの成分で構成される.
その中でも後部残響が音声伝送... [more]
EA2016-33
pp.13-18
EA 2014-12-13
09:30
石川 金沢大学サテライトプラザ [ポスター講演]スピーカ密度の異なる仮想音場の主観評価
鎗水翔也岩谷幸雄東北学院大)・大谷 真京大)・土屋隆生同志社大EA2014-52
音空間レンダリング技術は計算の高速化に伴い,高精細可聴化になりつつある.一方,多チャンネル音響システムが安価に構築可能と... [more] EA2014-52
pp.59-61
EA 2014-06-27
14:30
三重 三重大学 頭部伝達関数データセット記述の標準化を目指したSOFA: Spetially Oriented format for Acoustics
岩谷幸雄東北学院大)・渡邉貫治秋田県立大)・Piotr MajdakAAS)・Markus NoisternigIRCAM)・鈴木陽一坂本修一東北大)・高根昭一佐藤宗純秋田県立大EA2014-8
頭部伝達関数(Head-related transfer function: HRTF)や,室内インパルス応答(Dire... [more] EA2014-8
pp.19-23
EA 2013-07-19
09:30
北海道 北海道医療大学 残響音声からの音声伝送指標のブラインド推定法の検討
鵜木祐史佐々木恭平宮内良太赤木正人北陸先端大EA2013-44
音声伝達指標(STI)は,室における音声伝送の質を評価するために利用される客観評価尺度である.本論文では,変調伝達関数(... [more] EA2013-44
pp.63-68
EA 2012-10-27
14:15
富山 牛岳温泉リゾート(富山) [ポスター講演]室内インパルス応答のモデル化とMTF/STI推定法の検討
佐々木恭平鵜木祐史北陸先端大EA2012-78
著者らは,先に,変調伝関数(MTF)に基づいた音声伝送指標(STI)のブラインド推定法を提案した.この方法では,室内イン... [more] EA2012-78
pp.79-84
EA, SIP, SP
(共催)
2009-05-28
14:45
兵庫 兵庫県立大学 両耳室内インパルス応答の時空間周波数特性を利用した残響成分の解析
森本泰子西野隆典武田一哉名大EA2009-4 SIP2009-4 SP2009-9
室内音場における音源から両耳までの音響伝達特性を表す両耳室内インパルス応答について,
本研究では音響波動の定義に着目し... [more]
EA2009-4 SIP2009-4 SP2009-9
pp.17-22
SP 2008-07-17
- 2008-07-19
岩手 岩手県大 頑健で正確なF0推定における室内残響特性の影響について
鵜木祐史北陸先端大)・Rico Petrickドレスデン工科大)・Anish MittalIndian Inst. of Tech.)・Ruediger Hoffmannドレスデン工科大SP2008-43
本論文では,室内音響特性が音声の基本周波数の推定にどのような悪影響を与えるかについて議論する.ここでは,室内音響測定とそ... [more] SP2008-43
pp.1-6
EA 2007-06-29
15:30
北海道 北海道大学 自動車内における両耳室内伝達関数を用いた話者と受聴者の位置推定に関する検討
瀧本まどか・○西野隆典名大)・星野博之名大/豊田中研)・武田一哉名大EA2007-33
両耳に到達した信号を利用した音源方向推定手法として,ガウス分布モデル(GMM: Gaussian Mixture Mod... [more] EA2007-33
pp.37-42
EA 2006-07-14
11:00
埼玉 パイオニア総合研究所(埼玉) マルチチャネル音場再現における高速温度補正処理
矢井友樹宮部滋樹猿渡 洋鹿野清宏奈良先端大)・立蔵洋介静岡大
複数のラウドスピーカを用いたマルチチャネル音場再現では室内伝達特性の影響を打ち消す逆フィルタが用いられる.ところが,室内... [more] EA2006-26
pp.7-12
EA 2005-12-16
11:00
東京 日東紡音響エンジニアリング(東京) 有声音の周期性を考慮した相互相関関数による残響除去
飯田起弘野村行弘呂 建明関屋大雄谷萩隆嗣千葉大
本研究では,有声音の周期性を考慮した相互相関関数による残響除去法を提案する.
提案手法では,有声音が調波構造を有するこ... [more]
EA2005-82
pp.13-17
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会