電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN, CS, NV
(併催)
2019-09-05
10:25
宮城 東北大学 電気通信研究所 有無線ネットワークリソース管理とトラフィック計測
山本 周井内秀則中尾彰宏東大NS2019-89
ネットワーク仮想化技術の導入により、固有のネットワークを有無線ネットワークで構成される物理層上に論理ネットワークとして複... [more] NS2019-89
pp.1-6
ICSS, IA
(共催)
2016-06-07
11:00
佐賀 佐賀大学 BGPのMis-Originationに対するOrigin Validationの有効性の評価
安藤正仁東邦大)・岡田雅之JPNIC)・金岡 晃東邦大IA2016-10 ICSS2016-10
現在、インターネットのBorder Gateway Protocol(BGP)の運用には、他のオペレータの設定ミスによっ... [more] IA2016-10 ICSS2016-10
pp.51-56
US 2014-08-25
14:15
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス 合成開口インターフェロメトリーソナーを用いた3D音響画像計測 ~ 海洋鉱物資源広域探査技術の実用化を目指して ~
小島光博浅田 昭三尾有年水野勝紀浦 環東大US2014-36
浅田研究室で開発した、熱水鉱床域の計測に使用する合成開口インターフェロメトリーソナーのデータを検証し、3D音響画像の作成... [more] US2014-36
pp.19-24
OCS, PN, NS
(併催)
2013-06-21
09:25
福島 日本大学工学部(郡山) ピークレート確保機能を使用する輻輳回避法を持つMAC動作形ツリー状リング網の提案
龍野秀雄龍野研)・水野恒雄水野国際特許事務所NS2013-31
本論文では,ピークレート確保機能を使用する輻輳回避法を持つMAC動作形ツリー状リング網を提案する.提案リング網は,送信側... [more] NS2013-31
pp.13-18
IA 2010-12-17
13:50
東京 機械振興会館 地下 3 階 研修室 1 広島大学教育用情報端末システムにおける省資源・省エネルギーへの取り組み
松川正義近堂 徹西村浩二相原玲二広島大IA2010-63
広島大学では,CPU速度を抑えた超小型・低消費電力の端末を1144台余り導入し,平成22年9月よりネットブート型教育用情... [more] IA2010-63
pp.31-36
NS, ICM, CQ
(併催)
2010-11-19
10:55
京都 京都大学 桂キャンパス 複数BitTorrentネットワークにおける資源効率的なSwarm情報計測手法
吉田雅裕中尾彰宏東大CQ2010-59
BitTorrentは世界で最も普及しているP2Pファイル共有ネットワークの1つである.しかし,BitTorrentネッ... [more] CQ2010-59
pp.61-66
SR 2010-07-29
14:20
京都 ATR (京都) 無線LANとBluetooth共存環境での高トラフィック時のリソース使用状況測定 ~ ISM帯における電波資源利用状況解明にむけて ~
塚本悟司宮坂朋宏矢野一人上羽正純ATRSR2010-20
ISM帯では多数の無線システムが運用されており,システム毎の自律分散的なチャネル配置や占有帯域幅の差異などにより周波数的... [more] SR2010-20
pp.25-30
IPSJ-AVM, MoNA
(共催)
2007-07-20
09:25
新潟 新潟大学 携帯電話サービス利用料金に対するユーザ効用の測定とユーザ効用に応じた無線リソースマネジメントの提案
片山洋明出雲伸幸東野武史塚本勝俊小牧省三阪大MoMuC2007-35
携帯電話でのコンテンツダウンロードサービスにおけるユーザ効用は,コンテンツ取得までの待ち時間とコンテンツの属性,サービス... [more] MoMuC2007-35
pp.61-66
MoNA 2005-05-25
11:35
東京 化学会館 待ち時間に対するユーザ効用の測定と無線リソースマネジメントへの適用方式
飯田有慈蓑田佑紀塚本勝俊小牧省三阪大
厳しい帯域制限やフェージング変動によって高速伝送が困難な無線通信環境において,限られた無線リソースの高効率利用と,待ち時... [more] MoMuC2005-4
pp.19-24
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会