電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP
(第二種研究会)
2017-06-28
- 2017-06-30
北海道 北海道大学 [ポスター講演]Not aligned Multiple-Region/Dual-Grid Finite-Difference Time-Domain Method
Masakazu YamajiToru UnoTakuji ArimaTokyo Univ. of Agriculture and Tech.
本研究では、波源が存在する領域と散乱体が存在する領域を分割するMultiple-Region FDTD (MR-FDTD... [more]
ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
IE
(連催) [詳細]
2012-11-15
14:55
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 局所領域における輝度分散を利用するフラクタル超解像処理
松田優樹包 躍東京都市大IE2012-83
近年,ディスプレイの高解像度化などにより,画像を高精細化する研究が盛んに行われており,特にフラクタルを用いた手法が研究さ... [more] IE2012-83
pp.7-12
COMP 2011-12-16
15:15
愛知 名古屋大学 Image Segmentation Using Maximum Weight Region
Jinhee ChunNatsuda KaothanthongTakeshi TokuyamaTohoku Univ.COMP2011-44
 [more] COMP2011-44
pp.61-67
ITE-ME, ITE-AIT, ITE-BCT, IE
(共催)
2009-11-20
11:30
福岡 九州産業大学 領域分割機能を有する分離型適応補間フィルタに関する検討
松尾翔平高村誠之如澤裕尚NTTIE2009-118
映像情報における時間方向の冗長性削減のために、近年の映像符号化標準方式は動き補償型画面間予測を採用している。非常に細かい... [more] IE2009-118
pp.113-116
NS 2009-10-15
15:45
熊本 熊本県立大学 [ポスター講演]領域分割を用いたシナリオ型仮説方式に基づくオブジェクト追跡手法の提案
村田将一谷口義明長谷川 剛中野博隆阪大NS2009-87
近年普及しているZigBee などの短距離無線通信技術と赤外線センサを組み合わせて,無線センサネットワークを構築すること... [more] NS2009-87
pp.59-64
MI 2007-01-27
09:30
海外 Cheju Univ.(韓国済州島) 多重時刻ヘリカルCTデータを用いる肺野内血管重ね合わせ手法の改良
花泉 弘法政大
撮影時刻の異なる胸部ヘリカルCT画像を3次元のまま重ね合わせて、その間の肺野内血管形状の変化を捉えることによって腫瘤候補... [more] MI2006-160
pp.11-14
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会